187件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

郡山市議会 2002-06-18 06月18日-05号

また、武力攻撃のおそれがある場合と、武力攻撃が予想される事態で動くとしています。特に自衛隊法の一部を改正する法案では、自衛隊有事の際、あらゆる法を適用除外にし、自衛隊の前に法はないとしています。国民自治体の施設や物資の収用、業務従事命令などにも従わなければならないとし、国民がこれを拒み妨げれば処罰されるとしています。

南相馬市議会 2002-06-17 06月17日-02号

武力攻撃にあった場合に備えるということにしていますけれども、まず、この武力攻撃自体の定義が問題でございます。 法案定義では、武力攻撃が発生をした事態としておりますが、武力攻撃のおそれのある場合も含まれるとされておりまして、更に、事態が緊迫をし、武力攻撃が予測されるに至った事態、予測このことだけでも武力攻撃になるというふうにされてございます。

福島市議会 2002-06-14 平成14年 6月定例会-06月14日-02号

しかし、今国会で審議されている武力攻撃事態における我が国の平和と独立並びに国及び国民の安全の確保に関する法律案自衛隊法及び防衛庁の職員の給与等に関する法律の一部を改正する法律案安全保障会議設置方の一部を改正する法律案など、いわゆる有事関連法案は、憲法の理念から相入れないものではないかと批判されてもおります。  

相馬市議会 2002-06-14 06月14日-03号

まず最初は、今国会で最大の問題となっております有事法案に関し市長の所見を求めるものでありますが、今国会に提案されている有事法案、いわゆる武力攻撃事態法案自衛隊改正法案安全保障会議設置法改正案などでありますが、私ども国民、そして自治体にとって、行き着くところは戦前の国家総動員法を想起させる。日本国憲法のもとでは、絶対に許されるべき法案ではないということであります。

いわき市議会 2002-03-04 03月04日-02号

日本武力攻撃を受けた際の備えとも言いますが、日本への大規模な武力攻撃は当面は想定できないと防衛庁長官自身が述べています。つまり、今ねらわれている有事立法は国の安全を守るところに合理的理由を見つけることはできません。 小泉内閣は、昨年、アメリカが世界のどこで戦争を引き起こしても自衛隊を送り込み、参戦できるテロ対策特別措置法、いわゆる報復戦争参加法を強行成立させました。