3642件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

会津若松市議会 2029-12-10 12月10日-一般質問-03号

それならば、それについての効果はどういうものがあったのかという検証が大切だと思うのです。ですから、今回はそれについては聞きませんけれども、今後の姿勢としてやっぱりそれをきちんと把握するような態度が必要かというふうに思います。 最後ですけれども、荊州市に対して、これもさまざま取り組んでいくと、3つの質問をいたしましたが、そのような答弁でありました。

会津若松市議会 2026-09-18 09月18日-一般質問-03号

それを一つ一つまた再度検証しなければいけないということも皆さん今イメージでお持ちだと思います。私が申し上げたいのは、何よりも今までさまざまな議論を経て、それもご自身が議論していないけれども、会津若松市としての決定、市議会の議決を経て今ここまで至っているというその重みは、私は議決をしていない、私は反対したから反対するのだという、そのお気持ちはわかります。

会津若松市議会 2022-09-19 09月19日-一般質問-04号

利用実績報告書あるいは総会資料を提出してもらって、それを適切に検証しながら、指導が必要な場合には指導しているというお答えでありました。私が壇上で申し上げた具体的な事例については、市当局においてはどのように対処したのかお示しください。 次に、鳥獣被害対策でありますけれども、さまざまな国、県の財源を活用していくということで、それはそれで当然必要なことであります。

会津若松市議会 2020-12-11 12月11日-一般質問-04号

ですから、例えばですけれども、毎年行っている総合計画進行管理のための行政評価、この行政評価の中で検証して、扶助費のうち今後藤議員がおっしゃられたような子育て支援に係る部分もしっかり手厚くやっていくべきだというような結論が出るのであれば、その特殊要素部分で多く見るといったようなことは可能になるかと思います。

会津若松市議会 2020-09-17 09月17日-一般質問-02号

今後の対策といたしましては、管理職を対象とした学力向上研修会を実施するとともに、学習状況を確認するために本市独自のチャレンジテストを作成し、市内の児童・生徒が一緒に取り組み、学習を振り返る機会を新たに設けるなど、学力向上推進計画検証見直ししながら、学力向上に向けて取り組んでまいりたいと考えております。 次に、子育て支援策についてであります。

郡山市議会 2020-06-23 06月23日-05号

本市におきましては、この指針に基づき、市内事業者に対する介護サービス参入ニーズ調査の結果や高齢者及び利用者数の推移、特別養護老人ホーム入所待機者状況などからサービス必要量を算出し、今期事業計画検証結果を踏まえながら、今年7月以降に開催を予定しております郡山市介護保険運営協議会での審議結果を反映させ、次期整備計画を策定していく考えであります。 

郡山市議会 2020-06-22 06月22日-04号

多くの死者を出した要因を詳細に検証し、情報提供の在り方を再考する必要があると考えます。 台風第19号と記録的大雨は多くの教訓を残しました。実際、県内の市町村においても、刻々と激しさを増す雨量に応じて避難情報緊急メールで速報し、避難指示避難勧告が出され、避難すべきか、自宅にとどまったほうが安全なのか、判断に迷う住民は少なくなかったことと思います。 

郡山市議会 2020-06-19 06月19日-03号

今、ご指摘の点は、様々な課題でございますので、これは、まだ民間においても、行政においても緒についたところでございますから、十分、体験学習分野でございますので、いろいろな職員経験、あるいは私の経験も使っていただいて、どのような点を直していったらいいのか、あるいはどのような点を伸ばしていったらいいのか十分検証しながら進めていくことが望ましい分野であると感じております。

矢祭町議会 2020-06-19 06月19日-04号

また、総合計画計画の中身につきましては、まず第5次総合計画検証こちらをやる、そのほかに新たに今度アンケート調査が上がってきたものの集計等をした上で、最終的な計画を立てるところまでは委託をするという形になっております。その中に当然、職員や町民の声を反映しながら、職員等も当然入った上で計画のほうは策定していきたいというふうに考えております。     

郡山市議会 2020-06-18 06月18日-02号

また、令和元年東日本台風災害対応検証におきまして、初期段階ではプライバシー確保が不十分、体育館では床に直接寝ることは不衛生といった課題が出されたことから、テント約300張、簡易カーテン200世帯分段ボールベッド約1,100台の備蓄を図るなど、対策を講じているところであります。 以上、答弁といたします。 ○七海喜久雄議長 村上晃一議員。    

白河市議会 2020-06-18 06月18日-01号

引き続き本格導入に向けた効果検証を行うため、現在、導入箇所の選定と実施体制について準備を進めておりますので、整い次第、事業に取り組んでまいりたいと考えております。 ○菅原修一議長 室井伸一議員。 ◆室井伸一議員 RPAやAIを利活用することで職員の働き方改革が大きく進むものでありますので、上手な利活用をしていただきますようよろしくお願いをいたします。 

矢祭町議会 2020-06-17 06月17日-02号

子育てに手厚い町であることをどれだけの人が感じているのか、町の人口ビジョン戦略的人口の目標に足る施策なのか、検証する必要があると思いますし、第6次総合計画を策定する上でも重要なテーマになるというふうに思われますので、今後の方針としてお聞きをします。 今回、福祉というよりは、むしろ教育の視点からお聞きをいたします。 

塙町議会 2020-06-15 06月15日-03号

まず、先ほど町長が回答したとおり、水中ポンプを設置するということにはなりましたが、町では検証しまして、大字塙地内の内水氾濫の防止の策として、大字塙地区上渋井方面から流入する用水路や各沢の経路を調査した結果、昨年の大字塙地内の水害を踏まえたときに、まず大字塙地内に流入する雨水等を少なくするため、大雨が予想されたときは、事前に災害対策本部、または生活環境課より上渋井農事組合長さんへ守崎堰の水門の閉鎖

塙町議会 2020-06-12 06月12日-02号

◆10番(鈴木茂君) 次の質問にいきますが、町長の1期4年間の検証、公約を掲げて当選して4年間、町政に当たったわけですが、その町政の内容についてちょっとお伺いをしますが、新聞のコラム欄に出ていたんですが、政治家政治を、政策を実行するに当たってはやっぱりコミュニケーション、人と人とのつながりが大事である。それがなければいい政策は実行できない。