26件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

喜多方市議会 2019-09-11 令和元年第6回定例会(4日目) 本文 開催日:2019年09月11日

具体的には、これまで取り組んできた医療福祉生活環境、生涯学習、人材育成等に関する事業を継続して実施するとともに、新たに若者の出会いの場を創出する若者交流事業婚活イベント)、豊富で有用な森林資源活用による森林振興雇用創出などの森林資源活用事業、イベントの開催や情報提供地域内外交流促進を図る移住・定住促進事業圏域内市町村職員を対象とした職員合同研修会等であります。  

喜多方市議会 2019-03-08 平成31年第2回定例会(6日目) 本文 開催日:2019年03月08日

それから、247ページの森林資源活用事業費というところで18万9,000円が予算化されております。これについても事業進捗というようなものが計画どおり行われているのかどうか、その辺のことについて、予算が少ないと考えていますけれども、その点についてもお尋ねをいたします。  最後ですが、255ページであきない力向上支援事業補助金というものがあります。

喜多方市議会 2019-03-06 平成31年第2回定例会(4日目) 本文 開催日:2019年03月06日

なお、新年度においては市住宅用再生可能エネルギー設備等設置補助金を拡充するほか、森林資源活用事業や「再エネ先駆けの地」理解促進事業などの再生可能エネルギー関連施策に継続して取り組み、加えて国営かんがい排水事業として実施される小水力発電施設改修事業が着手されるなど、再生可能エネルギー関連事業が着実に進展する予定であり、国、県及び本市が出資している会津電力株式会社などの関連機関連携を強化しながら、再生可能

喜多方市議会 2018-12-03 平成30年第10回定例会(2日目) 本文 開催日:2018年12月03日

このことから、新たな森林管理制度導入とあわせ、官民一体となった会津地域森林資源活用事業推進協議会が現在推進している林業及び木材関連産業川上から川下までの循環型地域経済を構築することにより、林業活性化木質バイオマスエネルギー有効活用が図られ、環境負荷の低減、新たな産業創出雇用拡大等効果が期待できることから、地域経済活性化に寄与するものと考えております。  

喜多方市議会 2018-09-14 平成30年第9回定例会(6日目) 本文 開催日:2018年09月14日

◯農山振興課長(唐橋 進君) 木質バイオマスボイラーの件でございますけれども、今回の導入計画策定業務委託につきましては市で行いますが、この件につきましては、会津地域森林資源活用事業推進協議会において、木質バイオマスエネルギー利用熱供給事業にした場合の調査ということでの位置づけをされているものでございます。  

喜多方市議会 2018-09-11 平成30年第9回定例会(3日目) 本文 開催日:2018年09月11日

4つ目でありますが、森林資源活用事業についてであります。  木質バイオマスボイラー導入計画予算が計上されましたが、この事業規模、原材料の調達先など、具体的な流れがどのようになるのか伺います。  次に、今後の森林資源活用事業は、具体的にどのように展開することになりますか。喜多方市再生可能エネルギービジョンとの関連も含めて市の考えを伺います。  

喜多方市議会 2018-09-10 平成30年第9回定例会(2日目) 本文 開催日:2018年09月10日

次に、小水力発電導入事業を除く5つの推進プロジェクト進捗状況についてでありますが、太陽エネルギー導入事業につきましては、市住宅用再生可能エネルギー設備等設置費補助金県補助金の周知などにより普及を図っているところであり、バイオマス導入事業につきましては、木質バイオマス利活用として会津地域森林資源活用事業等が進められております。

会津若松市議会 2018-06-20 06月20日-一般質問-04号

マスタープランは、会津地域森林資源活用事業推進協議会、以下推進協議会という、の目指す森林資源利活用事業木質バイオマスエネルギー分野利活用の見込みとなっています。これは、森林資源利活用川上から川下までの中で、川下の一部の計画となります。森林資源利活用にどのようにつながるものと捉えているのか、認識をお示しください。 

喜多方市議会 2018-06-14 平成30年第6回定例会(5日目) 本文 開催日:2018年06月14日

1点目、会津地域森林資源活用事業推進協議会事業計画についてでありますが、過日開催された同協議会総会で承認された本年度事業計画におけるロードマップに沿った事業推進では、具体的にどのような事業が想定されていますか。  2点目、同協議会事務局体制についてでありますが、同協議会が指定する総合事務局は、本市を初め6団体が担っていますが、これら総合事務局所掌事務について伺います。

喜多方市議会 2018-04-26 平成30年第5回臨時会(1日目) 本文 開催日:2018年04月26日

次に、働く人のためにといたしまして、きたかたの“農”を支える担い手支援事業補助金610万円、新規就農者経営確立支援事業補助金175万円、農畜産物ブランド化販路拡大推進事業費660万3,000円、森林資源活用事業費63万8,000円及びあきない力向上支援事業補助金400万円を計上いたしました。  

喜多方市議会 2018-03-09 平成30年第3回定例会(6日目) 本文 開催日:2018年03月09日

244ページの補助金の中で、森林整備木材利用促進対策事業補助金で20万円ということですけれども、この内容の中身は、一般質問でも取り上げました会津地域森林資源活用事業協議会事務局経費というものはここなのかと私が見たのですが、ほかに見当たらないのでそう見たのですが、そのような認識で合っているのかどうかということであります。

喜多方市議会 2018-03-01 平成30年第3回定例会(1日目) 本文 開催日:2018年03月01日

去る12月19日、会津地域森林資源活用事業推進協議会として、会津地域森林資源活用に係る総合的な支援について、福島県知事及び県関係部局にそれぞれ要望いたしました。  次に、去る2月13日、福島県、会津若松市及び南会津町と合同除雪対策費財政支援について、県選出国会議員国土交通省及び総務省にそれぞれ緊急要望をいたしました。  

会津若松市議会 2017-12-11 12月11日-代表質問-02号

会津地域森林資源活用に向けては、本年5月に設立した会津地域森林資源活用事業推進協議会構成員として、現在国の交付金活用した森林資源利用可能量調査バイオマスボイラー設備設置検討することが可能な公共施設熱需要量調査などを進めているところであります。 次に、漆樹育成漆液供給体制についてであります。

喜多方市議会 2017-12-07 平成29年第8回定例会(5日目) 本文 開催日:2017年12月07日

事業の進め方でありますが、マスタープラン森林資源を持続的に活用するため、民間活力による事業運営を基本とした木質バイオマスボイラーによる熱供給事業等計画していますが、詳細につきましては、今後会津地域森林資源活用事業推進協議会事業実施に向けた協議を進めてまいります。  

喜多方市議会 2017-12-05 平成29年第8回定例会(3日目) 本文 開催日:2017年12月05日

そしてまた、地域家庭医療センター、これは我が国といっても大げさではないと思うのですが、福島医科大学葛西先生も一生懸命になって、地域家庭医療センターの開設により、地域医療の充実・強化など、住民福祉向上につながる施策を進めるとともに、本市を含む官民一体となった、これもただいまご指摘のあった会津地域森林資源活用事業推進協議会が設立され、広域的な森林資源活用の取り組みを始めたところであります。  

喜多方市議会 2017-09-14 平成29年第6回定例会(5日目) 本文 開催日:2017年09月14日

次に、多くの人が山里に入り、山里利活用できる環境づくりについてでありますが、里山の利活用を図る上では、林業振興が重要でありますが、現在は森林所有者林業経営に対する意欲の低下や担い手不足高齢化等に伴い、森林整備が進まないことが問題となっており、森林資源利活用による循環型社会の構築に向けた検討を行うため、去る5月17日に会津地域13市町村の行政や民間事業体47団体により、会津地域森林資源活用事業推進協議会

  • 1
  • 2