816件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

須賀川市議会 2020-06-19 令和 2年  6月 経済建設常任委員会-06月19日-01号

委員鈴木正勝) これ、そもそもなんですけれども、東電に対する損害賠償を起こす場合には、その裏付けとなるものについては、事前にやはり弁護士等も含めて御相談の上、請求を出しているということで認識していいんですか。 ○委員長大河内和彦) ただいまの鈴木正勝委員の質疑に対し、当局の答弁を求めます。

喜多方市議会 2020-06-18 令和2年第4回定例会(7日目) 本文 開催日:2020年06月18日

2010年から2016年までの間で、足利事件布川事件東電OL事件東住吉事件といった無期刑重罰事件について、再審無罪判決が続いた。また、2014年には袴田事件死刑が確定していた袴田 巌氏が47年ぶりに死刑囚監房から解放されるという歴史的な出来事があった。  しかし、これらの事件再審開始が認められ、さらに無罪となる過程では、常に検察による多くの妨害が立ちはだかってきた。  

喜多方市議会 2020-06-12 令和2年第4回定例会(6日目) 本文 開催日:2020年06月12日

これにつきましては、主なものは東電からの損害賠償金、これは一昨年度と同じ額が入ってきておりまして、まずこれが700万円ほど入っております。昨年度増加したのが、退職をされた職員の方が数多くおられたということで、退職の保険が入ったということで聞いてございます。その額がおよそ1,500万円ほどということで、その分が増えた主な要因ということで考えてございます。  2つ目に、光熱水費の関係です。

棚倉町議会 2020-06-11 06月11日-02号

産業振興課長川瀬浩二) 県にも確認をしているんですけど、そのような対策東電のほうも今後の予定とか、そういったものはまだ決まっておりません。 以上です。 ○議長須藤俊一) 佐藤喜一議員。 ◆7番(佐藤喜一) 本年度産米の検査についてですが、旧市町村ごとの3点ということで抽出、これは県外のことでだったと思いますが、その指定についてはどのような方法がとられるんでしょうか。

棚倉町議会 2020-06-10 06月10日-01号

産業振興課長川瀬浩二) まず、東電賠償金でございますけれども、これは平成28年時で3億2,400万円ほどいただきまして、それを国税庁の指導によりまして、決算状況で後に分けてということがございましたので、令和年度につきましては6,480万円程度、今後、来年まで令和年度決算まで、最後は2,100万円ということでございます。 

喜多方市議会 2020-06-04 令和2年第4回定例会(1日目) 本文 開催日:2020年06月04日

福島県民は、東電原発事故以来、今日まで長期避難生活や放射線による健康不安、農畜水産物風評被害など、多大な苦しみを経験してきました。  これ以上の原発事故の犠牲を押しつけてはなりません。県民の安全と健康と生活を守るために、トリチウム汚染水海洋放出に反対の議会決議をお願いいたします。  

川内村議会 2020-05-19 06月10日-01号

6月25日に東電さんと散布経費にかかる単価の設定作業を実施して、8月には設定が完了しました。それを基に営農再開支援事業実績と村の散布実績、これに違いがあった。この違いは、塩化カリにつきましては前年度予算で購入して新年度に配布するということで、営農計画の受付がまだ完了していないということもあって、散布の面積と実績報告の数値が合わなかったというようなことが事実でございます。 

福島市議会 2020-03-09 令和 2年 3月定例会議-03月09日-03号

その後、県内では未曽有原発事故への対応問題の責任を政府、東電に代わって現職市長が取らされるというような格好で、県内の当時の市長が選挙でも苦杯をなめました。本市においても、変えよう福島をスローガンにした小林市政が誕生しました。環境分野で初のノーベル賞を受賞したケニア人女性、ワンガリ・マータイさんがもったいないという言葉を発しましたが、私もこのもったいないという言葉は大事だなと思っております。

相馬市議会 2020-03-06 03月06日-03号

みんなの納得するような、ある意味、住民も漁業者も農家の方も全部納得するような施策を講じながらやれということを言っているというような内容の答弁だったかと思うのですが、私は、国も東電も、今までの動き方を見ていると何にも納得するようなことやってこない。ADRの申立てだって突っぱねるし。

いわき市議会 2019-09-19 09月19日-04号

先ほど、東京電力が大規模な洋上風力発電の構想を持っているというお話をしましたけれども、東電小早川社長が読売新聞のインタビューで洋上風力発電についてこう述べております。福島製造拠点を置くことは十分にあり得る、被災地復興のために、我々の新規事業を、福島の地でうまく実現することには、大きな価値がある。

福島市議会 2019-09-17 令和元年9月17日決算特別委員会経済民生分科会−09月17日-01号

ほかに東電賠償の見込みがないというふうに判断しているものが21件、1,100万円余になります。 ◆川又康彦 委員  継続中ということで、実際に東電もしくは中間でなっているところとやっているのか、それとは農政部が直接やるのではなくて、市としてはどこが窓口になるのでしたっけ、結局は。 ◎農業企画課農政企画係長 市の全体的な窓口としましては、財務部財産管理マネジメント室になります。

いわき市議会 2019-09-17 09月17日-02号

まず、廃炉ロードマップ等について、東京電力は、使用済み核燃料乾式キャスク等で保管するとしていますが、使用済み核燃料保管期間とその安全対策搬出先搬出見通し長期にわたる廃炉作業期間中の人材の確保などを含めて、本市は東電と国に対し、安全対策に基づいた廃炉ロードマップ工程管理を早期に示すよう求めるべきではないかお尋ねします。

棚倉町議会 2019-09-12 09月12日-03号

しかしながら、お尋ねしたいのは、この路線に対してばかりでなく、東電のその損害賠償は、必ず10年を目安になくなると言われておったんですが、そういったものも踏まえて、対応というか、それに備えた考え方はしておかなかったんでしょうか。これがなくなって、ぽんと1,800万円という数字だけが先走りして、そうなった時点で、じゃ、出しませんよ、とまりません。

棚倉町議会 2019-09-11 09月11日-02号

これは東電に、そうした面での補償を求めるとか、補償ができるとか、そういった問題はないんですか、これは。 ○議長松本英一) 総務課長。 ◎総務課長緑川喜秋) ただいまの質問にお答えしたいと思いますが、イノシシ被害に対した経費につきましては、当然、東電のほうに請求をしまして、今のところいただいているところでございます。 以上です。 ○議長松本英一) 鈴木政夫議員

福島市議会 2019-09-10 令和 元年 9月定例会議-09月10日-04号

事故を起こした東電賠償を払い渋って、責任を果たさない一方で、柏崎刈羽原発の再稼働など、それからふるさと納税など寄附を行ったり、福島に支払うお金をどんどん削っていって、ほかの原発稼働なんかに回しているという状況があるのが今実態です。  質問です。県内商工業者への追加賠償が、2019年7月末で、請求約900件のうち14件しか賠償されていない状況に対する市の認識を伺います。

喜多方市議会 2019-09-10 令和元年第6回定例会(3日目) 本文 開催日:2019年09月10日

◯1番(矢吹哲哉君) 原発をなくすというのは、それは東電のまず判断ですし、エネルギー計画で国もやらなければだめです。私が言っているのは、そういうことをすぐやれということで、市長が声を上げることなのです、原発被災地の首長ですから。我々や市民も声を上げています。ほかのところに行けば、福島人たちが本当に声を上げてくれてよかったと。長崎の田上市長も言っています。

福島市議会 2019-09-09 令和 元年 9月定例会議−09月09日-03号

県民世論に押されて、東電はようやく廃炉を決定いたしましたが、遅過ぎる決定と言わざるを得ません。  東京電力福島第一原子力発電所事故から8年と6カ月が経過しても、いまだ廃炉の道筋は立たず、使用済み核燃料が取り出せたとしても、最終処分場も決まっていない状況です。東電は、たまり続けている汚染水のタンクが約3年後には満杯になるとの見通しを示しています。

二本松市議会 2019-09-09 09月09日-04号

今後は東電求償による対応とすべきと、県、国から回答が市に示されているところであります。 市といたしましては、急峻な地形の除染作業の確立、放射性物質が軽減している現状に沿ったモニタリング制度の変更と国、県の責任においてなすべきことについて、引き続き強く要望してまいりますが、これまでの協議経過を踏まえ、東電求償による対応についても、あわせて検討してまいりたいと考えております。 

福島市議会 2019-09-06 令和 元年 9月定例会議-09月06日-02号

また、来年に迫りました東京2020オリンピック・パラリンピックの成功に寄与する、大会を契機として、東日本大震災東電福島第一原発事故から元気な福島に戻りつつある福島の今を、支援してくれた都道府県はもとより、世界各国に発信し、さらに震災、原発事故からの真の復興を目指す提言をしてまいる所存であります。皆様には大変いろいろな形でご意見等々いただきたいと思っております。