153件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

南相馬市議会 2020-03-10 03月10日-04号

今年2月4日に国土交通省東北地方整備主催の東北中央自動車道を活用した地域連携交流シンポジウムが開催されました。観光広域連携、物流や企業進出の拡大、防災面での連携促進につなげたいと県内外自治体から、特に福島市、伊達市、相馬市からは各市長が出席し、地域観光シンクタンクの代表や観光情報発信業者旅行会社など約270人が参加して意見交換会地域連携発展に向けたアイデアを出し合いました。

相馬市議会 2020-03-06 03月06日-03号

したがって、今年の夏はどうしようか、東北地方整備に頼んでスタンバイしてもらうことにしたいと思いますが、そのぐらいの方法しかないのです。 ですから、河川改修もそうですし、排水機場の強化についてもそうなのですが、時間がかかってしまう。何ともしようがない。デパートの買物みたいなわけにはいかない。

相馬市議会 2020-03-05 03月05日-02号

やはり基礎自治体として、住民生活の直接の責任を負うのは市長であると、あるいは市町村長まで含めるということになりますが、そのことは、例えば台風15号の千葉県の対応、あるいは千葉県の市の対応、それを支援した市長会対応、さらには、これも昨年ございましたけれども、鶴岡地震の際の鶴岡市と国土交通省東北地方整備との対応、さらに山形県市長会対応、私どもも支援させていただきましたけれども東北市長会対応、そういった

郡山市議会 2020-02-28 02月28日-02号

国土交通省東北地方整備阿武隈川緊急治水対策プロジェクトにおける県内対策費として、河川改良など長期の事業として約999億円、台風災害からの復旧など短期の事業として約121億円、合わせて約1,120億円を投資するとしており、これは1986年、昭和61年8月の8・5水害や、1998年、平成10年の災害を受けて実施された平成の大改修の約800億円を上回る投資となります。 

郡山市議会 2019-12-09 12月09日-03号

また、県管理河川では藤田川が2カ所、谷田川が2カ所の堤防が決壊しており、これらの復旧工事福島県知事の要請を受けた国土交通省東北地方整備権限代行により緊急復旧工事を行い、谷田川が11月8日に、藤田川が11月15日に完了したところでありますが、再度決壊が発生しないよう、改良復旧等対策について県に要望してまいります。 

二本松市議会 2019-12-09 12月09日-02号

2点目の浸水被害のあった地域浸水想定区域として示すことが必要ではないかについてでありますが、本年4月に市内全世帯へ配布したハザードマップ浸水想定区域につきましては、平成28年6月に国土交通省東北地方整備福島河川国道事務所が指定した浸水想定区域図をもとに、阿武隈川が氾濫した場合に浸水が想定される区域を示しているものであり、移川や口太川など、福島県の管理となる河川につきましては、反映されていないものとなっております

郡山市議会 2019-12-06 12月06日-02号

また御代田橋までの延伸につきましては、国土交通省東北地方整備平成24年11月に定めた阿武隈川水系河川整備計画において、御代田橋先地点までは堤防整備が必要な区間に位置づけられており、今回の台風第19号では御代田橋右岸側において4件の床上浸水が報告されていることから、12月4日に開催された国・県、気象庁、沿川市町村による阿武隈川上流規模氾濫時の減災対策協議会にて、市長みずから堤防の延長について要望

相馬市議会 2019-12-05 12月05日-02号

今回は、それでも東北地方整備がスタンバイしてくれたおかげで、まだ排水ができたという部分はあったのです。ですから、そういう国からの直接の支援というものは、当分の間お願いしていくしかないのです。 ですけれども、大規模な、抜本的にどうなのかということになると、相馬都市構造の見直しをするのは甚だ困難である。要するに、考え方考え方というか成り立ちそのものが違っているのです。

伊達市議会 2019-12-03 12月03日-03号

今後、本格的な激甚災害特定非常災害査定国レベルでも始まって、今月からですか、一部、査定が始まるというふうに聞いているのですけれども、そうしますと、お隣の国見町とか桑折町なんかはTEC-FORCEに見ていただいて、その資料がもう東北地方整備まで上がっていて、優先的に箇所づけをするという話も聞いているのですけれども、伊達市等では、そうすると、国土交通省TEC-FORCE道路は見ていただいていないということなのですけれども

いわき市議会 2019-09-19 09月19日-04号

クルーズ船誘致に際しましては、地元住民皆様及び港湾利用者の御理解と御協力が必要不可欠でありますことから、引き続き関係者皆様との調整を図りながら、港湾管理者である県を中心に東北地方整備や、東北経済連合会東北観光推進機構などの関係団体とも連携し、今後もクルーズ船誘致を推進してまいりたいと考えております。

喜多方市議会 2019-09-05 令和元年第6回定例会(1日目) 本文 開催日:2019年09月05日

次に、会津縦貫道整備促進期成同盟会として、地域高規格道路会津縦貫道」の整備促進について、去る7月1日及び8月29日に、国土交通省東北地方整備等にそれぞれ要望いたしました。  次に、去る7月4日、喜多方市土地改良連絡協議会との連名により、農業農村整備事業に係る令和年度予算確保について、農林水産省に要望いたしました。  

喜多方市議会 2019-06-06 令和元年第5回定例会(1日目) 本文 開催日:2019年06月06日

次に、国道459号整備促進期成同盟会として、地方道路整備のための予算確保などについて、去る5月20日に東北地方整備及び福島県に、同月30日には国土交通省等にそれぞれ要望いたしました。  次に、去る5月28日、福島県立高等学校改革を進めるに当たっての要望事項として、教育環境整備・充実などについて、県教育委員会教育長要望いたしました。  

本宮市議会 2019-06-06 06月06日-02号

それから、今、市長のほうから答弁いただきました、国土交通省東北地方整備のこの訓練ですか、5月26日、これ緊急速報メールが電話のほうに入っておりましたので、それで、この中身について聞こうかと思って、設問をしておいたんですけれど、今、答弁をいただいたので、それらを受けまして、次の(2)防災マップ作成状況に入らせていただきます。 

相馬市議会 2019-03-07 03月07日-02号

なので、今、東北地方整備の配備だとかそういう体制をとっていくというのはわかるんですが、より早い迅速な対応ということで考えれば、今回は市独自の導入ということで通告しておったんですが、いろいろな方法があろうかと思います。例えば名取市は民間企業との協定を結んでいます。民間でそういったものを配置しているところと災害時に提供してもらって活用する。相馬でもひょっとしたら考えられるかもしれない。

郡山市議会 2019-03-07 03月07日-05号

2014年9月に国の100mm/h安心プランに登録された当事業は、安定した財源確保貯留施設早期完成を図るため、毎年度関係機関へ継続して要望活動を行っておりますが、本年度につきましても、市長みずから国や県選出国会議員等へ直接要望するとともに、上下水道局においても国土交通省本省東北地方整備等へあらゆる機会を捉え、要望活動を行ったところであります。