70件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

会津若松市議会 2019-03-01 03月01日-総括質疑-06号

例えば今回平成31年度予算でいいますと、財政調整基金から当初では、予算ベースではございますが、11億円繰り入れでありますとか、あるいは、これは広域圏のほうになりますけれども、し尿処理最終処分等々の今後一定程度財政負担が出てくるのではないかといったようなこと、あるいは全小・中学校にエアコンの設置をしてこの費用でありますとか、県立病院跡地の対応、会津若松駅前の整備等々、そういった中で少し大丈夫なのだろうかと

喜多方市議会 2018-09-11 平成30年第9回定例会(3日目) 本文 開催日:2018年09月11日

次に、パワフルマスターの汚泥処分に当たっての課題についてでありますが、以前は水路の汚泥処分について、パワフルマスターから直接羽山最終処分に搬入しておりましたが、福島第一原子力発電所事故後は、土のう袋に詰めた状態での搬入とされたことから、パワフルマスターで直接汚泥を搬入することができない状況になっております。

喜多方市議会 2017-09-14 平成29年第6回定例会(5日目) 本文 開催日:2017年09月14日

まず、小型家電収集の目的と内容についてでありますが、現在本市では家電リサイクル法リサイクル義務づけられているテレビ、エアコン、洗濯機、冷蔵庫以外の小型家電については、不燃ごみとして収集し、環境センター山都工場で破砕後に羽山最終処分で埋立処分をしております。  

須賀川市議会 2017-03-03 平成29年  3月 定例会-03月03日-03号

要件としましては、維持管理活動が中断していると認められ、現に側溝の閉塞が生じ、路面の冠水、悪臭による衛生悪化などが発生していること、最終処分又は仮置き場が確保されており、堆積物が確実に搬入できること、事業実施後は地域の維持管理活動が再開可能であることなどとされております。  なお、本交付金の補助率は2分の1で、市町村負担分は震災復興特別交付税として交付されることとなっております。  

棚倉町議会 2015-12-09 12月22日-01号

歳出の主なものは、し尿ごみ処理費の清掃費、ごみ焼却施設基幹改良事業費、一般廃棄物最終処分整備事業費、火葬場費、公債費であります。 以上、歳入総額11億830万6,832円、歳出総額10億7,226万6,553円、歳入歳出差っ引き額は3,604万279円となり、翌年度へ繰り越しとなります。物品は、し尿収集車を1台購入し、1台廃止しましたので、年度中の増減はゼロとなります。 

須賀川市議会 2014-12-10 平成26年 12月 定例会-12月10日-03号

ただ、昨日の宮城県議会一般質問において、村井知事が、指定廃棄物については国の方針に基づき最終処分建設すべきである、自分の県に置くべきであるということ、すなわち県内で処理する方針を改めて表明いたしました。本県に対する御理解をしていただいたものと思っております。国の方針は各県で処分するように出ております。

須賀川市議会 2013-12-17 平成25年 12月 予算委員会−12月17日-01号

下水道課長(関根秀尚) 処理方法でございますけれども、焼却して、減容化して、最終処分で処分するという内容になってございます。  あと、運搬に関しましては、平成25年7月12日に事故由来放射性物質に汚染された廃棄物の処理の推進についてという通知が出されておりまして、8,000Bq以下の廃棄物につきましては制限を行わないで適正に処分するようにという通知が出されているということでございます。  

須賀川市議会 2013-10-31 平成25年 10月 原子力災害対策特別委員会−10月31日-01号

特に濃いものについては、国が恐らく最終処分に持っていけると思うものですが、5年とか3年とかだったらば問題ないんですが、多分1反歩ぐらい必要だと、この場所がね。そうすると、区長の責任でその場所を選択して持っていくというような中で、非常に今苦慮しているところなんですが、いわゆる…… ○委員長(五十嵐伸) 相楽委員、すみません。それその他でやってもらって、これの資料についての質疑をお願いします。

須賀川市議会 2013-09-19 平成25年  9月 震災復興及び放射能汚染対策特別委員会−09月19日-01号

例えば一つとして、除染活動の前段となる仮置き場の設置に関して、地域住民との交渉において不可欠である中間貯蔵施設及び最終処分の早急な整備と財政的な支援制度の拡充を喫緊の課題として、国は責任を持って取り組み、最終処分までの明確なスケジュールを各自治体に対して一日も早く示すよう強く求めます。

喜多方市議会 2013-03-18 平成25年第2回定例会(7日目) 本文 開催日:2013年03月18日

それから、線量低減化事業で出た汚泥の処分ということでございましたけれども、これにつきましては汚泥の放射能濃度を測定いたしまして、8,000ベクレル以上、以下に分けまして、それぞれ区別した上で環境センター山都工場の羽山最終処分のほうに仮置きをするということでございます。

須賀川市議会 2013-03-15 平成25年  3月 予算委員会−03月15日-01号

下水道課長(関根宏史) 現在、ストックヤードをつくって仮置きをしているわけなのですけれども、一応来年度まで処理の仮置きができますので、一応来年度までは大丈夫なのですけれども、できるだけ早く最終処分に運べるように努力したいと考えおります。  以上です。 ○委員長(広瀬吉彦) ほかにありませんか。      (「なし」の声あり) ○委員長(広瀬吉彦) なければ、次に進みます。