601件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

喜多方市議会 2020-09-09 令和2年第6回定例会(4日目) 本文 開催日:2020年09月09日

◯1番(矢吹哲哉君) 日本共産党市議矢吹哲哉です。通告に従い、一般質問を行います。  大きな1つ目は、新型コロナ感染症広がり現状認識とその対策について、何点かお尋ねいたします。  1点目は、感染症広がりについて、どのような認識を今お持ちなのかお伺いいたします。  

喜多方市議会 2020-07-21 令和2年第5回臨時会(1日目) 本文 開催日:2020年07月21日

◯1番(矢吹哲哉君) 日本共産党市議矢吹ですが、大きく3点にわたって質疑いたします。  1つ目は、小中学校ICT教育推進ということで、42ページから43ページのところですけれども、小澤議員が根本的なところをやったので、私は具体的なことで何点かお尋ねしたいと思います。  1点目は、子供たちタブレットを導入するということですが、基本的には、そのタブレットにどういうソフトを入れるのか。

喜多方市議会 2020-03-26 令和2年第2回臨時会(1日目) 本文 開催日:2020年03月26日

そもそも、日本共産党市議は、複合施設積算業務を計上した当初予算には反対しておりました。それは、本当にこの内容が十分に市民の合意を得られたものではないと、基本設計でも出されましたが、空間緑地がなさ過ぎる、そして4つの施設を複合する施設としては非常にまだ論議が不十分であるということから反対いたしました。  

二本松市議会 2020-03-18 03月18日-06号

(19番 斎藤広二 登壇) ◆19番(斎藤広二) 私は、日本共産党市議を代表し、議案第5号二本松国民健康保険税条例の一部を改正する条例について及び議案第30号令和年度二本松国民健康保険特別会計予算賛成討論を行います。 今回の条例改正は、18歳以下の子どもに関わる国民健康保険税均等割額を全額免除するもので、対象者は458世帯752人。

福島市議会 2020-03-12 令和 2年 3月定例会議-03月12日-06号

学校給食費については、日本共産党市議は繰り返し、憲法第26条に基づき、無償化を提案してきました。4分の1とはいえ、補助を打ち出したことは歓迎します。しかし、県内では、学校給食費全額補助半額補助が大勢となっています。私は、もっと踏み込んで、補助の比率を上げるべきだと考えますが、質問です。  小中学校、未就学児給食費について、補助割合4分の1の詳細な内訳を伺います。

二本松市議会 2020-02-28 02月28日-02号

◆16番(平敏子) 令和2年3月定例会に当たり、日本共産党市議を代表し、さき通告していました6点について、質問を行います。 初めに、子育て支援についてお伺いします。今議会に提案されました出産祝金の拡充は、文教福祉常任委員会で提案してきたことでもあり、評価するものですが、なぜ第1子が、現状のままなのかということがあり、以下質問いたします。 

会津若松市議会 2019-12-10 12月10日-一般質問-03号

原田俊広議員登壇〕 ◆原田俊広議員 私は、日本共産党市議一員として、2つ事項について質問します。 まず最初に、手話言語条例について質問します。社会にはさまざまな障がいを持った方がおられ、本市にもさまざまな障がいを持って生活している皆さんがたくさんいて、もちろん市としても健康福祉部障がい者支援課を先頭に幾つかの事業や取り組みが行われています。

福島市議会 2019-12-09 令和 元年12月定例会議−12月09日-03号

◆18番(小熊省三) 日本共産党市議小熊省三です。会派の一員として、12月定例会議一般質問をさせていただきます。よろしくお願いします。  まず、災害対策基本法では、法の目的を、住民の生命、身体と同時に、住宅やなりわいが存在する地域社会災害から守ることとしています。この点で言えば、災害で失われた生活基盤に対し、公的な救済支援策が、私有か否かを問わず、最大限に手当てされるべきです。  

喜多方市議会 2019-12-02 令和元年第7回定例会(2日目) 本文 開催日:2019年12月02日

◯1番(矢吹哲哉君) 1番、日本共産党市議矢吹哲哉です。  通告に従いまして、一般質問をさせていただきます。  大きな1点目は、台風19号の影響と今後の対策について、何点かお尋ねいたします。  1つ目は、本市における台風19号の影響はどのようなものだったのかお尋ねいたします。  アとしまして、風速や降水量、河川の水位や、そういう状況がどのようだったのかをお尋ねいたします。  

須賀川市議会 2019-10-09 令和 元年  9月 定例会-10月09日-04号

◆1番(堂脇明奈) ことし初めに日本共産党市議が行いました市民アンケートでも、交通に関する要求は、バスや乗り合いタクシーについて、運転免許返納後について、様々な願いや考えがありました。交通機関の確保は、毎日の買物や通院など生活に欠かせないものであります。  本市でも、交通不便地域運行事業者と連携して実証実験を行うなど、対策を施していることをお聞きしました。

須賀川市議会 2019-10-08 令和 元年  9月 定例会−10月08日-03号

この春に行いました日本共産党市議市民アンケートでは、生活が苦しくなってきた原因として国保税介護保険料などの負担が54%と最も高く、次いで、物価が上がった、公共料金負担増になっています。60歳代以上では66%の方が、生活が苦しくなった原因国保税介護保険料などの負担を挙げています。  

福島市議会 2019-09-24 令和 元年 9月定例会議−09月24日-06号

私は、採決に先立ち、日本共産党市議を代表して討論いたします。  議案第89号令和年度福島一般会計補正予算について反対立場意見を述べます。  補正予算中、マイナンバー制度関連事業があります。国はマイナンバーカードの普及を進めるために活用を拡大していますが、そのためにシステム改修等に莫大な税金が投入されます。

福島市議会 2019-09-19 令和元年9月19日決算特別委員会全体会-09月19日-01号

私は、採決に先立ち、日本共産党市議を代表して討論を行います。  議案第91号平成30年度福島市各会計歳入歳出決算認定の件について、反対立場意見を述べます。決算にはマイナンバー制度関連事業費が入っております。この制度は、国が活用を拡大するたびにシステム改修等に莫大な税金が投入されます。

福島市議会 2019-09-09 令和 元年 9月定例会議−09月09日-03号

6月30日投開票で行われた福島市議会議員一般選挙において、私たち日本共産党市議は、1名の新旧交代のもと、現有4議席を確保いたしました。私たちは、市議選で、憲法9条を守れ、消費税10%増税中止、そして暮らし最優先の希望が持てる政治を実現しようと訴えました。貧困と格差が広がる中、住民要求とかみ合っていたと感じました。これらの公約実現のために、議会の場でも力を尽くしてまいります。