10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

須賀川市議会 2019-10-10 令和 元年  9月 定例会−10月10日-05号

さらに、今年度より、麻布教育研究所学校教育アドバイザーを配置し、各小中学校授業研究会に数多く参加指導助言を行っているところであります。今後も、教職員の研修の充実と、計画訪問等での指導助言により教育の質の向上に努めてまいる考えであります。 ◆23番(鈴木正勝) 3回目の質問をいたします。  

福島市議会 2019-06-14 令和 元年 6月定例会議−06月14日-05号

つくば市では、つくば市総合教育研究所において、ICT教育にまつわる基本方針や学習指導要領との関連という大きな方針の策定から、学校現場で使用するICT機器の選定、学習コンテンツの作成並びに教員の研修に至るまで、ICT教育のほぼ全てを担う組織を構築しており、ICT教育の専門組織により、組織全体として教員に対する支援を実施している状況があります。  次に、教員に対する支援のための研修体制等についてです。

須賀川市議会 2013-09-25 平成25年  9月 定例会−09月25日-02号

教育研究所がその施策事業の推進と教職員の研修を行っております。教育研究所が本市の教育研修センターに当たるところでございます。児童・生徒の学力向上に最も必要なことは教員授業力を高めることであるとの考えで、須賀川市と同様に、両市では教員指導力向上に取り組んでおります。取組を紹介します。  

福島市議会 2010-12-09 平成22年12月定例会-12月09日-04号

西暦2000年の国立教育研究所学級経営研究会の最終報告では、全国の150の学級崩壊を分析し、その要因として教師の学級経営が柔軟性を欠いている、104学級授業の内容と方法に不満を持つ子どもがいる、96学級、いじめなどの問題行動への対応がおくれた、51学級などを要因に挙げています。実は、先ほどの群馬県桐生市での児童自殺したクラスは、いわゆる学級崩壊になっていたということです。  

郡山市議会 1999-09-10 郡山市議会 会議録 平成11年  9月 定例会-09月10日−04号

そして、県内全部で使うソフトなら、県の教育研究所などには優秀な先生が大勢いらっしゃるそうですので、独自で開発するよう提案してはどうかと思いますが、当局の見解をお聞かせください。  3市内の小・中学校の、10年度のコンピュータ使用料及びソフト料をお聞かせください。  大きな5番、国民健康保険税についてお尋ねします。  

福島市議会 1991-06-14 平成 3年 6月定例会−06月14日-02号

最後に、教育研究所設置事業についてお伺いをいたします。  新総合計画前期基本計画には教育研究施設の整備が盛られ、そのための調査費四十三万七千円が計上されてきました。教育委員会においても調査研究に取りかかる時期にあると思います。児童の減少に伴う校舎の空き教室利用とも聞きますが、いずれの学校に設置を予定されているのか、まずお伺いをいたします。  

  • 1