2147件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

会津若松市議会 2029-12-10 12月10日-一般質問-03号

ただ、それも教員仕事量が一気に増大しますので、そこらも十分学校状況を見きわめながらの提案をして支援してまいりたいと思います。 以上でございます。 ○議長清川雅史) 丸山さよ子議員。 ◆丸山さよ子議員 就学援助制度について再質問させていただきます。 市民税の非課税に相当する世帯課税世帯であっても個人の状況により対応しているというお話、今お伺いしました。

会津若松市議会 2026-12-09 12月09日-代表質問-02号

さらに、夏休みに教員への研修会を開催し、効果的な取り組み事例を集約して各学校へ示しており、学校訪問におきましても電子黒板を生かした授業が確実にふえているところであります。今後も電子黒板の活用に向けて、ICT支援員による研修会を行うとともに、学校訪問等を通して効果的に電子黒板を活用し、わかりやすい授業が展開できるよう指導してまいります。 

会津若松市議会 2025-06-19 06月19日-一般質問-04号

毎年学級数が減る、教室の数が変わるあるいは教員数が急にぎりぎりで変わっていけば、大変な問題になってきますので、その部分については学区そのものを大幅に緩めるのは、課題は多いかと思います。ただ、現在会津若松市において、選択学区、それからその他の事由によって、学区自分で選んでいる生徒数というのは、9%おります。ですので、会津若松市の学区選択というのがほかと比べて非常に厳しい状況にはない。

会津若松市議会 2022-09-19 09月19日-一般質問-04号

12月定例会においても同様の質問をいたしましたが、学校現場で働く教員などの多忙化を解消するため、何が問題で、何をしなければならないのか、国の動きが加速化している現状を踏まえつつ、市が進める教職員の多忙化の問題と学校給食費公会計へ向けた取り組み方について伺います。以下の幾つかについては、昨年任命された教育長に改めて認識を求めるものもありますので、よろしくお願いしたいと思います。 

会津若松市議会 2022-06-17 06月17日-一般質問-02号

今やってくださっている皆さんは、非常に子供たちに対する熱い思いを持って取り組んでくださっており、各学校、大変助かっている状況ですので、我々としましても今まで教員とかやられた方、退職者あるいはそのような仕事経験がある方などを現在探しております。一つ目標としましては、各校1人の配置を何とかしたいというふうに考えておりますが、今年度まず27名の配置に向けて全力で取り組んでまいりたいと思います。 

会津若松市議会 2020-12-11 12月11日-一般質問-04号

最後のお尋ねになりますが、県教育委員会では多忙化解消のために、今後は部活動指導員とともに、学習プリントの印刷や集金などを担当するスクールサポートスタッフ配置などを進める方向でありますが、教員多忙化解消とともに、読解力向上のためにも学校司書の役割を兼ね備えたスクールサポートスタッフを市として採用していくべきだと考えますが、認識をお聞かせください。 以上で壇上からの質問を終わります。

会津若松市議会 2020-09-17 09月17日-一般質問-02号

指導員配置により顧問の部活動に携わる時間が減少しており、教員多忙化解消の観点からも有効であるものと認識しております。一方、課題といたしましては、より多くの子供たちに指導できるよう、指導員増員を含め、それを支える地域指導者確保並びに育成を図っていく必要があるものと考えております。

平田村議会 2020-06-03 06月03日-01号

優先度の高い小6と中3、それから、少人数授業のために小・中学校教員、放課後の補習などを行う学習指導員、それから、教師の事務作業を支援するスクールサポータースタッフなどを増員するための予算のようですが、本村にもつくと思うんですが、今の課長の答弁だと、既に支援員配置しているので増員は難しいと。 でも、この支援員というのは、村独自の予算でやっているわけですね。違いましたっけ。

須賀川市議会 2020-04-27 令和 2年  4月 文教福祉常任委員会−04月27日-01号

ただ、あともう一つ教員対応というか、人材も含めてその辺なんかの現状を把握したいなと思いますので、子供たち対応も含めた教員の在り方という点で質問したいなと感じております。あと、先ほども委員皆さんからもありましたハード面での体制づくり、今どのような状況まで来ているのかというのをやっぱり改めて現状で見たいと思います。  以上です。 ○委員長大寺正晃) 最後に私から述べさせていただきます。  

南相馬市議会 2020-03-25 03月25日-06号

文教福祉常任委員長から目下文教福祉常任委員会において審査中の請願第3号 公立学校教員に「1年単位の変形労働時間制」導入を可能とする条例制定をしないよう求める意見書の提出を求める請願については、継続審査の申出書が提出されております。 本申出書のとおり閉会中の継続審査に付することに御異議ございませんか。     (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長今村裕君) 御異議なしと認めます。 

相馬市議会 2020-03-24 03月24日-04号

子供教員、保護者地域に対し、いじめの定義、いじめ防止の理念を啓発、浸透させ、その対策を市及び教育委員会が進めていくことが条例の大きな柱になっている。 国、学校策定義務があることから、市内小・中学校では各校ともいじめ防止基本方針策定されている。地方公共団体については策定努力義務であるが、いじめによる重大事態の際に組織的に対応できるよう制定することとした。 

二本松市議会 2020-03-18 03月18日-06号

また、いつごろまでに完了するのかとの質疑に対し、内容としては、実施設計業務解体工事を合わせて約2億4,100万円の予算となっているものであり、解体する建物は、体育館、校舎、宿舎、教員住宅等建物を解体するもので、取り壊し予定の面積は、2,760.9平方メートルである。また、年度早々実施設計業務委託の発注を行い、目標としては令和年度中に事業を完了することで予定しているとの説明がありました。 

棚倉町議会 2020-03-13 03月13日-05号

さて、その後任者の推薦に当たりましては、人権擁護委員法第6条第3項の規定により、人格識見ともに高く、地域の人望も厚く、広く社会の実情に精通し、人権擁護に対する理解の深い方が要請されていることから、38年間、養護学校小学校教員を務められ、その間校長を歴任するなど、豊富な知識と経験を有する棚倉大字棚倉字中居野174番地5、西牧武美氏、昭和34年5月12日生まれを推薦しようとするものであります。 

泉崎村議会 2020-03-12 03月12日-02号

さらに英語免許を有する小学校教員おりますので、そういった教員をリーダーとして授業研究を行うなど授業充実に努めてまいりました。 また、本村独自なんですけれども、中学校英語教諭が2つの小学校教員と一緒に英語指導を行ったり、指導方法に助言を行ったりして、小中が連携して英語教育充実に取り組んできたところです。 

南相馬市議会 2020-03-12 03月12日-05号

          議案第36号 令和年度南相馬育英資金貸付特別会計予算に                 ついて          議案第37号 令和年度南相馬介護サービス事業特別会計予                 算について          議案第43号 令和年度南相馬病院事業会計予算について          議案第51号 財産の無償譲渡について          請願第 3号 公立学校教員