35件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

相馬市議会 2017-06-15 06月15日-02号

◎市長(立谷秀清君) ちょっとはっきり申し上げさせていただきますけれども、放射線障害虫歯は全然別です。これは放射線障害は絶対出さないと。そういう覚悟でやってきましたし、これはもう絶対ですから。虫歯が出るのはもう多少はしようがないかなと思っていますけれども、できるだけゼロに近づけるように頑張っていきたいと思います。

相馬市議会 2016-03-03 03月03日-02号

市は、外部被曝検査及び内部被曝検査受診率が年々減少している原因として、これまでの毎年の検査結果において、外部被曝内部被曝の人数が少なくなり、その被曝線量も極めて微量であること、除染や降雨などの自然環境ウエザリング効果により放射線量が低下していること及び放射線に関する知識が普及しつつあることなどにより、放射線障害に対する不安が薄れてきた結果であると考えております。 

いわき市議会 2015-03-02 03月02日-02号

次に、放射線障害検査についてです。放射線障害検査のため、原発事故被災者への定期的な健康診断実施心電図検査回数の増など、学校検診拡充かかりつけ医での血液検査実施甲状腺検査も含め現行健康保険制度適用による医療給付実施に必要な措置を講ずることを、いわき市として国に求めていくべきではないかお尋ねいたします。 次に、福島県の子供たち対象とする自然体験交流活動支援事業についてです。

いわき市議会 2014-12-01 12月01日-02号

放射線障害対策について、放射線障害検査のために心電図検査回数の増加など、学校健診の拡充かかりつけ医での血液検査実施甲状腺検査も含め現行健康保険制度適用による医療給付の実現が必要と考えております。 しかし、現実は、かかりつけ医での甲状腺検査血液検査医療給付対象でありますが、健康診断は特定健診等の義務化されたものだけで、医療給付対象ではありません。

福島市議会 2014-06-11 平成26年 6月定例会-06月11日-02号

除染電離則を引き合いに、作業員放射線障害防止のための措置事業者に義務づけられており、ボランティアであっても同様という答弁を頂戴しております。  しかし、ことしの3月29日から30日に開催されました大波地区除染ボランティアでは、福島県に並び、福島市も主催者となっておりました。除染ボランティアに関する解釈は変わったのでしょうか、見解をお伺いします。

南相馬市議会 2014-03-10 03月10日-02号

労働者を守る電離放射線障害防止規則の第1章第1条には、「事業者は、労働者放射線を受けることをできるだけ少なくするように努めなければならない」とあり、事業者用放射線障害防止法第1章第1条には、「放射線によって汚染されたものの廃棄、その他の取り扱いを規制することにより、放射線障害防止し、公共の安全を確保することを目的とする」とあります。

郡山市議会 2014-03-05 03月05日-03号

次に、除染作業員等被曝対策についてでありますが、本市では、除染業務入札条件として、除染電離則及び除染等業務に従事する労働者放射線障害防止のためのガイドラインに基づく作業指揮者配置できることを定めております。 また、さきに申し上げた全工区責任者会議において、除染電離則に基づく放射線防護対策についても徹底を図っております。 

福島市議会 2013-12-21 平成25年12月定例会-12月21日-04号

除染作業実施については、議員もご承知のとおり除染電離則というものがございまして、作業員放射線障害防止のための措置事業者に義務づけられております。それはボランティアの方であっても同様でございますので、現時点では効率的な進め方として除染業者除染作業を委託しているという形で進めております。

喜多方市議会 2013-12-19 平成25年第9回定例会(8日目) 本文 開催日:2013年12月19日

また、除染作業等に従事する労働者については、放射線障害防止のための措置を確実に実施す   るなど、日常的な安全諸対策徹底を含め適切に対応すること。  5 国有林野事業については、国土保全その他の公益的機能高度発揮に重要な役割を果たして   いくことが一層求められていることから、公益的機能強化民有林への指導サポート地域   振興等に貢献でき得る組織体制拡充を図ること。   

喜多方市議会 2013-12-09 平成25年第9回定例会(2日目) 本文 開催日:2013年12月09日

子供たちを取り巻く環境について、原子力基本法の精神にのっとり、公共の安全を確保することを目的とした放射線障害防止法が制定され、同法31条には、何人も18歳未満の者に放射性汚染物質取り扱いをさせてはならないと定められています。議会としても、この間子供たちが活動する公共施設学校施設などの空間線量を細かく測定し、その結果の公表を求めてきました。そこで何点かお聞きいたします。  

喜多方市議会 2013-12-05 平成25年第9回定例会(1日目) 本文 開催日:2013年12月05日

また、除染作業等に従事する労働者については、放射線障害防止のための措置を確実に実施    するなど、日常的な安全諸対策徹底を含め、適切に対応すること。   5 国有林野事業については、国土保全、その他の公益的機能高度発揮に重要な役割を果た    していくことが一層求められていることから、公益的機能強化民有林への指導サポート、    地域振興等に貢献でき得る組織体制拡充を図ること。  

南相馬市議会 2013-03-08 03月08日-03号

市民生活部長河原田浩喜君) 国の資格制度におきましては、放射線障害防止等について監督を行わせるため、特定の事業所、作業場では有資格者を選任しなければならないという制度はあるものの、放射線測定を行うための有資格者制度はございません。 本市としましては、測定目的対象物場所等に応じて適正に構成された測定器を使用して測定した値は、正確な放射線量であるととらえております。

郡山市議会 2013-03-01 03月01日-04号

次に、事業者に対する指導についてでありますが、国が除染作業従事者等放射線障害防止を定めた、いわゆる除染電離則遵守入札参加条件に明記するとともに、放射線管理に関する講習会等を受講した作業指揮者配置計画等を確認しております。また、各現場責任者との定期的な打ち合わせ会議担当職員による除染現場の巡回により、除染作業における安全確保について指導を行っているところであります。 

郡山市議会 2012-12-07 12月07日-03号

次に、除染作業者労務環境確保についてでありますが、作業員健康管理につきましては、国が除染作業従事者等放射線障害防止を定めた、いわゆる除染電離則遵守入札参加条件に明記するとともに、放射線管理に関する講習会等を受講した作業指揮者配置計画等を確認し、事業者による作業員健康保護を図っているところであります。 

泉崎村議会 2012-06-12 06月12日-02号

なお、放射線障害によります長期間の潜伏期間を経て発がんする晩発性障害につきましては、村で行っております住民検診、さらには胃がん、大腸がん肺がん検診等検診を定期的に受診することが疾病の早期発見、それと早期治療につながることから、受診の啓発に努めてまいります。 次に、検診自己負担無料化にしようということでありますけれども、村では、がん検診など5種類のがん検診を、現在、行っております。

  • 1
  • 2