1824件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

須賀川市議会 2020-03-18 令和 2年  3月 定例会−03月18日-06号

次に、議案第25号 須賀川市語学指導を行う外国青年給与等に関する条例の一部を改正する条例についてであります。  本案は、本年4月から語学指導を行う外国青年、いわゆる英語指導助手会計年度任用職員になることにより給料が報酬となる文言の変更及び平成24年3月31日以前に任用した者が存在しないことから表示を削除するものであり、詳細については議案書に記載のとおりであります。  

喜多方市議会 2020-03-17 令和2年第1回定例会(7日目) 本文 開催日:2020年03月17日

看護学校の建物が非常に古く、県からも指導が入っている状態でありますと。複合施設に位置づけ、看護師不足から相乗効果を図り、地域医療を向上させる、また地元への雇用に結びつけたいというようなご答弁。さらに、医師会は本市の医療体制を整えるという強い希望がありまして、市と話し合いの結果、こういうふうに入るようになりましたと。  

福島市議会 2020-03-12 令和 2年 3月定例会議-03月12日-06号

また、設置計画等に関しては、関係法令等に基づき、各所管部署において指導、審査することとなります。 ○議長(梅津政則) 村山国子議員。 ◆27番(村山国子) 次に行きます。  福島駅前交流・集客拠点施設の整備についてです。  コンセプトを実現するための3つの柱に、市民による日常的な利用が活発な施設とあります。

須賀川市議会 2020-03-10 令和 2年  3月 文教福祉常任委員会-03月10日-01号

次に、議案第25号 須賀川市語学指導を行う外国青年給与等に関する条例の一部を改正する条例を議題といたします。  本案について、当局の説明を求めます。 ◎学校教育課長(菅野哲哉) それでは、ただいま議題となっております議案第25号 須賀川市語学指導を行う外国青年給与等に関する条例の一部を改正する条例の提案理由を説明いたします。  

福島市議会 2020-03-10 令和 2年 3月定例会議-03月10日-04号

次に、ごみ減量大作戦の令和2年度事業内容と広報の充実強化につきましては、ごみ減量大作戦の第二次展開として、分別とごみ出しに対する指導を徹底、強化するとともに、家庭から出る生ごみの堆肥化を広く普及するため、段ボールコンポスト講習会を実施するほか、古着や絵本の定期的な拠点回収、使用済みはがきの回収など、ごみ減量につながる具体的取組を展開してまいります。  

須賀川市議会 2020-03-09 令和 2年  3月 総務生活常任委員会−03月09日-01号

この従来の教育専門員の設置条例は、その目的が、須賀川市における交通安全に関する知識の普及、交通安全思想の高揚を図ることを目的に、昭和60年まで交通指導員という制度がございまして、その後、昭和61年4月に交通教育専門員として条例を定めて、そのまま活動をしていたものでございます。  

須賀川市議会 2020-03-06 令和 2年  3月 定例会-03月06日-05号

県教委は、道徳授業学級活動などを通じてスマホなど通信機器の適正な扱い方について指導をしている、更に理解を深めていく取組が求められるとのことです。  県警サイバー犯罪対策アドバイザー、県教委の生徒指導アドバイザーを務める医療創生大の中尾教授によりますと、子供たちは小さいときからスマホを使っているので怖いという概念がない、そこにSNS上で優しい大人を装い近づいてくると現状を指摘しています。

須賀川市議会 2020-03-05 令和 2年  3月 定例会-03月05日-04号

このような取組のためには、専門家指導していただいたり先進事例を学び、また実際に先進地を視察し、それを地域づくりに生かしていくことも必要であると考えますが、このような取組に対する支援について本市の考えをお伺いいたします。 ◎市長(橋本克也) ただいまの御質問にお答えをいたします。  

喜多方市議会 2020-03-05 令和2年第1回定例会(5日目) 本文 開催日:2020年03月05日

内容でありますけれども、これまで喜多方将棋普及実行委員会、喜多方将棋まつりで実施をしておりました、きたかた喜楽里杯将棋大会の実施、あるいは冬に実施をしてまいりました初心者将棋教室の実施、それから日本将棋連盟からは約20名のプロの棋士をお招きして、NHKの収録も含めた大ホールでの公開対局等、それからプロ棋士によります参加者との指導対局あるいは特別サイン会、交流レセプションといったような内容で開催をしたいと

須賀川市議会 2020-03-04 令和 2年  3月 定例会−03月04日-03号

そこでお伺いしますけれども、子供たちに対して、地球温暖化について学校においてはどのように指導し、今後の意識付けをされているのか、意識付けをどのように考えているか、2点にわたりお伺いいたします。 ◎生活環境部長(尾島良浩) ただいまの御質問のうち、新たな取組についてのおただしにお答えいたします。  

喜多方市議会 2020-03-04 令和2年第1回定例会(4日目) 本文 開催日:2020年03月04日

また、市では生涯学習活動を行う団体に対して講師を派遣する事業を実施しており、日本レクリエーション協会においては、スポーツレクリエーションなどの指導者を育成し、資格を持った指導者が講師として活動している事例もあることから、老人クラブ等の活動が予防医療に役立つものになるよう、指導者の活用についてアドバイスをしてまいりたいと考えております。  

喜多方市議会 2020-03-03 令和2年第1回定例会(3日目) 本文 開催日:2020年03月03日

しかし、官公庁の実務担当者としては、法律を遵守する立場から業者に対して指導する必要があると言われております。ですから、市は張らないとしても、このことは2,500万円に見合うような印紙をきちんと張るように指導しなければならない。指導しないのであるならば、税法上、脱税を奨励しているということになるのですがいかがですか。