414件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

南相馬市議会 2020-03-25 03月25日-06号

さらに、議案第7号については、医師の高齢化ということで病院に勤務されている方は大変な勤務時間、拘束時間等が長いというのは重々承知しております。その中で、高齢になればなるほど体の負担というものがどうしても増えてくると。

郡山市議会 2020-03-11 03月11日-08号

福島県では、待機に係る人件費除雪機械拘束料について、降雪状況除雪の有無にかかわらず保証しております。 郡山市でも、除雪作業を担う除雪業者の抱える不安や経費負担を軽減するため、待機料などの保証制度を新たに導入すべきと考えますが、当局の見解をお伺いいたします。 (2)林業について。 山は宝なり。厳しい冬の寒さ風雪に耐え、春来たれば山の木々は一斉に活動する。

須賀川市議会 2020-03-05 令和 2年  3月 定例会-03月05日-04号

やはり拘束時間が長いというのが、なかなかいい返事がもらえない現状なのであろうかというふうにも思います。だからといって集約というわけではありません。投票機会の確保は当然ですし、今よりも利便性が図られた投票所でなくては、単に投票する場所を減らしたことになってしまいます。  再々質問ですが、投票所まで距離がある投票区で、移動が困難な方に対し今後対策を検討されるのか。

福島市議会 2019-12-12 令和元年12月12日文教福祉常任委員会−12月12日-01号

現行制度上、無料低額宿泊所の開設は事後届け出制となっており、また施設の設備や運営に関する法的拘束力がないため、事業者が自宅のない生計困難者を住まわせて生活保護の申請を行わせ、受給後に保護費を搾取する等、貧困ビジネスの温床となっていることが全国的に問題となっておりました。

福島市議会 2019-12-10 令和 元年12月定例会議-12月10日-04号

これまで条例化する自治体がふえる中、福島市は条例は実質的に拘束力がないという答弁をされてこられましたが、改めて太陽光発電設置に関して、条例化する場合とガイドラインとする場合の違いについて市の見解を伺います。 ◎環境部長清野一浩) 議長環境部長。 ○議長梅津政則) 環境部長。 ◎環境部長清野一浩) お答えをいたします。  

南相馬市議会 2019-12-10 12月10日-03号

一方で、厚生労働省勧告に関して最後に質問させていただきたいと思いますが、厚生労働省健康局長が出しているヒトパピローマウイルス感染症定期接種対応についてという勧告について、11月22日に衆議院議員井出庸議員が地方自治体に対して法的拘束力があるかと質問主意書でただしたところ、12月3日に政府から勧告に従うべき法律上の義務を負うものではないという答弁がございました。

いわき市議会 2019-09-30 09月30日-06号

ここには、基本構想免震改修が最も有力と評価されながらも、実際の提案はこの評価に拘束されず自由に提案できる状況であったことが示されております。 また、耐震改修工事の工期は、当初の2017年6月23日から2019年8月30日だったものが、今回も含めて2度にわたる追加の結果、19カ月延伸し、2021年3月末となりました。

伊達市議会 2019-09-13 09月13日-05号

運営方針につきましては、議員のほうからもお質しがございましたが、簡易宿泊所については市として初めての事業であり、運営実績もないため指定管理料算定、特に宿泊見込み者数に伴います収入及び支出の部分を見込むのが困難な状況で、現在市で行っているのは指定管理の期間が3年というようなことで算定数があやふやな中で、指定管理者を3年間拘束するのはどうなのかというようなことで、まず来年度につきましては、先ほど申し上

福島市議会 2019-09-11 令和 元年 9月定例会議-09月11日-05号

そこで、時間とか、そういう人員とか、時間的拘束、課題はいろいろありますけれども、そこにおける指導といいますか、そういうものは本当に有効なのではないかなと私も思います。つまりごみを捨てに行く、そこで、このごみはどうだこうだとか、資源物だ、これはだめだよとか、実際直接そこで指導をされるというのが確かに効果的ではないのかなと私自身は思いました。

いわき市議会 2019-06-20 06月20日-05号

特に、長い時間拘束される喫煙する市職員の皆さんは、喫煙を我慢することで生じるストレスやイライラでかえって心身の健康を損ねたり、仕事の効率が下がってしまったのでは本末転倒であります。ここまでは、先ほど登壇された上壁議員と同じ意見であります。ここからが違います。 

郡山市議会 2019-06-19 06月19日-03号

これまで「従うべき基準」だった学童の1クラス2人以上、うち1人は都道府県研修を修了した放課後児童支援員職員配置基準は、拘束力のない「参酌基準」となり、自治体判断で無資格者1人での運営も可能になります。子どもの安全を守ることが第一義的に求められるのに、ともすれば事故や事件、災害のとき、たった一人で子どもたちを見ることも起こり得ます。

喜多方市議会 2019-06-11 令和元年第5回定例会(3日目) 本文 開催日:2019年06月11日

時間がありませんから、簡単に申し上げますが、結婚すると煩わしい、あるいは自分の時間が拘束されて嫌だと、こういう結婚した喜びとか、子育てをする喜びというよりも個人としての楽しみとか、充実を優先する価値観というものが日本の社会にあるということだそうでございます。  それから、もう一つ、日本財団の調査によりますと、親から非常に愛されて、そして育ってきた子供は、やはり家庭を持ちたいと思うと。