9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

須賀川市議会 2019-03-19 平成31年  3月 定例会-03月19日-06号

本案は、技術施行規則の一部改正に伴い、布設工事監督者の資格について、技術法による第2次試験のうち、上下水道部門に合格した者の選択科目について、文言の修正をするものであります。  審査の結果、原案のとおり可決すべきものと決しました。  以上で、当建設水道常任委員会の審査の経過と結果についての報告を終わります。 ○議長(佐藤暸二) これより質疑に入ります。  質疑ありませんか。      

福島市議会 2019-03-18 平成31年3月18日予算特別委員会総務分科会−03月18日-01号

監査委員事務局主任 委託先は、日本技術会を予定しております。 ◆土田聡 委員  1つの会社というよりは、団体ということでいいのかな。 ◎監査委員事務局主任 公益社団法人でございます。 ○小松良行 分科会長  ほかにございますか。      【「なし」と呼ぶ者あり】 ○小松良行 分科会長  なければ、質疑を終結いたします。  続いて、自由討議、討論に移ります。

福島市議会 2019-03-15 平成31年3月15日建設水道常任委員会-03月15日-01号

また、(2)ですが、技術施行規則の改正により、規則に規定する第2次試験の上下水道部門における選択科目が見直されたことを受けて、水道法施行規則が改正されたことから、当該条例についても同様の改正を行うものです。  (2)の表のところに技術施行規則に規定する第2次試験上水道部門の選択科目を記載しましたが、改正前の水道環境上水道及び工業用水道に統合され、削除されたものでございます。  

須賀川市議会 2019-03-08 平成31年  3月 建設水道常任委員会-03月08日-01号

条例は、平成24年4月1日から施行し、水道法の規定に基づいて定められている水道事業布設工事監督者及び水道技術管理者の資格基準を定めることを目的としており、第3条において布設工事監督者の資格を定め、同第1項第8号において、技術法第4条第1項の規程による第2次試験のうち上下水道部門に合格した者を掲げておりますが、今回、技術施行規則の一部改正に伴い、選択科目水道環境上水道及び工業用水道に統合され

須賀川市議会 2019-03-01 平成31年  3月 建設水道常任委員会−03月01日-01号

改正の概要としましては、技術施行規則の一部を改正する省令及び水道法施行規則のの一部を改正する省令施行されることに伴い、所要の改正を行うものです。  具体的な改正の内容としましては、水道布設工事監督者の資格について、第8号、技術法の規定による第2次試験試験科目のうち、上下水道部門に合格した者の選択科目の中から「又は水道環境」を削除するものです。  

須賀川市議会 2019-02-21 平成31年  3月 定例会-02月21日-01号

本案は、技術施行規則の一部を改正する省令及び水道法施行規則の一部を改正する省令施行されることに伴い、文言修正など所要の改正を行うものであり、本年4月1日から施行するものであります。  次に、議案第22号 須賀川市自転車駐車場条例の一部を改正する条例であります。  本案は、消費税等の税率引上げに伴う施設使用料の改定を行うものであり、本年10月1日から施行するものであります。  

福島市議会 2018-09-13 平成30年9月13日文教福祉常任委員会-09月13日-01号

◆根本雅昭 委員  ほかの自治体なのですけれども、例えば技術ですとか、あと情報処理の高度情報処理技術者ですか、または情報処理安全確保支援士なんかが、そのような資格を持った方が現場監督といいますか、監督をすることを条件に、ICT化のこういう専門的なものを入札条件にしているという事例もあるのですけれども、今回はそういうことはないということですか。 ◎学校教育課庶務係長 済みません。

  • 1