8件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

郡山市議会 2016-12-07 郡山市議会 会議録 平成28年 12月 定例会-12月07日−02号

平成27年度は、福島空港等にかかわる情報共有人材育成目的に、初めての試みとして昨年10月30日に慶應義塾大学の加藤一誠教授等による空港利活用をテーマとしたシンポジウムを実施し、また来年1月13日にはANA総合研究所の佐藤晃代表取締役社長をお招きし、空港利活用と県中地区のブランド創出をテーマとした講演会を実施することとしており、県中市町村ネットワークを生かしたインバウンド対策等を具体的に協議していくこととしております

会津若松市議会 2016-12-06 平成28年 12月 定例会-12月06日−一般質問−03号

そこで、心のバリアフリー研究をされている慶應義塾大学の駒村教授は、心のバリアフリー分科会の中で日本の心のバリアフリーがおくれているとも懸念されております。この心のバリアフリーが浸透しない理由の一つに教育の問題が掲げられており、特別支援学校で障がい者を健常者と分けて教育することにより、障がい者と健常者が顔を合わせる機会がなくなり、子供たちは接し方や支え方がわからないまま育ってしまいます。

会津若松市議会 2015-09-17 平成27年  総務委員会-09月17日−05号

それから、あともう1点は、これは国会の中で慶應義塾大学小林節先生が申し上げた中で、これは憲法学者としては8割、全て自衛隊は、条文の字面からすれば、これは違憲だというのは当然なことですが、ここでなかなか定義とか情報の中では出てはいませんが、小林先生の最後のくだりの中にやっぱり学者そのもの、我々自分たちは学者だと。ですから、字面でその条文を考えるしかないと。しかし、責任は私たちにはないと。

会津若松市議会 2009-09-16 平成21年  9月 定例会-09月16日−委員長報告・質疑・討論・採決−05号

その意見としては、慶應義塾大学の上山信一教授の指摘によれば、労働力確保や経済性、住環境などの総合的な判断に基づき企業が立地している現状において、分譲価格の引き下げなどによる地域間競争での誘致活動を進める各自治体の姿が正道なのかという意見が出されている。

郡山市議会 2009-03-02 郡山市議会 会議録 平成21年  3月 定例会-03月02日−05号

さて、慶應義塾大学客員准教授日本産婦人科医会常務理事の石渡先生は、子宮頸がんにおける市町村を対象にした調査結果をもとに、検診率が低迷している理由に、住民への周知が不十分であること、さらに検診数を制限していることが明らかであると述べられております。また、検診対象者の20%以上の予算を設定している市町村はわずかに8.9%にすぎないと。  

福島市議会 2004-03-10 平成16年 3月定例会-03月10日-02号

前は慶應義塾大学教授で、今は国立環境研究所の西岡秀三先生は、温暖化の影響はおくれてやってくる。温室効果ガスの濃度を安定させても、気候が落ちつくには数十年から1世紀かかり、海面上昇はさらに1世紀続く。ですから、熱波や洪水など気象変動に適応する社会やまちづくりをしていく必要があると言われ、アメリカの続発する山火事、シベリアの凍土が溶けていくことに無関心な彼らに警告を発しておられます。  

  • 1