3405件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

会津若松市議会 2029-12-10 12月10日-一般質問-03号

JTBのキャンペーンにつきましては、東北デスティネーションキャンペーンと同時期に開催されるものと伺っておりますが、両キャンペーン連携による効果的な事業展開が期待されるところであり、本市といたしましても、これらのキャンペーン東日本大震災からの復興を広く国内外にアピールし、本市観光資源を広く発信する絶好の機会となるものと認識しております。

会津若松市議会 2026-12-09 12月09日-代表質問-02号

本県初め、東日本各地に甚大な被害をもたらした台風19号並びに10月25日の大雨被害により亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災されました方々の一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。 まず、市長3期目の市政運営について質問をいたします。會津藩校日新館移転構想について質問をいたします。

会津若松市議会 2026-09-18 09月18日-一般質問-03号

また、今年度における本市農産物販路拡大に向けた取り組みにつきましては、JA会津地域の市町村が連携した合同トップセールス震災復興応援会津展における販路拡大活動などを実施し、会津農産物取扱量が年々増加していることから、引き続きJA市場関係者などと連携して販路拡大に努めてまいります。 次に、大規模稲作農家育成課題中小規模稲作農家支援についてであります。

会津若松市議会 2025-06-19 06月19日-一般質問-04号

一日も早い復興をお祈り申し上げます。本市におきましても、震度4という強い揺れを感じました。今後余震もありますので、どうか皆様高いところの落下物などないか、いま一度身の回りの危険箇所を確認していただき、安心した生活を送っていただくことをお願い申し上げまして、通告いたしました大項目1、防災による安心な暮らしを質問させていただきます。公明党の一員として訴えさせていただきます。 

会津若松市議会 2022-12-12 12月12日-総括質疑-05号

その財源につきましては、国庫補助事業、県の補助及び市でございまして、その割合を国が2分の1、県が20%、それで市が30%という資金割整備を進めようとするものでございまして、採択時点での、現時点での市の30%につきましては、東日本大震災復興特別交付税の措置がなされるということで、県のいろんな説明をそのまま使わせていただくと、実質ゼロだというような事業でございまして、その名称を林業専用道舟子線整備延長

会津若松市議会 2021-06-28 06月28日-委員長報告・質疑・討論・採決-06号

改めて今期を振り返ってみますと、東日本大震災原子力発電所事故からの復興、再生に向けた取り組みを継続するとともに、多様化する地域課題対応し、持続可能な地域社会を構築するため、地方創生に向けた取り組みを推進してきた4年間でありました。 本市も他の地方都市と同様に、少子高齢化人口減少への対応を初め、これらに起因する諸課題等にどう向き合っていくかが問われております。 

会津若松市議会 2020-12-20 12月20日-委員長報告・質疑・討論・採決-06号

議案第160号 特別職職員給与に関する条例及び会津若松水道事業管理者給与に関する条例の一部を改正する条例についてですが、この条例市長初めとする特別職水道事業管理者期末手当年間支給月数を0.05月分引き上げようとするものですが、議案第159号 会津若松市議会議員議員報酬等に関する条例の一部を改正する条例で述べたものと同様の理由と、それに加えて、いまだ8年前の東日本大震災原発事故からの復興途上

会津若松市議会 2020-12-11 12月11日-一般質問-04号

この聖火リレー開催復興五輪の理念とともに地域の魅力の発信につなげていかなければいけないと考えております。 そこで、まず聖火リレー開催地としての対応について質問します。令和2年3月27日に本市において聖火リレー開催されることが決定しています。現在決定している事項を示すとともに、準備状況をお示しください。 次に、市民の機運醸成について質問します。

会津若松市議会 2020-09-17 09月17日-一般質問-02号

渡部認議員 では、赤井谷地の件でありますが、環境省の福島再生未来志向プロジェクトチームが昨年8月に発表した資料によりますと、ふくしまグリーン復興構想への支援も含まれていますよね。その後これらの活用を検討されたのかどうか、いかがでしょうか。 ○議長清川雅史) 教育部長。 ◎教育部長菅井隆雄) 済みません、ちょっと聞き取れなかったので、もう一度お願いします。

郡山市議会 2020-06-23 06月23日-05号

大きい項目4番、令和元年台風第19号被害復旧復興状況について伺います。 今定例会には、被災家屋の多額の解体撤去予算も上程されています。150件程度に見込んでいた解体撤去は、490件にまで増加したようです。 私は、所管する環境経済常任委員会で、再三、解体撤去早期事業の推進を提言してきました。それは、被災された方々が一日も早く新しい出発をしていただきたいと思うからです。 そこで伺います。 

郡山市議会 2020-06-19 06月19日-03号

また、東日本大震災、それに伴う東京電力福島第一原子力発電所事故の際も、職員不眠不休で何日も帰宅をできず、放射線による被ばくへの恐怖も顧みず、復旧復興に全力を尽くしてきました。 昨年10月の東日本台風では、災害対応に当たった南相馬市の職員帰宅中亡くなられた事故が発生し、再発防止として、今後の課題となりました。本市としても慎重な対応が求められることから、以下、質問をいたします。 

矢祭町議会 2020-06-19 06月19日-04号

時開議日程第1 報告第1号 令和年度矢祭一般会計継続費繰越計算書について日程第2 報告第2号 令和年度矢祭一般会計繰越明許費繰越計算書について日程第3 報告第3号 令和年度矢祭水道事業会計予算繰越明許費繰越計算書について日程第4 議案第41号 矢祭固定資産評価審査委員会条例の一部を改正する条例について日程第5 議案第42号 矢祭税条例の一部を改正する条例について日程第6 議案第43号 矢祭復興産業集積区域

矢祭町議会 2020-06-18 06月18日-03号

地域住民の方、やはり今までの生活道路であったんで、一日も早い復旧復興をお願いして、私の質問を終わりにいたします。 ○議長藤田玄夫君) 5番、本多勇也君一般質問を終わります。 暫時休憩します。 再開は10時28分といたします。 △休憩 午前10時17分 △再開 午前10時28分 ○議長藤田玄夫君) 再開いたします。

矢祭町議会 2020-06-17 06月17日-02号

今だって、まだまだ丸森の復興もちょっと被害が多くて、まだ途中のところでありますが、福島県もそういった、阿武隈川もやっぱりある。我々は、久慈川というものも水害対策の中では非常に考えていかなければならないというようなことありますから。

塙町議会 2020-06-15 06月15日-03号

陳情先といたしましては、中央官庁の中では林野庁、そして大きなお金を握っておりました復興庁、これにも行ってまいりました。そして、県の農林水産部、これは県に出向くたびに、4町村の首長さん、一緒に要請、要望活動ということで進めておるところであります。これからも気を抜かずに、この10年ぐらいはやってほしいと私はっきり国の中央官庁に行ったときはお話はさせていただきました。

塙町議会 2020-06-12 06月12日-02号

ただ事務的な負担はありますが、これを差し引いても、大なる町にとっての貢献になっておるということで、これも直接、林野庁、そして関係省庁復興庁等に出かけていきまして、何でかんでやめるということはならぬとまでは言わないまでも、ここ10年しっかりと取り組んでいただきたい。