2659件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

須賀川市議会 2019-06-17 令和 元年  6月 生活産業常任委員会-06月17日-01号

事業の経緯といたしまして、本事業は東日本大震災から復旧、復興等に対応した新たな政策展開に資するため、平成24年3月30日に閣議決定された土地改良長期計画に基づき、大規模地震など近年の自然災害の頻発化に対応するため、農業水利施設等の耐震化を推進しており、国から、ため池施設が決壊した場合、下流への被災が生じるおそれ等の警戒すべき農業用ため池ハザードマップを作成し、公表などの対策を講じるよう通知がありました

福島市議会 2019-06-14 令和 元年 6月定例会議−06月14日-05号

その結果、当特別委員会としては、国が2020年のオリンピック・パラリンピック競技大会を復興五輪として東日本大震災からの本市をはじめとする被災地の復興の加速化を期待するものと位置づけていることに加え、東日本大震災の際に受けた世界中からの支援に対する感謝の気持ちを伝える感謝の祭典として捉えていくことといたしました。  

須賀川市議会 2019-06-13 令和 元年  6月 定例会−06月13日-05号

まず、再生可能エネルギーの導入を着実に進め、本市の復興再生の歩みに弾みをつけることが重要だと思われます。  県は、再生可能エネルギー先駆けの地アクションプラン行動計画の第3期において県内のエネルギー需要に対する再生可能エネルギーが占める割合を2021年度に42%とする目標を掲げました。  

喜多方市議会 2019-06-12 令和元年第5回定例会(4日目) 本文 開催日:2019年06月12日

これからの社会、そして政治の主流は、防災減災復興であります。今回は防災減災復興についてお伺いいたします。  まず1点目に、国土強靭化地域計画の策定についてお伺いいたします。  東日本大震災において未曽有の大災害を経験したことを踏まえ、平成25年に国土強靭化基本法が制定され、国土強靭化地域計画の策定が努力義務となっております。

福島市議会 2019-06-10 令和 元年 6月定例会議−06月10日-04号

震災、原発の影響で減少いたしましたが、その後の復興事業もありまして、震災前からの比較で2倍以上で、今後も増加する見込みであると思われます。  そこで、質問に入らせていただきたいと思います。本市の外国人労働者の現状について、5年間の推移をお伺いいたします。 ◎商工観光部長(西坂邦仁) 議長、商工観光部長。 ○議長(半沢正典) 商工観光部長。 ◎商工観光部長(西坂邦仁) お答えします。  

福島市議会 2019-06-07 令和元年6月7日議会運営委員会−06月07日-01号

受理番号2番、令和2年度及び復興・創生期間後も国の「被災児童生徒就学支援等事業」の継続と被災児童生徒の十分な就学支援を求める意見書提出方についてです。提出者は記載のとおりです。紹介議員につきましては粕谷悦功議員、後藤善次議員、村山国子議員、羽田房男議員、鈴木正実議員です。受理年月日は記載のとおりです。付託委員会は文教福祉常任委員会を提案しております。  続いて、受理番号3番です。

福島市議会 2019-06-07 令和 元年 6月定例会議−06月07日-03号

だったら、やはり市としては強く国に対して、これは復旧事業としてやっていくべきだと、あるいは復興事業でやっていくべきだというふうに要請するべきだと思うのですが、その点はどのようにお考えでしょうか。ただいまの答弁についてお伺いします。 ◎建設部長(菊田秀之) 議長建設部長。 ○副議長(粟野啓二) 建設部長。 ◎建設部長(菊田秀之) お答えいたします。  

喜多方市議会 2019-06-06 令和元年第5回定例会(1日目) 本文 開催日:2019年06月06日

続きまして、請願第8 令和2年度及び復興・創生期間後も国の「被災児童生徒就学支援等事業」の継続と被災児童生徒の十分な就学支援を求める意見書の提出を求める請願書。  請願者は、福島県職員組合、中央執行委員長、角田政志氏であります。  請願の要旨を説明いたします。  東日本大震災から8年が過ぎました。

喜多方市議会 2019-06-06 令和元年第5回定例会(1日目) 名簿 開催日:2019年06月06日

────────────── 本日の会議に付した事件 日程第 1 会議録署名議員の指名 日程第 2 会期の決定 日程第 3 諸般の報告 日程第 4 請願   請願第 5 統計不正問題の真相究明と信頼回復を求める意見書提出の請願   請願第 6 「ふくしま学力調査」中止の意見書提出を求める請願   請願第 7 教職員の長時間過密労働の解消に向けた意見書提出を求める請願   請願第 8 令和2年度及び復興

須賀川市議会 2019-04-24 平成31年  4月 教育福祉常任委員会−04月24日-01号

表紙をおめくりをいただきまして、中段でございますが、本構想につきましては、東日本大震災からの復興が進展する中で、改めてふるさと須賀川のルーツであります歴史文化に対する認識を新たにし、歴史文化を生かしたまちづくりを進めていくための長期ビジョンとして策定することとしたものであります。  

喜多方市議会 2019-03-26 平成31年第3回臨時会(1日目) 本文 開催日:2019年03月26日

9款1項1目地方交付税1億8,858万5,000円の補正でありますが、普通交付税の本算定時の調整額の復活計上分、3月交付分の確定による特別交付税1億6,293万8,000円、震災復興特別交付税1,270万9,000円の追加の計上であります。  なお、普通交付税の総額は86億2,155万8,000円となり、前年度と比較しまして2億9,400万3,000円の減額となっております。

福島市議会 2019-03-20 平成31年3月20日文教福祉常任委員会-03月20日-01号

させていただきますと、いろんな証明事項で実態がわからないというケース、あとどういった人だかわからないので、書きようがない、あと証明を受ける者が民生委員さんのお宅に行くこと自体が余りよろしくないケースもあるので、現状としましては実情に合わせて市側が調査して、こういうことでこういう結果でございましたということで民生委員さんのほうに伺って、了解しましたということで署名をいただくようなケースも、特に震災以降復興作業員

福島市議会 2019-03-20 平成31年3月20日予算特別委員会経済民生分科会−03月20日-01号

2款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費、復興事業費でありますが、笑顔つなぐまち交流事業費130万円は、長期避難者の交流支援を促進するための補助金でありまして、またその下、自主避難者支援事業費76万円につきましては、県外避難者を対象とする行政相談窓口設置や交流会への参加等の経費でございます。