248件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

南相馬市議会 2021-03-09 03月09日-03号

移住定住先で人気のある広島は、セミナー、企画等民間企業に委託せず、県職員一丸となって企画運営を実施しているとのことです。地道な取組によってノウハウが蓄積していると評価されています。このようなニュースや情報が出るだけで、広島はどんなところなのかな、どんな市町村があるのか、おすすめの町はどこかとなるのが移住定住希望者の思いだと思います。 

伊達市議会 2021-03-03 03月03日-03号

ちょっと平成30年度の資料になるのですけれども、福島県は1,770頭の殺処分をしたとあったのですけれども、この同じ資料広島資料があるのですけれども、広島は、数年前は全国で第1位だったのですけれども、今、殺処分数が122頭に減っているということで、結局、行政の意識の変わり方によって全然違ってくるのだということを今回認識していただければと思って、この数字を調べていただきました。 

泉崎村議会 2020-12-08 12月08日-02号

東京都の世田谷区、千代田区、江戸川区、神戸市、福岡市、北九州市、沖縄県、広島、北海道函館市、静岡県三島市などが面的な検査がどうしても必要だと。国が、この面的な検査に後ろ向きなんですね。そういう政府のやり方では駄目だということで自ら動き出す、こういう状況になってきております。 

伊達市議会 2020-09-09 09月09日-03号

伊達市も、令和元年度まで実施してきた伊達市中学生広島平和記念式典派遣事業は、市内の中学生12人が8月6日に広島広島市で行われる平和記念式典に出席し、3日間の日程で戦争、核兵器の問題、実際に見て、聞いて、感じることで平和の尊さを学ぶ大事な事業が、今年、戦後75年の平和記念式典への本市の派遣はありませんでした。 派遣事業の詳細を教えてください。

須賀川市議会 2020-03-18 令和 2年  3月 定例会−03月18日-06号

去る1月15日から1月17日までの3日間、委員会活動として愛知蒲郡市と広島呉市を視察してまいりました。  初めに蒲郡市においては、「公共交通取組について」を調査項目として、交通体系の全体像を伺うとともに、特徴的な取組としてコミュニティバス運行及び高齢者タクシー運賃助成事業について、事業の仕組みや実績、評価等を伺いました。  

福島市議会 2019-12-09 令和 元年12月定例会議−12月09日-03号

2018年8月3日の広島議会の生活福祉保健委員会では、宅地内に流入した土砂撤去について、県は公費負担で行えると答弁しています。また、宅地内の土砂等撤去は、国交省堆積土砂排除事業と環境省の災害等廃棄物処理事業の2つの制度があるが、どちらかまたは両方合わせて対応可能だと市町村に伝えておりますと述べております。

郡山市議会 2019-09-26 09月26日-04号

広島三次市では、本年7月に行われた参議院議員通常選挙において交通手段を確保するため、投票日当日、投票所への巡回車運行しました。本市においても、選挙日当日もしくは期日前投票時に同様の対策を講じることができれば、高齢者投票率のアップにつながると思いますが、当局の見解をお伺いします。 (3)投票終了時刻について。 

二本松市議会 2019-09-24 09月24日-05号

業務改善の面から県独自の学力テストをやめた広島を見習うべきではないでしょうか。 また、全国学力テストには毎年50億円以上も投じられていますが、教職員定数増が求められています。日本の教育費公的支出は、2015年のOECD調査によると2.9%、比較可能な34カ国中最下位です。最も高かったのはノルウェーの6.3%、平均は4.3%でした。

須賀川市議会 2019-06-17 令和 元年  6月 教育福祉常任委員会−06月17日-01号

さらに、昨年度の行政視察においては、兵庫県豊岡市で介護予防日常生活支援総合事業について、広島尾道市で地域包括ケアシステムの構築についての調査を行いました。これらの調査結果を踏まえ、提言書を取りまとめましたので、当委員会を代表し、私のほうから内容を述べさせていただきます。  申し上げます。  

本宮市議会 2019-06-06 06月06日-02号

そういうことで、国際フォーラムと言うんですか、多文化共生の、広島安芸高田市の例がありますけれども、広島安芸高田市、人口3万4,000人であったが現在2万9,500人まで減少。2004年当時外国人が1.5%約510人、現在2.1%約620人に増加、人口減に対して安芸高田市では地域内に住む見えない外国人市民の存在に注目し、外国人市民まちづくりに参画できるよう環境づくりの政策に打って出た。

福島市議会 2019-03-14 平成31年 3月定例会議−03月14日-07号

業務改善の面から県独自の学力テストをやめた広島を見習うべきです。  そこで、質問です。教員や子供たち負担をもたらす全国学力テストや自治体独自の学力テストは中止すべきです。市の見解を伺います。 ◎教育長本間稔) 議長教育長。 ○議長半沢正典) 教育長。 ◎教育長本間稔) お答えいたします。