1372件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

福島市議会 2019-12-11 令和 元年12月定例会議−12月11日-05号

現在、水田や畑地などにおける農地被害等の対策説明会を開催するとともに、農政だよりなどにより、各種対策について広報を実施しております。  農地災害復旧事業では、現在被害に遭われた農地所有者の方々から施工についての承諾書を提出いただいているところであり、施工について条件が整った地区から業者による現地確認等を行い、工事を施工してまいります。  

福島市議会 2019-12-10 令和 元年12月定例会議−12月10日-04号

国や県からの河川の決壊や氾濫情報等が入った場合、命を守るための最善の行動が必要なことから、直ちに緊急速報メール、テレビラジオ広報車等で状況に応じた避難行動を呼びかけてまいります。  なお、このような緊急事態の正確かつ迅速な情報伝達のために、現在、防災情報配信システムの強化と多重化を検討しているところでございます。 ○副議長(尾形武) 村山国子議員

福島市議会 2019-12-06 令和 元年12月定例会議−12月06日-02号

当日は、分団長及びメール登録している団員へ水防団待機、河川水位情報避難所開設情報避難準備広報避難広報を依頼し、常備消防と連携して水防活動にあたっていただき、活動内容についてはメールまたは電話で報告を受けております。 ○議長(梅津政則) 石原洋三郎議員。 ◆11番(石原洋三郎) 次の質問に移ります。  

喜多方市議会 2019-12-05 令和元年第7回定例会(5日目) 本文 開催日:2019年12月05日

また、空き家対策につきましては、広報等による周知や管理不全の空き家に対する指導助言を行うことにより、老朽化が著しい空き家の解体撤去が促進され、生活環境の保全に結びつけることができたところであります。さらに、移住・定住支援との連携による空き家の利活用についても推進してまいります。  

喜多方市議会 2019-12-04 令和元年第7回定例会(4日目) 本文 開催日:2019年12月04日

市民の皆様に対しましては、市広報、回覧等を通じて、想定しないところでも災害は起きるということを念頭に、効果的な防災減災についてのお知らせを実施し、これまでに引き続き自主防災組織等が開催する集会での説明などを通じ、意識の向上を図ってまいります。  また、市職員防災訓練への参加台風第19号等での被災地への派遣での経験が、今後の危機管理意識の向上につながるものと考えております。  

喜多方市議会 2019-12-02 令和元年第7回定例会(2日目) 本文 開催日:2019年12月02日

市といたしましては、被災のおそれがある地区においては、行政区長や消防団への連絡、広報車などによる情報発信などにより、確実に情報を伝えてまいりたいと考えておりますし、また今後のホームページによる情報の発信については、発信する情報の内容等を含め、市民が安心できるような対応を検討してまいります。  

喜多方市議会 2019-11-28 令和元年第7回定例会(1日目) 本文 開催日:2019年11月28日

次に、委員会関係でありますが、視察研修のため、議会広報編集委員会が9月30日に山形県西町、10月28日に会津美里町に、文教厚生常任委員会が10月11日に市内寺町の子どもの居場所「れんが」に、議会運営委員会が10月23日から25日まで島根県浜田市、出雲市、安来市に、小中学校適正規模適正配置に関する検討特別委員会が11月7日、8日に栃木県矢板市、宇都宮市にそれぞれ出張されました。  

福島市議会 2019-11-05 令和 元年11月緊急会議−11月05日-01号

なお、審査の過程で、被災者への制度の周知徹底を図るため、高齢者などにもわかりやすく、繰り返し広報するよう努められたいとの要望がありましたことを申し添えます。  以上、ご報告申し上げます。 ○議長(梅津政則) 建設水道常任委員長、7番。 ◎7番(梅津一匡) 議長、7番。 ○議長(梅津政則) 建設水道常任委員長。      

須賀川市議会 2019-10-30 令和 元年  9月 定例会-10月30日-07号

また、市では、災害発生後から広報車による広報活動、市ホームページやウルトラFMによる情報提供に努めたほか、コールセンターと相談窓口を設置し、各種相談受付を行ってまいりました。現在は、災害ごみの収集、保健師による巡回訪問、防疫消毒、り災証明書発行のための現地調査、市営住宅等への一時避難受入れ、民間賃貸住宅の借上げなどに市を挙げて全力で取り組んでいるところであります。  

須賀川市議会 2019-10-09 令和 元年  9月 定例会-10月09日-04号

県外では、地元の大学と連携して、広報などに役割を限定した機能別団員として学生を採用し、数十人単位で活動している消防団もあります。他県の事例などを参考に、若い団員を増やす取組を検討する必要があると思われます。  県内では、昨年からことしにかけ、火災報知機が設置されていない住宅火災で住人が犠牲となるケースが目立っています。

須賀川市議会 2019-10-08 令和 元年  9月 定例会−10月08日-03号

なお、放送内容につきましては、防災行政無線音声ガイドサービス電話63−8330ですが、これや、市の防災ホームページにより確認することができますので、市広報防災講話などを通して引き続き市民に周知していきたいと考えております。 ◆12番(横田洋子) 情報収集の手段としてはラジオの活用が有効であると言われております。

福島市議会 2019-09-19 令和元年9月19日決算特別委員会全体会−09月19日-01号

                                        上田伊津子   広聴広報課長補佐兼主任                                  澁谷 均   広聴広報課主任                                       赤間公子   財務部長                                          遊佐吉典

福島市議会 2019-09-18 令和元年9月18日決算特別委員会経済民生分科会-09月18日-01号

2款総務費、1項総務管理費、2目文書広報費、細目、広報広聴費518万4,615円の主なものは、自治振興協議会連合会補助金300万円、地区自治振興協議会交付金170万8,000円などであります。  その下、6目企画費、国際交流費2,045万5,721円は、国際交流を推進する福島市国際交流協会運営等補助金1,479万8,332円などであります。  

福島市議会 2019-09-18 令和元年9月18日決算特別委員会文教福祉分科会-09月18日-01号

幼稚園保育課幼保認定係長 こちらにつきましては、保育人材バンクの広報ですとか、あとは就職相談会、また合同面接会等、私どものほうでそういった就職、就労に関するイベントというか、開催の広報等でリビング新聞社さんのほうに月1回広告を掲載させていただく、あとは説明会の時期を見て、新聞さん、民報さん、民友さんのほうに広告のほうを載せさせていただいたり、ガイドポストさんという新聞折り込みの求人情報のところに

福島市議会 2019-09-18 令和元年9月18日決算特別委員会総務分科会-09月18日-01号

9節の旅費1,151万8,260円は、議員にかかわる出張旅費並びに本会議委員会特別委員会及び代表者会、広報委員会などの協議等の場へ出席した際の費用弁償956万7,430円と議会事務局職員にかかわる旅費195万8,030円の合計でございます。  10節の交際費40万900円は、議長の各種慶弔費、祝賀会等の会費などでございます。  

福島市議会 2019-09-17 令和元年9月17日決算特別委員会建設水道分科会-09月17日-01号

水道次長                     菊田博之   水道総務課長                    渡辺明稔   水道総務総務係長                 佐藤直樹   水道総務課管財契約係長               伊勢洋一郎   水道総務課料金係主査                二階堂信   営業企画課長                    関根卓也   営業企画課広報営業係長

福島市議会 2019-09-17 令和元年9月17日決算特別委員会総務分科会−09月17日-01号

                            上田伊津子   広聴広報課長補佐兼主任                      澁谷 均   広聴広報課主任                           赤間公子   広聴広報課主任                           酒井俊宏   情報政策課長補佐兼情報政策係長                  八島亨圭   情報政策

福島市議会 2019-09-13 令和元年9月13日経済民生常任委員会-09月13日-01号

◆山岸清 委員  これ、一生懸命広報するようなものでもないのだよな。結婚したら実印に昔の名前も入れられますよなんていうぐらいで。そうしたら、1回離婚して、2回目結婚したときはどうするのだと、旧氏はどっちの氏だなんて悩んでしまう人ばかり出てきて、実際は余りないと思うのだよね。でも、しようがないよな、これはやれというのだから。でも、疑問があるね、こういうのは。ということを申し上げておきます。