301件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

郡山市議会 2020-03-11 03月11日-08号

湖南町の販売農家のうち、直近の農林業センサスにおける専業農家数と兼業農家数について伺います。また、この販売農家において、同居している後継者がいる農家数についてお伺いします。 ②農業後継者等を育成するための施策について。 郡山市全体におきましても、農業後継者減少等は大きな問題となっていると思います。 

喜多方市議会 2020-03-03 令和2年第1回定例会(3日目) 本文 開催日:2020年03月03日

3点目ですが、全国各地では、地域おこし協力隊として農業に携わり、退任後、専業農家になる事例が見受けられますが、本市においてもこうした取り組みを実施する考えはないのかお伺いいたします。  最後、4点目ですが、農業以外にも医療・福祉等人手不足感のある業種や、空き店舗等を活用した創業等地域課題の解決に直接結びつく分野において、地域おこし協力隊制度を活用する考えはないのかお伺いいたします。  

須賀川市議会 2019-10-25 令和 元年 10月 決算特別委員会−10月25日-01号

委員加藤和記) 中核的担い手農家リストの中で、今、稲作専業農家という人たちというのは何名ほどいるのか、お願いいたします。  あと、人・農地プランについては、認可はしてもなかなかそこから、そのところから前に出ないということで、集落営農等には全くつながっていないのかなという感じはするんですけれども、集落営農に向けた動きがある地区がもしあれば、ちょっと教えていただきたいと思います。  

いわき市議会 2019-09-17 09月17日-02号

その中で、若手専業農家認定農業者、そして認定新規就農者を育成していくことや女性農業者活動支援新規就農希望者、そして定年帰農者などに対する支援など、担い手の育成・確保について提言されていますが、改めて実績ある何点かの事業について聞いていきたいと思います。 2点目として、農業次世代人材投資事業についてであります。 

矢祭町議会 2019-09-10 09月10日-02号

これは段々日本経済農業経済から今度は工業経済になってくると、当然、人口の移動が地方から集中的に都市部に移るというのが、この日本昭和の代の高度成長とともに人口も増加してきたのが日本経済でありまして、当然、農業も1棟で専業農家が矢祭町の耕作面積の少ないところは年々、一家の中でも自分のその時代に合った仕事を見つけてくるというのが、ここ昭和の後半から平成、そして令和令和になれば、もちろんこれは人口

相馬市議会 2019-09-05 09月05日-02号

新たな体制の中で、この1年さまざまな状況を鑑み、数字的には大分利用者であったり、専業農家あるいは認定農業者担い手、それぞれ遊休農地も含めて、数字的には解消されるということで、評価をしたいなと思います。 そうした中で、市長のほうに、今、議会の議決権もありましたので、この農業委員13名における任命権者相馬市長であります。そうした中で、現状1名ほど欠員になっております。

川内村議会 2019-08-16 09月10日-01号

専業農家でしっかりやっているところはなかなか、百姓というぐらいですから、いろんな仕事をやるわけです。隙間商売も始めて、いろんな仕事をしながらやっている。専業農家で子供さん4人育てて、2人も大学に出したという専業農家の方も存じ上げていますけれども、相当体をいじめないとそういうこともできてこない。 

須賀川市議会 2019-03-08 平成31年  3月 建設水道常任委員会-03月08日-01号

委員加藤和記) 農村部においても、もう専業農家の場合なんかは、高齢者夫婦でいる場合なんかは都市部自分たち生活、住居を構えたほうが生活がうんと楽だということで、若い人たち農村部農業専業でやっているのだけれども、高齢者はもう市内、市街地に入って生活したほうが非常に生活しやすいということで、親夫婦だけが市街地に来ているという話も聞いているのね。

南相馬市議会 2019-03-05 03月05日-02号

問題であると考えますので、当市の実態として現在の専業農家は何戸あるか、また専業でない農家がどれくらいあるのかお示しくださるようお願いします。 ○議長今村裕君) 質問者通告には個別の戸数世帯数についてはございませんので、通告に従った質問をお願いいたします。 15番、鈴木貞正君。 ◆15番(鈴木貞正君) 専業農家戸数でなくどういう状況になっているのかただしたいと思います。

二本松市議会 2019-03-04 03月04日-04号

代表質問の中ででも、専業農家平均年齢をお聞きしたのがございました。2,015名に対して、68.9歳とのご答弁でしたが、それについては認定農業者についても、イコールなのか。または、農業従事者というふうに枠を広げれば、何歳になるのかについてはお聞かせいただきたいと思います。 ◎産業部長佐藤俊明) 議長産業部長。 ○議長本多勝実) 産業部長

二本松市議会 2019-02-28 02月28日-02号

まず1点目が、専業農家数の人数、その人数平均年齢はいかほどになっておりますか。それから、本市生産品売り上げ上位、切りがないので5項目ぐらい挙げていただければと思います。3点目が、農業者への指導対応は、どのように本市は取り組んでいらっしゃいますでしょうか。4点目、本市の新たな生産作物、これは考えられないでしょうか。

伊達市議会 2018-12-04 12月04日-02号

農業といいましても、専業農家そして兼業農家、そして、中山間地域でやっているどちらかというと小さな農家。 農家といっても本当に大きな農家から小さな農家まであって、さまざまに多くの課題をやはり抱えていると思います。 ただ、振興策考える場合には、十把一からげでやってしまっては実はどこにも効果的にいかなくて、階層的に施策というものを打っていかなければいけないと思っています。 

平田村議会 2017-12-06 12月06日-01号

販売農家数平成12年から比較すると2割ほど減少しているが、専業農家がここ数年増加の傾向にあり、会社を退職した方が兼業農家から専業農家となっているのが原因ではないかと説明を受けました。経営耕地面積は3ヘクタールから10ヘクタールが180戸と全体の半数を占め、外国から農業実習生を受け入れるなど、村内至るところで野菜の栽培が盛んに行われておりました。