7498件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

会津若松市議会 2031-06-20 06月20日-総括質疑-05号

さらには、今回新たに提案された内容サポートサービスに関してきめ細かな対応を行うということが期待できる点ということがあります。さらには、当該事業者プロバイダー事業も提供しておりまして、一体的なサービスの提供が可能であるというようなことで、それが選定された大きな理由ということでございます。 ○議長目黒章三郎) 斎藤基議員

会津若松市議会 2029-12-10 12月10日-一般質問-03号

ただ、今私ども原の町内会のほうから外壁が特にまずい状況になっているという、ちょっとそういう相談は今受けておりませんので、その辺についてはもうちょっと情報を収集した上で、対応が必要であればそういう対応を検討していきたいと考えているところでございます。 以上でございます。 ○議長清川雅史) 古川雄一議員

会津若松市議会 2026-09-18 09月18日-一般質問-03号

そもそももともと大事なことは、集落の自主的な対応というか、我々がやってくれと言う筋合いのものではなくて、むしろ地域が自主的に自分たちの農地を守る、そういった観点からしっかり取り組んでいただける集落をこちらは支援するという形で進めてまいりたいと思っておりますので、周知その他についても引き続き対応していきたいと考えているところでございます。 ○副議長樋川誠) 髙梨 浩議員

会津若松市議会 2022-12-12 12月12日-総括質疑-05号

市民部長森川慎一) マイナンバーカードを持つ意義であったりとか、例えば手続上の問題あるいは利便性等につきまして、その内容について基本的に説明をしていくということで対応していきたいというふうに考えてございます。 ○議長清川雅史) 斎藤基議員。 ◆斎藤基議員 今の点についても委員会議論はお任せしたいと思います。 

会津若松市議会 2022-09-19 09月19日-一般質問-04号

その一つは鳥獣被害防止総合支援モデル事業であったり、あと市鳥獣被害対策実施隊から強く要請のありました駆除した鳥獣運搬用の車両の購入という、そういった要素はありますけれども、需要に応じてしっかり予算編成をしているつもりでございますので、そういった意味では現場の対応に支障が生じないような対応として予算編成を行ってきたということでございますので、今後も引き続き対応していきたいと考えてございます。

会津若松市議会 2021-06-28 06月28日-委員長報告・質疑・討論・採決-06号

沖縄県では民主的な手法で県民の意思を示してきにもかかわらず、国の対応には疑問を感じる人もいることを我々も理解しなければならないとの意見など、種々議論が交わされた経過にあります。 また、本陳情については、一部の委員より賛否の意見がありましたので、その理由の概要を申し上げます。 

会津若松市議会 2020-12-11 12月11日-一般質問-04号

6カ所のモデル地区対応していくと、またしてきたと。さらには、チラシ等々で対応した中で、少しずつは歩行者優先の認識が定着しているのではないかということで答弁をいただいたところであります。ただ、私考えたところは、まだまだやはり市民の皆さん、歩行者優先というところの定着には至っていないと考えております。

白河市議会 2020-06-24 06月24日-02号

初めに、商工費アプリでつながる商店等魅力発信サポート事業について、補助金支出先事業内容周知方法高齢者への対応について質疑があり、応募のあった市内のまちづくり会社などが提案するスマートフォン向けアプリを活用した情報発信事業に約160万円、割引クーポン券の発行や宣伝広報事業に約500万円の合計660万円を想定し、財源新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金を活用する。

郡山市議会 2020-06-19 06月19日-03号

また、労働基準法改正への対応についてでも、昨年4月に改正労働基準法が施行され、時間外労働上限規制は、臨時的な特別な事情がなければこれを超えることはできません。災害対応は、この臨時的な特別な事情に合致すると思いますが、この場合にも、限度時間にもできる限り近づけるよう努めることと厚生労働省の指針に定められています。災害対応時において超過勤務が過大とならないような対応を行っているのか伺います。 

矢祭町議会 2020-06-19 06月19日-04号

答えをさせていただきましたとおり、コロナ禍におきまして職員の体制、限られた人数の中でたくさんの計画を一度に処理していかなければならないということで、なかなか一定期間内に業務をこなしていくことが難しいということで、労務の部分だけをアウトソーシングするということで、決定権的なものは当然町が持っておりますので、全て様々な計画との調整を図りながら町で決定していくということで、ある程度その限られた職員の中で対応