4129件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

会津若松市議会 2025-06-19 06月19日-一般質問-04号

それは、災害リスクの減少に努める公助家族や近所の人たちと助け合う地域の安全はみんなで守るとの思いで、自主防災組織のような地域コミュニティー中心とした共助、そして何よりも大事なのが自分の命は自分で守る、まず自分自身がけがをせずに生き残ることが優先される自助でございます。その上で、家族周囲人たちに手を差し伸べる、助けられる人から助ける人へと進めていかねばなりません。

会津若松市議会 2022-06-17 06月17日-一般質問-02号

会津若松市を活性化するためには、まず若者や子供連れの若い家族などが遊べるところや飲食できる店をふやすことが必要です。利用する人がふえれば、昔からある歴史的建造物などを訪れる人も自然にふえるのではないでしょうか」。高校生の投書をただいま紹介いたしました。この高校生のみならず、多くの市民から会津若松市には映画館もデパートもないなどの意見が寄せられています。

会津若松市議会 2020-09-17 09月17日-一般質問-02号

一方、市は張り紙がされた同日6月22日に公衆浴場経営者家族から休業の連絡を受けましたが、改良住宅にお住まいの方に説明や話し合いの場が設定されないまま、ようやく7月1日に困っているかどうかアンケートを実施し、7月4日に他の入浴施設へ市の公用車を使い、週2回の送迎を実施するお知らせを配布しました。

郡山市議会 2020-06-23 06月23日-05号

しかしながら、厳しい状況の中、最前線で子どもや働くご家族のためにご尽力くださっている保育士対象とする手当はまだありません。緊急事態宣言下で人の集まることが全てなくなっていたときでも、保育所だけは子どもたちを預かり、接触や密集という課題を目の前にして、マスクや消毒液も不足する中、懸命に頑張ってくれていました。 ある保育所所長先生からお話を伺いました。

郡山市議会 2020-06-19 06月19日-03号

生活様式は様々に変わって、昔の社会や家族のスタイルとは違うかもしれませんが、昔より格段に便利になりました。 新型コロナによって、家族と一緒にいる時間も増えました。ステイホームでストレスを抱えている方がいることも事実ではありますが、いま一度、生活家族のこと、周りのことを考える時間をいただきました。 そこで伺います。

白河市議会 2020-06-18 06月18日-01号

また、個々の墓石を設置しないため、利用者費用負担が少なく、少子高齢化、核家族化などによりやむを得ない事情でお墓を引き継ぐことができない方でも安心して利用ができるメリットがあり、全国的にも需要が高まっております。 このような情勢を踏まえ、白河観光物産協会事業主体となり、羅漢山霊園内に昨年6月に工事を着工し、本年4月に完成をしたところであります。 ○菅原修一議長 室井伸一議員

会津若松市議会 2020-06-18 06月18日-一般質問-03号

子供介護を担う原因は、両親などの疾病もしくは障がいの種類や程度を初め家族構成、要介護者の世話に当たる子供サービス受給などの多岐にわたっています。介護を担う子供の多くは、ひとり親とともに暮らし、母子家庭であることが多い。子供には介護を担うかどうかの選択の余地はない。必然的に子供へと委ねられる。また、両親のいる家族子供介護責任と無縁なわけでもない。

矢祭町議会 2020-06-17 06月17日-02号

感染なさった方、それからその家族その地域についてということでございますけれども、まずその感染症になった本人に関しましては、症状によりますけれども、感染症指定医療機関の入院、または軽症者はホテルとか宿泊施設等、または自宅療養になるかと思っています。その後に蔓延防止を行いつつ、適切な医療を受けるような体制になっているかと思います。

平田村議会 2020-06-03 06月03日-01号

ジュピアランドひらたに子供たちが遊べる遊具施設を充実させ、家族でお弁当を広げながら、一年中遊べる憩いの場を充実させてはどうでしょうか。村長に伺います。 2項目めであります。障がい児の預かり事業について。 石川管内には、特別支援学校石川町に、分校として玉川村にあります。平田村からは6名の子供たちが親の送迎で通っております。

川内村議会 2020-05-19 06月10日-01号

4点目の外出自粛による食品等購入困難な高齢者世帯への対応についてでありますが、地域包括支援センター職員生活支援相談員安否確認を行いながら訪問等を行っておりますが、支援が必要な高齢者日常生活品確保状況は、家族日常生活用品を調達して定期的に届けている世帯移動販売車で調達している方々など、毎日調達する必要がないように、それぞれ工夫して生活しているとの報告を受けております。

福島市議会 2020-03-25 令和 2年 3月定例会議−03月25日-07号

家族の在り方は多様であり、当事者の自由な選択に任せるべきです。よって、請願第2号は採択すべきです。  次に、国に対し「女性差別撤廃条約選択議定書のすみやかな批准を求める意見書提出方についての請願について、賛成する立場で討論します。  女性差別撤廃条約選択議定書は、1999年10月の国連総会で採択された国際文書です。

郡山市議会 2020-03-18 03月18日-09号

市の中心部に位置する郡山市を代表する公園として、面積自体が決して広いわけではない中、スポーツ、催物など多用途に使用される一方、市民の散策や家族などの憩いの場として親しまれている施設であり、また、公園周囲に多数の飲食店、コンビニなどの売店が存在することから、公園の一部を割愛してまで新たな飲食店などを造る必要性は高くないというのが私たちの認識です。