581件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

会津若松市議会 2022-09-07 09月07日-一般質問-04号

そこで、デジタル防災サービス必要性安否確認避難誘導について市が求めているものは何かお聞かせ願います。 第3として、食農分野地産地促進策需給マッチングサービスをどのように展開させられるのか、最終的な目標をお示しください。 第4に、観光DX、デジタルトランスフォーメーションサービス必要性可能性について、市の認識をお尋ねします。 

会津若松市議会 2022-03-22 03月22日-委員長報告・質疑・討論・採決-07号

反対意見2つ目としては、議会費において、安否確認ペーパーレス化の推進などのために、市議会議員タブレット端末を貸与する経費が計上されているが、議員の個人的な活用が可能である。議員については政務活動費が支給されており、さらに税金を使うことには市民の理解が得られないと考える。また、衛生費には、フッ化物洗口に係る経費が計上されている。

郡山市議会 2022-03-08 03月08日-06号

その中で私が興味を持ったのが防災に関する取組で、同構想のスーパーシティ戦略特区)となっている場所において規制緩和できる点を活用し、自然災害発生時に、住民GPS機能を有したスマホなどを持っている場合に、その位置情報を強制的に取得し、逃げ遅れ確認行方不明者の追跡、避難状況確認などに活用し、住民旅行者安否確認避難誘導活用できたら都市として魅力が増すというものが講演で紹介されておりました。

郡山市議会 2022-03-07 03月07日-05号

それらの要介護者に対しましては、ケアマネージャーサービス事業所かかりつけ医行政が連携し、支援体制を構築して介護医療サービス必要性を十分に検討した上で、徘徊などの問題行動により在宅介護が困難なお一方をショートステイ利用につなげ、また在宅介護が可能なお二方には、介護者が退院するまでの間、安否確認健康観察を兼ねた訪問介護訪問看護利用回数を増やすなど、サービス利用調整を行ったところであります

矢祭町議会 2021-09-15 09月15日-03号

そこで、発症者が出た場合、町の対応について、昨日は個人情報なのでという形で、福祉課長のほうから連絡はありましたけれども、県南保健所との連携、自宅療養者が出た場合の安否確認支援などについて伺っていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。 ○議長藤田玄夫君) 町民福祉課長大森秀一君。 ◎町民福祉課長大森秀一君) それでは、ただいまの質問にお答えいたします。 

郡山市議会 2021-09-13 09月13日-05号

このことから、福島県では、国から法令上の根拠が明確に示されるまでの間、災害時の捜索救助活動円滑化、早期の安否確認等の観点から、2021年2月25日に災害時による行方不明者・死者の氏名等公表に係る対応方針を策定し、同日付で福島危機管理部長より各市町村長はこの対応方針により運用することとする通知が発出されたところであります。 

郡山市議会 2021-09-09 09月09日-03号

対応につきましては、ケアマネジャーサービス事業者かかりつけ医等と連携し、要介護者介護度既往歴、心身の状態に加え、家族親類縁者状況等を考慮した上で介護医療サービス必要性を検討し、在宅が困難な方お一人につきましてはショートステイを手配し、また、在宅が可能であったお二人につきましてはケアマネジャー訪問サービス事業者にご協力をいただき、介護者が退院するまでの間、1日2回の健康観察に加え、安否確認

本宮市議会 2021-09-06 09月06日-02号

自主防災組織活動の一つといたしまして、独り暮らし高齢者や、寝たきりや障がいをお持ちの方の安否確認を実施していただいているところもございますので、今後そういった事例を紹介しながら、さらに普及促進を図ってまいりたいと考えております。 市といたしましては、避難指示が発令される前に、警戒レベル3の高齢者等避難を出させていただき、高齢の方や避難に時間を要する方は安全な場所避難を開始していただきたい。

会津若松市議会 2021-06-17 06月17日-総括質疑-05号

また、緊急通報装置による通報電話による安否確認サービスを希望する場合には、市の緊急通報システムに移行させていただく予定でございます。そのほかに、市内の他地域と同様にデイサービスやヘルパーの利用地域サロン、ボランティアなど、個々の状況に応じてそれぞれのサービスの提供を廃止までにしっかり支援していきたいというふうに考えてございます。 以上でございます。 ○議長清川雅史) 斎藤基議員

会津若松市議会 2021-06-14 06月14日-一般質問-02号

支援等実施者役割につきましては、要支援者安否確認避難支援が主なものとなりますが、まずは本人や家族の生命を守ることが大前提となることから、要支援者避難支援に関する法的な責任や義務は生じないものであります。 次に、避難支援が必要とされる方の把握状況個別計画作成状況についてであります。

南相馬市議会 2021-03-09 03月09日-03号

健康福祉部長岡田淳一君) 緊急通報システム事業協力員については、救急時の安否確認を速やかに行っていただく必要があるため、対象者親類や同一行政区内のお住まいの方など対象宅へかけつける際の所要時間が車で10分以内であるという要件を1つの基準として登録を行っております。また、協力員対応できない場合につきましては、各地区民生委員安否確認等の対応を依頼しているところでございます。

白河市議会 2021-03-05 03月05日-04号

邊見正則市民生活部長 地震による大規模災害は、東日本大震災でも経験しましたが、市、消防、警察など、公的機関が迅速な救助、援助が困難なことから、自助であります、自分を守り、備蓄品を備える、さらには、隣近所声かけ高齢者ひとり暮らし安否確認、町内会自主防災組織など互いに協力し助け合う共助がとても重要なことと考えております。 

本宮市議会 2021-03-05 03月05日-02号

また、災害後の安否確認等についても、この名簿を活用いただいたところであります。 なお、避難誘導ということに関しまして、令和3年度から居宅介護支援事業所ケアマネジャーのご協力をいただきながら、要介護者個別避難計画を策定していくこととしております。マイタイムラインを作成し、災害時に活用していく予定でございます。 

相馬市議会 2021-03-04 03月04日-02号

また、自主防災組織は、災害から自分たち地域自分たちで守るための自発的な組織であり、災害発生の際、地域住民安否確認、避難時の地域住民同士による声かけ等、地域住民協力して活動をしております。 市消防団は、今回の地震発生直後から、団長の指揮の下、各分団において人的被害、建物、道路、土砂崩れ等被害情報収集活動を行いました。 

郡山市議会 2021-03-04 03月04日-05号

そうした中、さきの令和元年東日本台風で被災しました赤木、水門町、安積、富久山、田村地区など多くの町内会においても、地域住民安否確認各住宅の被害状況確認各種情報連絡を担っていただくなど、自ら被災されながら地域を守る活動共助の核として取り組んでいただいていることに改めて敬意を表し、また感謝を申し上げる次第でございます。 

平田村議会 2021-03-03 03月03日-01号

また、災害後は安否確認をしていただきました。 先日の地震の際には、深夜の発生だったために、翌日早朝に、ひとり暮らし高齢者高齢者世帯、要援護世帯など274世帯に対し、職員が電話確認しました。電話応答がなかった51世帯について、民生委員社会福祉協議会に依頼し、訪問による確認を行い、全員の安否把握いたしました。 

伊達市議会 2021-03-02 03月02日-02号

まず、把握というところでございますが、令和2年4月から地域包括支援センターによる高齢者独り暮らし、二人暮らし世帯への家庭訪問電話等を通じての安否確認健康状態確認を行っているところであります。 また、緊急通報装置貸与事業利用者236人に対しまして、令和2年4月より安否確認、健康状態確認を月1回ないし2回行っているところであります。 

会津若松市議会 2021-03-02 03月02日-一般質問-03号

機器を利用した高齢者の見守りとして、現在緊急通報システムがありますが、ICTやIoTの活用も将来有望な安否確認の手法であると認識しております。LED電球活用した見守りシステム導入支援につきましては、今後先進地の事例や民間のサービスを参考にしながら研究してまいりたいと考えております。 次に、口腔ケアについてであります。