542件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

会津若松市議会 2026-12-09 12月09日-代表質問-02号

毎年2月には関西学院大学小西教授を迎え、財政セミナーを開催しています。平成25年度から臨時財政対策債と起債のあり方について研究してきました。その研究を2年ごとに政策討論会第1分科会中間報告最終報告にまとめ、毎年度財政分析を作成しています。この研究を通しての問題発見は、臨時財政対策債をどのように考えるかでした。

南相馬市議会 2020-03-25 03月25日-06号

初めに、R5ひとり親家庭総合支援事業予算額が前年度当初よりも約500万円増えている理由についてただしたところ、増えた要因として、ひとり親家庭高等職業訓練給付金等事業にかかる准看護師資格を取る方が年々増加傾向にあり、全て公立双葉看護学院に通われているひとり親家庭の方になっている。この方々の活用が増えた見込みに応じて、令和2年度対前年比約500万円程度の金額を増額計上したものとの答弁。 

南相馬市議会 2020-03-12 03月12日-05号

続きまして、4款衛生費、1項保健衛生費、1目保健衛生総務費、31公立双葉准看護学院運営費負担金予算額が減額となった理由についてお伺いします。それから、就職状況についてお伺いいたします。 続きまして、4款衛生費、1項保健衛生費、1目保健衛生総務費、58南相馬市鹿島区不採算地区公的病院等運営費補助金でございます。

福島市議会 2020-03-10 令和 2年 3月定例会議-03月10日-04号

本市では今後、県との連携を図るとともに、福島学院大学近隣介護専門学校等連携し、学生職場体験の実施をするなど、より効果的な介護人材確保対策に努めてまいります。 ◎こども未来部長髙橋信夫) 議長こども未来部長。 ○議長梅津政則) こども未来部長。      【こども未来部長髙橋信夫)登壇】 ◎こども未来部長髙橋信夫) お答えいたします。  

川内村議会 2020-02-13 03月10日-01号

行政報告の本題に入りますが、衛生関係についてですが、公立准看護学院平成29年4月に開校して、令和2年3月に第2期生10名が卒業式を迎えました。また、令和2年度の応募状況でありますが、定員30名に対し12名の応募があり、試験結果11名の合格を発表したそうであります。定数に満たないことから第二募集をしているそうであります。 

喜多方市議会 2019-11-28 令和元年第7回定例会(1日目) 本文 開催日:2019年11月28日

次に、去る11月3日、「会津盆地北西部地域文化財調査成果周知事業シンポジウム 灰塚山古墳の埋葬者』」と題して、辻 秀人東北学院大学教授らに調査報告をいただいたところであります。  以上、市政執行の主な点について要約してご報告を申し上げました。  次に、提出議案の概要について申し上げます。  

郡山市議会 2019-09-26 09月26日-04号

9月22日付の福島民友新聞に「女性と自認、入学可能に」とのタイトルで、私立の宮城学院女子大学では、戸籍上は男性ではありますが自身を女性と認識しているトランスジェンダーの学生入学を2021年度から認めると表明する記事が掲載されておりました。私立大学では全国初となり、国立校では、お茶の水大学と奈良女子大学が来年4月から受け入れを始めるとのことであります。

伊達市議会 2019-09-11 09月11日-03号

デザインにつきましては、福島学院大学学生にお願いいたしまして、若者の目線でデザインを考えていただきました。通常選挙人名簿に登載された人までを対象にしているところですが、今回の参議院議員通常選挙の啓発ということもございまして、選挙当日までに18歳になる有権者予定者を含めましてはがきを送付してございます。 

南相馬市議会 2019-09-09 09月09日-02号

一方で、人を育てるという視点も大事でありまして、特に介護士関係とかについては、相馬看護専門学校もさることながら、最近双葉准看護学院が開いたということで、地域内である程度安定的に地域の人が学校に入って資格を取って卒業してくるという姿が見えてきた分野もありますので、こうした地域の中で人を育てていく、介護人材についてもこれまでもこうした取り組みを行っております。

南相馬市議会 2019-06-20 06月20日-04号

改めてイノベーション・コースト構想とも絡む中で、県の施設がいいのか、国立がいいのか、あるいはそうした技術の件、さらには、看護学校関係双葉准看護学院再開南相馬で行うということでの広域連携成果も出ておりますので、こうした将来に向けての投資といいますか、協議をしっかりと進めたいと思っております。 ○議長今村裕君) 20番、平田武君。

川内村議会 2019-05-20 06月11日-01号

次に、衛生関係についてですが、まず、双葉准看護学院について、去る3月5日に卒業式が挙行され、再開後初の19名が、医療人として卒業したところであり、また、4月12日には、入学式が挙行され、定員30名に対し、16名が入学との報告でございました。 次に、斎場整備について説明があり、広野折木候補地について、広野町と協議を重ね、引き続き、地域住民合意形成を図るとの報告でございました。