420件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

福島市議会 2021-03-05 令和 3年 3月定例会議−03月05日-02号

このため、地域社会全体で子供子育てを応援していくという市民意識醸成を図るとともに、本市の実情に即した独自施策の基本的な方向性を規定し、子育て環境整備に総合的、継続的かつ安定的に取り組み、子育て教育なら福島市と称されるまちをつくるため、福島子どもえがお条例を制定しようとするものであります。  

相馬市議会 2021-03-04 03月04日-02号

そのほか市長の挨拶の中で、他自治体からの応援職員の派遣、災害廃棄物処理状況放射能対策子育て環境充実高齢者福祉、そして障害者福祉についても述べられました。その中から3項目ほどお伺いいたします。 初めに、子育て環境充実に向けて、放課後児童クラブ待機児童を解消するため川原児童センター分室を4月1日からオープンするとあります。

会津若松市議会 2021-02-25 02月25日-議案提案説明-01号

令和3年度の一般会計予算は、新型コロナウイルス感染症の影響や市民ニーズに柔軟に対応しながら、「第7次総合計画」に基づく、市民生活の安全・安心確保子育て環境充実産業振興地方創生取組など、将来に向けたまちづくりを着実に推進するため、中期財政見通しを踏まえた歳入に見合った歳出構造の堅持に努め、健全な行財政運営に資するよう編成したものであり、市税をはじめ、地方交付税国庫支出金、繰入金、市債等

郡山市議会 2020-12-17 12月17日-06号

なお、審査の過程で、子育て環境整備費に関し、結婚新生活支援事業実施経緯について、放課後児童クラブ費に関し、地域子ども教室からの移行について、児童福祉総務費に関し、保育士宿舎借り上げ支援事業の実績について、学校給食費に関し、給食費2分の1補助継続見通しについて、繰越明許費補正中、保育ビジョン策定事業について、公立保育所改修事業について、債務負担行為補正中、清掃業務委託料令和2年度)について、

郡山市議会 2020-12-10 12月10日-04号

以上、今まで言わば量的にどのように拡充させていただいたかと申し上げましたけれども、子育て環境によりまして、あるいは子どもたちの親御さん、保護者考え方、あるいは子どもたち考え方コロナ環境下で様々な変化がありますので、今後ともよく保護者、あるいは児童生徒考え方なり生活様式がどのように変化していくか、それをよく見極めまして、言わばこれまでの施策質的充実に努めてまいりたいと存じております。 

本宮市議会 2020-12-07 12月07日-03号

今、学校等ではICTを利用した対応を進めておりますが、将来的には、保育士皆様方労働環境の改善のために、そういったICT環境を導入しながら、保育士負担軽減に努め、そういった中で、本市子育て環境魅力をアピールしながら、さらなる保育士確保に努め、待機児童ゼロを目指してまいりたいと思っております。どうぞよろしくお願いしたいと思います。 ○議長渡辺由紀雄君) 17番、渡辺忠夫君。

本宮市議会 2020-12-04 12月04日-02号

また、スクールゾーン設定により通学環境向上、さらには子育て環境向上につながることを踏まえ、子育て環境のよい本宮市の実現に向け協力されますことを期待しております。 以上です。 次は、大項目2番、令和元年東日本台風による災害への対応についてです。 中項目1、旧町内における空家・空地問題への対応はです。 

相馬市議会 2020-12-03 12月03日-02号

4点目は、各小・中学校でのICT機器を活用した教育内容充実、リーディングスキルテストによる学力向上及び子育て環境充実に取り組むこと。 5点目は、東北中央自動車道相馬福島道路全線開通を踏まえて、復興市民市場尾浜こども公園スポーツ施設を活用した交流人口の拡大及び地域経済活性化に取り組むことであります。 

会津若松市議会 2020-09-18 09月18日-委員長報告・質疑・討論・採決-03号

そのため、会津若松市子ども子育て支援事業計画の中でも、ニーズ調査では公園冬期間、雨天時の屋内遊び場について多くの意見、要望が寄せられたとした上で、遊び場整備子育て環境充実を図る上で効果的、屋内遊び場に関しては情報を発信するとともに、子供子育て世代のための施設整備の中で検討していくとの記載があります。

福島市議会 2020-09-15 令和2年9月15日決算特別委員会建設水道分科会-09月15日-01号

2番の社会資本整備総合交付金事業費でございますが、老朽化した遊具を最新の安全基準に準拠したものに更新し、子育て環境向上と安全安心施設充実を図ったもので、内訳記載のとおりでございます。  3番の御倉邸費でございますが、NPO法人御倉かいわいまちづくり協議会指定管理者として施設管理運営を行っており、経費等内訳記載のとおりでございます。  

福島市議会 2020-09-09 令和 2年 9月定例会議-09月09日-04号

本市は、子育てするなら福島市を掲げまして、待機児童対策あるいは幼児教育保育の質やサービスの向上充実した学習環境整備など、子育て環境充実に精力的に取り組んでまいりました。重点施策にあるように、子供や親が笑顔あふれるための一つとして、子も親も福島市にいてよかったという喜びや安心感などが必要であると考えます。

相馬市議会 2020-06-12 06月12日-03号

5つ市民活躍で持続可能なまちへとの視点で、健康増進による元気な高齢者社会参画子育て環境整備による女性の活躍自主防災組織による災害に強い地域づくりなど、多くの市民が各分野にわたり、まちづくりに関わっていくことができる環境整備社会醸成に取り組むことであります。 また、このような5つ視点の下で、第2期相馬地方創生総合戦略において新たに設定した事業は、次の16事業となっています。 

福島市議会 2020-06-05 令和 2年 6月定例会議-06月05日-02号

もとより移住定住の地として選択されるためには都市ブランド向上が重要であり、今後、応援型ふるさと納税への転換など、シティープロモーションを強化しながら、本市の暮らしや仕事、住まいや子育て環境などの情報発信UIJターンへの積極的な支援を実施してまいります。 ○議長梅津政則) 二階堂利枝議員

福島市議会 2020-03-10 令和 2年 3月定例会議-03月10日-04号

放課後児童クラブの増設や学校耐震化スピードアップ化、また指標外ではありますが、待機児童数についても大幅に解消されていることから施策の効果が上がっている一方で、子供学力等に係る指標など、達成率が低い指標も多いことから、次年度におきましても子ども子育て新ステージ2020推進事業待機児童対策推進パッケージにより子育て環境充実を図るとともに、ICT教育フューチャービジョン推進事業や机・椅子リニューアル