4949件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

会津若松市議会 2031-06-20 06月20日-総括質疑-05号

電子黒板のメリットについてご説明しますが、まず画像と音声を非常に有効に取り入れた授業ができますので、子供たち集中力、これについては非常に増します。それから、見やすく説明がわかりやすいので、知識理解あるいは専門家の技術を映像で映すことによって、技能的な面の取り入れも非常にわかりやすいので、その部分は身につくと。

会津若松市議会 2029-12-10 12月10日-一般質問-03号

認可保育所認定こども園幼稚園等を利用する3歳から5歳までの全ての子供対象となり、子育て世代にとってうれしい改正となりました。しかし、市が設置主体となっている僻地保育所では、3歳から5歳の子供であっても、保育の必要のない子供無償化対象外となっている実態があります。このことについて、市の認識課題についてお答えください。 

会津若松市議会 2026-09-18 09月18日-一般質問-03号

それによると、県立病院跡地には屋内の子供遊び場や公共的な子育て支援子育て情報の発信、多世代交流の場をメーンとする子供遊び場子育て支援施設。サブとして、子供の屋外での遊び場や軽運動を楽しめる空間としての施設である広場や緑地飲食店やカフェ、映画館、小規模な物販店舗など、多様な交流が期待できる施設施設利用者観光客などのために、情報提供施設や駐輪場を含む駐車場

会津若松市議会 2022-09-19 09月19日-一般質問-04号

子供の健全な発達を支える上で栄養バランスのいい給食は重要な役割を果たしますが、無償化によって給食費の心配がなく、平等に全ての子供たち給食が提供できることは望ましいことです。憲法第26条において、「義務教育はこれを無償とする」とされています。しかし、現実には無料なのは授業料と教科書に限られており、保護者経済的負担は大きいのです。

会津若松市議会 2020-12-11 12月11日-一般質問-04号

1点目は、地域による子供の育成について、子供子育て家族を支える地域づくりです。子育てに関することわざに子は宝という言葉があります。その言葉にはとても深い意味があります。子供は、親にとっての宝であるだけでなく、社会にとっての宝でもあります。将来子供たちは、世代を超えて力を合わせて社会を築いていく存在になります。子供は、社会の宝物として考え、大切に育てるべきです。

会津若松市議会 2020-10-03 10月03日-委員長報告・質疑・討論・採決-06号

また、県立病院跡地には子供遊び場子育て支援機能中心とし、駐車場緑地などを整備する構想だが、庁舎検討懇談会が示した人の流れはどのように変わると思っているのかに対し、県立病院跡地の利活用をすることにより、鶴ケ城周辺におけるにぎわいがこれまで以上に増加することを期待するが、庁舎検討懇談会が示した人の流れを大きく変えることとなるといった意見とは別なものと捉えているという答弁です。 

郡山市議会 2020-06-23 06月23日-05号

次に、新型コロナ禍社会を学ぶ機会の創出についてでありますが、本市教育委員会では、5月15日発出の郡山市立学校の再開についての中で、文部科学省が4月に作成した指導資料新型コロナウイルス感染予防 子供たちが正しく理解し、実践できることを目指して」を活用し、児童生徒発達段階に応じて、新型コロナウイルス感染症の正しい理解や新しい生活様式実践例等について指導充実を図るよう、各学校に通知したところであります

郡山市議会 2020-06-22 06月22日-04号

また、今定例会補正予算議案には「子供学びを保障するICT整備」が提出されています。「オンライン学習環境整備」であるとのことです。 それでは、以下お伺いします。 (1)オンライン学習環境整備について。 この間の新型コロナウイルス影響で、学校休校となり、全国自治体では、オンライン授業に取り組まれている状況が報道されていました。

会津若松市議会 2020-06-18 06月18日-一般質問-03号

子供の遊びについての意見では、中心市街地周辺部でも子供が少なくなっているとの意見が出されています。集落内に子供がいないので、遊ぶ相手がいないが、親の私が就労していないので、こどもクラブに通わせることができません。そこで、ことしから開催される放課後子ども教室に期待している。以前はこどもクラブがなく、習字教室に通うことで子供交流をしていた。現在はこどもクラブで遊ぶことができる。

平田村議会 2020-06-09 06月09日-02号

◆11番(三本松和美君) では、私から質問をしたいと思いますが、18歳以下の子供を持つ世帯への対応は、今回、私も評価をしています。しかし、今、高橋議員も言われているように、実質引上げというふうな状況になっておりますので、国民健康保険税負担が抑えられるような税率の改正をしていただきたいと思っていますが、その改正をする考えはありませんか。 ○議長(吉田好之君) 住民課長

平田村議会 2020-06-03 06月03日-01号

また、こども園においても、通常保育に戻し、子供たち感染予防に十分配慮した保育が行われております。 当面は、新型コロナウイルス感染症に対応し、制限された中での教育活動保育活動となりますが、常に子供たちの安心・安全を第一に考え、以前のような学校生活園生活を取り戻す日まで、しっかりと対応していきたいと思います。 こども園建設については、5月末現在、62%の進捗率で工事が進んでおります。