218件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

福島市議会 2019-03-15 平成31年3月15日予算特別委員会建設水道分科会-03月15日-01号

水道事業管理者 東京都水道局がやはり日本で一番大きな事業体で、しかもやはり最先端の技術、それから水道局本体と外郭団体としての企業も一緒に持っているのですけれども、そういった大きな企業体の中で、今広域という話ありますけれども、東京都はもう既に一本の広域の事業体としてやっていまして、やはりあそこの技術力というのは日本の中の最先端のところを行っています。

福島市議会 2019-03-15 平成31年3月15日経済民生常任委員会−03月15日-01号

◎あらかわクリーンセンター施設係長 今のご質問なのですが、資格については環境省外郭団体でやっている講習があって、そこで横浜と仙台とで両方1週間ぐらいずつ、合計2週間かけて取ります。その職員というのは、あくまでも電気技術職員でありまして、法に定められているような人でなくとも、資格の取得が可能であるということでございます。

福島市議会 2019-03-15 平成31年3月15日総務常任委員会-03月15日-01号

ことしは、テーマ2つほどございまして、外郭団体財務に関する執行、あとは補助金の支出に関する事務の執行ということですので、その辺を関係します出資団体の担当者、また今度は補助金であれば市の担当者と、まずは資料を出していただいて、内容を見て、わからない部分をヒアリングをして、内容を精査して、確認をしていくと、そういったことをやっていただいております。

福島市議会 2018-12-14 平成30年12月14日文教福祉常任委員会-12月14日-01号

団体の概要のところでここは管理運営をしているというのが2番目にあって、あとは緑地造成だとか緑地管理の委託をしているということなのですけれども、これ管理運営しているのはほかにあるかもしれないですけれども、県の関連の外郭団体なので、民家園以外にどの辺がやっているのですか。 ◎文化文化財係長 都市公園・緑化協会で管理しております施設、一番大きなのが佐原にありますあづま運動公園です。

福島市議会 2018-09-19 平成30年9月19日決算特別委員会文教福祉分科会−09月19日-01号

生涯学習課長補佐 こちらは、環境省外郭団体補助金になっております。 ◆梅津政則 委員  外郭団体になると、この財源内訳で国、県支出金ではなく、雑入というふうになるということなのですね、これ。  関連で聞きますが、この清水学習センター太陽光のやつって、これは設備容量と売電先とかというのはもう決まっているのですか。設備容量は当然決まっているのでしょうけれども、まず設備容量を教えてください。

会津若松市議会 2018-09-11 平成30年  9月 定例会-09月11日−一般質問−03号

広域観光を推進しなければ高山市のインバウンドも成功しないという中で、飛騨高山ウルトラマラソンなんていうようなことも多くなったり、さらには市があえて国の外郭団体職員を派遣する、外国に派遣、出向させるというような取り組みを行っています。市みずからが汗を流しながらその戦略の中心に立とうとしている、このことが本市においてはどうなっているのか伺いたいと思います。  それから、ふるさと納税であります。

郡山市議会 2018-03-08 郡山市議会 会議録 平成30年  3月 定例会-03月08日−06号

このように、郡山市外郭団体、特に外部委託事業は、これは全国でもいろいろ課題もあり、見直しも進めてあります。ですから、郡山市の現状をちゃんと評価することも大事ですが、ほかの自治体の現状をきちっと評価し、参考にする。郡山市だけ特別なやり方だ、これは困ってしまうわけでしょう。  そこで、今、参考事例としてつくってまいりました。

会津若松市議会 2017-12-13 平成29年 12月 定例会-12月13日−一般質問−04号

そういう意味からいたしますと、例えばですが、内陸型の地震あるいは洪水災害、こういったものが特に浸水想定区域の見直しなども行われましたので、そういったことをテーマとしながら、例えば県の防災専門官あるいは関係団体の講師の派遣、国の外郭団体などにもさまざま消防防災に係る組織等で実施している研修等もございます。

喜多方市議会 2017-12-06 平成29年第8回定例会(4日目) 本文 開催日:2017年12月06日

即効性というようなお話もありましたが、グリーン・ツーリズムでは「JICE」という外務省外郭団体があるのですが、そこを通じて、学生の方々を中心に、本市に来ていただくような取り組みをさせていただいているところでありますので、そういったことも連携しながら、さらなるインバウンド対策についてはつなげてまいりたいと考えております。

須賀川市議会 2017-03-10 平成29年  3月 予算常任委員会−03月10日-01号

建物貸付料928万8,000円と外郭団体光熱水費等の負担金238万8,000円の内容についてお聞きします。 ○委員長(大寺正晃) ただいまの鈴木委員の質疑に対し、当局の答弁を求めます。 ◎行政管理課長(高橋勇治) すみません。まず、建物貸付料でございますが、これにつきましては、新庁舎に係るテナント等の入居後に対する貸付料が主な貸付けの収入となっております。  

会津若松市議会 2017-03-01 平成29年  2月 定例会-03月01日−一般質問−04号

全ての外郭団体に対し、市でも堂々と天下りが行われてきた。  そこで市長に聞く。合理化の進んでいる市町村では、職員数は人口の約0.5%くらいにまで減っている。本市にこの数字を当てはめると約600人ということになるが、9万5,000人になるとさらに425人にまで減ることになるが、市長は人口減少に対し、適正な職員数をどのように考えているのか示せ。  

須賀川市議会 2016-12-16 平成28年 12月 総務常任委員会−12月16日-01号

先ほどありましたように、当初は1階とか2階についてはシャッターを入れる予定でございましたが、2階の土地改良区につきましては、市の外郭団体ということの入居ということで、当初は設定していなかったところでございますが、やっぱり改良区も必要だということで、協議を重ねていく中であったものですから追加いたしまして、4階についても当初は電動シャッターではなくて、ちょっとすみません、ちょっと今手元にないものですけれども

白河市議会 2016-12-14 平成28年 12月 定例会-12月14日−02号

◎田子重夫表郷庁舎振興事務所長 表郷庁舎における時間外勤務の主な要因といたしましては、消防団や地区交通安全協会など、各種外郭団体事務局として夜間の会議や各種事業活動の実施のほか、地域で開催されるイベント運営及びイベント準備に係る事務などを行うため、超過勤務が発生しております。  時間外勤務の対策につきましては、先ほどの総務部長の答弁と同様であります。 ○高橋光雄議長 金沢大信庁舎振興事務所長。

郡山市議会 2016-03-15 郡山市議会 会議録 平成28年  3月 建設水道常任委員会-03月15日−02号

あと、地元企業の関係ですが、例えば、大都市等では外郭団体等でやっているところもあります。あとは、余り大きな都市でなければ技術面を含めた中で共同企業体、窓口関係と技術的な部分、共同企業体ということで、これも実際地元のサービス会社が入っているかどうかというのはなかなか難しいですが、共同企業体ということで企業を地元につくるという形式でやっているところもあります。

須賀川市議会 2015-12-17 平成27年 12月 定例会-12月17日-06号

審査の中で、本案に係る具体的な事務の連携方法等について質疑があり、国や他の地方自治体とやりとりをするシステムを庁内に構築し、その中で宛名統合サーバーを通し処理すること、総務省外郭団体が中間サーバーを今、整備しており、ほかの地方公共団体、国とのやりとりについては、それを経由し専用回線でやりとりをする予定のこと、庁内の連携についてはクローズドシステムでやりとりする予定であり、個人を識別するために直接12

須賀川市議会 2015-12-11 平成27年 12月 総務常任委員会-12月11日-01号

行政管理課長(高橋勇治) これにつきましては、総務省外郭団体になりますJ-LISという機関で、そこが中間サーバーというものを今、整備しておりまして、ほかの地方公共団体、国とのやりとりにつきましては、そこのサーバーを経由しまして、LGWANという専用回線でやりとりする予定でございます。  

須賀川市議会 2015-06-10 平成27年  6月 定例会-06月10日-04号

また、その他地元区長会、明るいまちづくりの会、体育振興会や文化団体、婦人会など多種多様な外郭団体とも密接なかかわりを持って、さまざまな事業を展開しているところでございます。 ◆4番(石堂正章) 答弁では、各地区の特性に合わせた運営を主眼とした各種教育事業、また貸館事業を推進しながら、昨年度の累計では19万5,000人余の市民が利用していたとのことでございました。