1192件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

須賀川市議会 2020-04-27 令和 2年  4月 文教福祉常任委員会−04月27日-01号

よく報道とかで、医療従事者の方のお子さんは来ないでくださいとかという話を、聞くんですが、須賀川の状況で、そういう拒否とかはないんですか。 ○委員長(大寺正晃) ただいまの浜尾委員の再質疑に対し、当局の答弁を求めます。 ◎こども課長板橋圭寿) 須賀川の各保育所の状況を聞いておりますと、そのようなことは全く、医療従事者だから断るということはないです。

喜多方市議会 2020-03-26 令和2年第2回臨時会(1日目) 本文 開催日:2020年03月26日

その受け皿は今全国的にもテレビ報道されていますが、開校して学校で見ている、そういった状況もあろうかと思いますので、そのことで十分今後実態調査をしながら進めていっていただきたいと思いますが、それについてはいかがですか。 ◯議長(齋藤勘一郎君) 答弁を求めます。  

喜多方市議会 2020-03-17 令和2年第1回定例会(7日目) 本文 開催日:2020年03月17日

さらに、報道によりますと、ここまで無理をした閣議決定の背景には、米国の顔色をうかがい、とにかく自衛隊派遣を実現したい政府の思惑があるとの指摘もあります。  そして、何より現在の緊張の大もとは、米国がイラン合意から一方的に離脱したことが発端だとの見方もあります。

福島市議会 2020-03-10 令和 2年 3月定例会議-03月10日-04号

さきの報道では、去年秋の教員採用試験福島県の倍率が小学校で1.7倍と、初めて2倍を下回ったとされました。県教育委員会は、これまで50歳以下としている年齢制限を、来年度の採用に向けた今年の試験から59歳以下に引き上げるとも報道されましたが、実効性のある対策とは何とも言い難いものがございます。  そこで、お伺いいたします。

須賀川市議会 2020-03-09 令和 2年  3月 総務生活常任委員会−03月09日-01号

◆委員(溝井光夫) 新聞報道に出されています負担率という数字あります、0.9とか0.7とか。あの数字が低くなればなるほど、税収、課税するものに対しての割合が下がっていくというそういう見方なんでしょうか。ちょっとお伺いします。 ○委員長(本田勝善) ただいまの溝井委員の再質疑に対し、当局の答弁を求めます。

須賀川市議会 2020-03-09 令和 2年  3月 産業建設常任委員会-03月09日-01号

今現在、先日、安倍首相のほうで中小企業、小規模事業者に対する支援策ということで、無利子・無担保融資制度、こういったものも報道がなされたところでございますので、市といたしましては、この感染症拡大をまずは防止に全力を挙げるとともに、引き続き商工労政課といたしましては、市内事業者の影響状況、こういったものを情報収集しながら、国・県の支援策、こういったものを踏まえて、市としての支援の在り方について、今後、

福島市議会 2020-03-06 令和 2年 3月定例会議-03月06日-02号

また、新聞報道によれば、今後の災害への備えとして、自治体に求めるものは、河川堤防整備が最も多く、39.1%、次に避難情報の適切な発信が22.7%、水、食料供給体制の強化が11.7%となっておりました。県の管理する河川では33か所で堤防が決壊し、多くの人命や家屋が失われました。そのため、河川堤防整備の要望が多いのも理解できるところであります。  

須賀川市議会 2020-03-05 令和 2年  3月 定例会-03月05日-04号

いわき市、本宮市でも検証作業を行うとの新聞報道がされておりました。当市においても、台風19号で越水による外水被害を経験しました。外水被害をどう取り扱うのか、リスク管理設定ですが、今後の政策水害対策マニュアルの策定に向けて検証作業は不可欠と思われます。住民の避難行動意識の分析等も欠かせない要件だと思います。  3月末で対策本部を構成する4名の部長が定年を迎え、生活課長も定年となります。

喜多方市議会 2020-03-05 令和2年第1回定例会(5日目) 本文 開催日:2020年03月05日

ただし、やはり私が気になっていたことは、国土強靭化地域計画新聞等にも報道されました。本市も計画中だと。県はもう既に策定して、それに基づいて予算もつけて、大体、今までの倍くらいの予算をつけて、水防、水害対策中心に行っていくと。本市の河川も当然対象になっていると思われます。  そうしますと、現在、想定される問題は、本川はよいと。

須賀川市議会 2020-03-04 令和 2年  3月 定例会−03月04日-03号

報道を見ておりますと、大変心配されている方が多数いるのではないかと考えます。その心配されている方の相談業務として、身近な自治体である本市の役割は市民にとって頼られる存在であるのではないでしょうか。ですから、国、県の福祉事務所保健所の厳しい対応ではなく、安心できる相談所として相談を受け、国の相談センターの補佐的役割ができないか、3点にわたり3回目の質問といたします。

喜多方市議会 2020-03-04 令和2年第1回定例会(4日目) 本文 開催日:2020年03月04日

昨年12月、国土交通省として後づけ急発進等抑制装置製造者から申請があったものについて、技術的な調査確認を行い、3分類、9装置を認定したと報道されているところであります。  そこで、後づけ急発進等抑制装置の取りつけ助成について、さきの質問でも求めてきましたが、答弁は安全性の向上など動向を注視するとしていました。

喜多方市議会 2020-03-02 令和2年第1回定例会(2日目) 本文 開催日:2020年03月02日

WHOはこれまで緊急事態宣言を見送っていましたが、新型肺炎の感染が世界各地に広がっていることを受け、検疫体制の充実など感染拡大防止に向けた対応が急務と判断したと報道されました。私も同感であります。国は1カ月おくれで対策を発表しましたが、早急な診療・診察体制の確立こそ市民一人一人の安全・安心につながります。  さて、今議会冒頭で小中学校適正規模適正配置に関する検討特別委員会の審査報告がありました。

須賀川市議会 2020-02-10 令和 2年  2月 文教福祉常任委員会-02月10日-01号

既に新聞報道で御存じかと思いますが、改めて細かく御説明させていただきます。  2枚目のカラーの資料がありますが、縮小の関係で、すみません、見づらくなっておりますが、裏面の右下、青の線で囲っておりますが、3日目、3月28日ということで、南会津町をスタートして、3日目のリレーが始まります。

須賀川市議会 2020-02-10 令和 2年  2月 産業建設常任委員会-02月10日-01号

なお、周知方法としましては報道機関への記事の提供、それから広報すかがわの2月号、今月号になりますが、そちらに案内の記事を掲載しているほか、市のホームページにも同様の記事を掲載しております。  内容につきましては以上です。 ○委員長(大河内和彦) ただいまの説明に対して、質問等がありましたら御発言願います。

福島市議会 2019-12-13 令和元年12月13日文教福祉常任委員会−12月13日-01号

◆半沢正典 委員  ちょっと別の質問ですけれども、ちょっと教えていただきたいのですが、先ほど最後に債務負担行為のICT化推進事業費ということでご説明いただいたのですけれども、新聞報道で、今度国のほうが、文部科学省のほうで児童生徒に1台ずつ配置するというふうな大きな計画が示されたやに新聞報道で見受けたのですけれども、その事実がどうかということと、実際問題正式に予算化されたりしていないので、まだはっきりわからないと