918件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

会津若松市議会 2026-12-09 12月09日-代表質問-02号

これらを踏まえ、今後のまちづくりを進めるに当たりましては、地方のさらなる深化を図るとともに、子供たち学力向上子育て環境充実ICT関連産業のさらなる集積観光産業を初めとしたさまざまな既存産業振興による地域経済活性化災害対策充実高齢者などの包括的な支援といった取り組みを最優先課題として取り組んでまいります。

会津若松市議会 2022-06-17 06月17日-一般質問-02号

4月4日の参議院決算委員会において、公明党の若松謙維参議院議員IT企業地方移転地方について質問をされ、片山大臣世耕大臣平井大臣からは、IT専門大学である会津大学があることを強みに、IT産業集積により東京以上の収入が得られる質の高い雇用をつくり、地域活性化することに会津若松市が取り組んでいると高い評価の答弁があったところでございます。

会津若松市議会 2021-06-28 06月28日-委員長報告・質疑・討論・採決-06号

改めて今期を振り返ってみますと、東日本大震災原子力発電所事故からの復興再生に向けた取り組みを継続するとともに、多様化する地域課題対応し、持続可能な地域社会を構築するため、地方に向けた取り組み推進してきた4年間でありました。 本市も他の地方都市と同様に、少子高齢化人口減少への対応を初め、これらに起因する諸課題等にどう向き合っていくかが問われております。 

会津若松市議会 2020-12-11 12月11日-一般質問-04号

この事業は、国の地方交付金を利用して平成26年度3月補正で予算化し、平成27年度から事業化したもので、未利用施設や空き家、古民家を活用し、オフィス機能整備することにより、本市への移転を検討するICT企業などを誘致し、会津大学との連携や商談、会議等をする場を提供することにより、新しい産業集積を図るものです。 

会津若松市議会 2020-09-20 09月20日-総括質疑-05号

譲矢隆議員 これは、国の地方推進交付金でありまして、事業3年目、5年間ということになっているようなのですが、3年目が終了したと、平成30年度で、ということになるわけです。これについて、どのように3年間、中間年としての反省、総括があればお聞かせいただきたいと思います。 ○議長(清川雅史) 企画政策部長

会津若松市議会 2020-09-17 09月17日-一般質問-02号

全ての人がみずからの資質と能力を生かし、夢や希望を実現できる仕事につくことが豊かな社会の基盤となることから、地方流れを加速させ、働く場を創出します。この実現に向け、これまでの企業誘致による工場の新設、増設により、計画される雇用人数の達成に取り組むとともに、工業振興計画を策定し、新たな工業団地整備を検討します。

白河市議会 2020-06-24 06月24日-02号

初めに、商工費アプリでつながる商店等魅力発信サポート事業について、補助金支出先事業内容周知方法高齢者への対応について質疑があり、応募のあった市内のまちづくり会社などが提案するスマートフォン向けアプリを活用した情報発信事業に約160万円、割引クーポン券の発行や宣伝広報事業に約500万円の合計660万円を想定し、財源新型コロナウイルス感染症対応地方臨時交付金を活用する。

郡山市議会 2020-06-23 06月23日-05号

次に、保護者負担軽減についてでありますが、新型コロナウイルス感染症収束が見えない状況の中、家計収入減少感染症対策費用増加など、児童生徒の各家庭における様々な影響が考えられることから、新型コロナウイルス感染症対応地方臨時交付金財源として活用し、本年度第2学期における食材費について保護者負担軽減を図るため、その2分の1を支援する補正予算として3億1,508万3,000円を本定例会に上程

郡山市議会 2020-06-22 06月22日-04号

本バイパスの整備は、国道288号の渋滞解消郡山東インターチェンジへのアクセスの強化、さらには福島県全体の復興再生地方への大きな寄与が期待されますことから、今後におきましても、来月9日に開催予定の市と県が課題解決のために設置しておりますまちづくり意見交換会において、県に対し要望することに加えまして、県はじめとする関係機関に強く要望してまいります。 

郡山市議会 2020-06-18 06月18日-02号

一方、新型コロナウイルス感染症収束が見えない状況の中、家計収入減少感染症対策費用増加など、児童生徒の各家庭における様々な影響が考えられることから、新型コロナウイルス感染症対応地方臨時交付金財源として活用し、本年度学期における食材費について、保護者負担軽減を図るため、その2分の1を支援する補正予算として3億1,508万3,000円を本定例会に上程したところであります。 

矢祭町議会 2020-06-18 06月18日-03号

まず、今回の6月の補正で予算計上しているということでございますけれども、これは、新型コロナウイルス感染症対策地方臨時交付金を活用いたしまして、災害発生時の避難所における感染症予防対策として、組立て式段ボールの間仕切り、それから段ボールベッド、それから消毒用アルコール等の購入というのを考えておりまして、それをもちまして有事に備えるということで考えております。

郡山市議会 2020-06-15 06月15日-01号

次に、国の緊急経済対策で創設された新型コロナウイルス感染症対応地方臨時交付金については、本市の第1次配分限度額として約7億5,000万円が示され、先月25日に事業実施計画を提出したところであります。今後も、本交付金を有効活用し、感染拡大の防止や市民、事業者経済活動回復など、新しい生活様式の定着を図りながら、持続可能な地域社会の構築に取り組んでまいります。 

塙町議会 2020-06-15 06月15日-03号

今回、5月1日、専決ということでありますが、専決した理由はスピーディーに行うということで、事務処理を行うということで話は聞いたんですが、その中でちょっと確認したい、聞きたいことがあるものですから、まず資料については、3ページの14、2項1目の地方臨時交付金であります。

平田村議会 2020-06-09 06月09日-02号

また、今回の新型コロナウイルス感染症対応地方臨時交付金は、新型コロナウイルス感染拡大を防止するとともに、地域経済住民生活を支援し、地方を図るため、緊急経済対策に必要な事業を実施するものです。 国の施策の4本柱の一つに、経済活動回復地域経済を立て直す)とあり、そのチェック項目に、今後伝えていきたい地域魅力があります。

矢祭町議会 2020-06-05 06月15日-01号

こちらは社会保障税番号制度システム改修に伴う補助金及び新型コロナウイルス感染症対応地方臨時交付金でございます。 2目民生費国庫補助金64万8,000円の増。こちらは2節におけるこども園保育部で使用する新型コロナウイルス感染症対策用品を購入するための補助金と3節における子育て世帯臨時特別給付金を給付するための補助金の増によるものでございます。 6目教育費国庫補助金1,970万円の増。