264件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

相馬市議会 2020-03-02 03月02日-01号

これは、地方公共団体財政健全に関する法律に基づき算定される資金不足比率、この率が20%を超えますと国の管理下に置かれ、当病院は相当な規模縮小を余儀なくされることから、地域医療基幹医療機関としての公立相馬総合病院を支えることから、その比率を19.3%に設定いたしまして、算出される額4億6,000万円を相馬市8割、新地町2割で案分し、今回、3億6,800万円を計上するものであります。 

郡山市議会 2019-09-27 09月27日-05号

市長から地方公共団体財政健全に関する法律第3条第1項及び第22条第1項の規定により、報告第14号 平成30年度決算に基づく財政健全性に関する比率報告地方自治法施行令第145条第2項の規定により、報告第15号 平成30年度郡山一般会計継続費精算報告書郡山自殺対策基本条例第20条の規定により、令和年度郡山市いのち支える行動計画評価報告書による報告がありました。 

須賀川市議会 2019-09-26 令和 元年  9月 定例会−09月26日-01号

本件は、地方公共団体財政健全に関する法律規定に基づき、4つ健全化判断比率及び公営企業における資金不足比率について、平成30年度決算の結果に基づき本議会報告するものであります。  初めに、健全化判断比率であります。  1つには、実質赤字比率でありますが、普通会計を対象に、実質的な赤字標準財政規模に対しどの程度の割合であるか示したものであります。  

喜多方市議会 2019-09-20 令和元年第6回定例会(7日目) 本文 開催日:2019年09月20日

まず、報告第9号 平成30年度健全化判断比率及び資金不足比率報告についてでありますが、過般、監査委員審査が終了いたしましたので、その意見を付して地方公共団体財政健全に関する法律第3条第1項及び第22条第1項の規定により、議会にご報告を申し上げるものであります。  

福島市議会 2019-09-18 令和元年9月18日決算特別委員会建設水道分科会-09月18日-01号

こちらにつきましては、地方公共団体財政健全に関する法律第22条の第1項の規定により報告させていただくものでございますが、下水道事業につきましては先ほど申し上げたとおり資金不足はございません。  算定につきましては、具体的な数値としまして、先ほどごらんいただきました下水道事業農業集落排水決算書のほう、冊子のほうをお開きいただきたいと思います。9ページ、10ページになります。

福島市議会 2019-09-17 令和元年9月17日決算特別委員会建設水道分科会-09月17日-01号

地方公共団体財政健全に関する法律の第22条第1項の規定により、公営企業においては資金不足比率について報告させていただくものです。資金不足比率は、公営企業資金不足額事業規模である料金収入等規模と比較して指標化し、経営状況の尺度を示す比率でございます。水道事業会計におきましては、資金不足額はございませんので、議案書の89ページに記載資金不足比率横棒の表示となるものでございます。

塙町議会 2019-09-12 09月12日-05号

報告書は、地方公共団体財政健全に関する法律第3条第1項の規定により、平成30年度決算に基づく健全化判断比率について、監査委員平成30年度健全化判断比率等に関する審査意見書意見をつけて報告するものであります。 実質赤字比率連結実質赤字比率とも赤字額はありませんでした。実質公債費比率は7.1%、将来負担比率は10.8%となっております。

本宮市議会 2019-09-10 09月10日-04号

次に、報告第10号 平成30年度本宮市継続費精算報告書について、報告第11号 地方公共団体財政健全に関する法律に基づく平成30年度健全化判断比率及び資金不足比率については、報告のみとなりますので、ご了承願います。----------------------------------- △散会の宣告 ○議長(渡辺由紀雄君) 以上をもちまして本日の議事日程を終了いたします。 

平田村議会 2019-09-04 09月04日-01号

平成30年度平田一般会計歳入歳出決算等における健全化判断比率並びに簡易水道事業特別会計及び農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算における資金不足比率について、地方公共団体財政健全に関する法律第3条第1項及び第22条第1項の規定により、監査委員意見をつけて議会報告するものであります。 報告第6号 平成30年度平田出資法人経営状況報告について、報告内容を申し上げます。 

棚倉町議会 2019-09-03 09月10日-01号

さて、本定例会に提出いたします議案は、専決処分報告2件、地方公共団体財政健全に関する法律に基づく報告1件、令和年度補正予算に関する議案5件、条例の制定及び一部改正議案9件、平成30年度棚倉町一般会計及び特別会計並びに上水道事業会計決算認定に関する議案9件の総数26件であり、その概要をご説明申し上げます。 

二本松市議会 2019-09-03 09月03日-01号

報告第24号健全化判断比率及び資金不足比率については、地方公共団体財政健全に関する法律第3条第1項及び第22条第1項の規定により監査委員審査に付した健全化判断比率及び資金不足比率報告するものであります。報告書記載のとおり、平成30年度の実質公債費比率は10.2%、将来負担比率は51.6%となり、いずれも財政早期健全化のための計画を定めなければならないとされる基準を下回っております。 

福島市議会 2019-09-02 令和 元年 9月定例会議-09月02日-01号

報告第16号平成30年度福島市健全化判断比率及び資金不足比率報告の件は、地方公共団体財政健全に関する法律規定により報告するものでありますが、監査委員審査意見書につきましては、附属書類のとおりであります。  このほかの提案理由及び報告につきましては、それぞれの議案書または補正予算説明書記載したとおりでありますので、ご了承願います。  

矢祭町議会 2019-08-28 09月09日-01号

報告第2号 平成30年度矢祭町財政健全化判断比率及び資金不足比率については、自治体の財政破綻を未然に防ぐとともに、悪化した団体に対して早期健全化を促すため、地方公共団体財政健全に関する法律により、健全化判断比率として実質赤字比率連結実質赤字比率実質公債費比率及び将来負担比率4つ指標とし、公営企業資金不足比率について、平成19年度決算により議会への報告が義務付けられましたので、地方公共団体