404件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

郡山市議会 2020-06-19 06月19日-03号

今すぐの開発構築は難しくとも、本年3月、このエリアで郡山市街化調整区域地区計画運用指針策定・公表しましたが、この地区計画運用指針メディカルヒルズ郡山基本構想2.0の整合性も含め、開発に向けて今できることをスピード感を持って推進すべきと考えますことから、改めて質問させていただきます。 初めに、メディカルヒルズ郡山基本構想2.0についてお伺いいたします。 

会津若松市議会 2020-06-18 06月18日-一般質問-03号

この考えに基づき、今後も農村部などの市街化調整区域では市街地を抑制する区域との基本理念を踏まえつつ、地区計画制度等を活用し、既存集落活力維持を図りながら田園と豊かな自然環境の保全、活用を図り、地域特性を生かしたまちづくりを推進してまいります。 次に、都市田園との連携強化についてであります。

郡山市議会 2020-03-11 03月11日-08号

このことから、本市では2014年に国から示されたコンパクトプラスネットワークを基本に、市街化区域においては都市再生特別措置法第81条の規定に基づき、洪水による浸水リスクを考慮した郡山市立地適正化計画を、さらに市街化調整区域においては都市計画法第34条第10号に規定されている地区計画を活用するための郡山市街化調整区域地区計画運用指針を2019年3月に策定したところであります。 

福島市議会 2020-03-10 令和 2年 3月定例会議-03月10日-04号

福島おおざそうインター工業団地は、県北都市計画大笹生地区計画によって、周辺自然環境、景観に配慮する土地利用方針建築物用途及び壁面位置制限、高さの最高限度など、整備方針が定められております。  加えて、申込み企業の事業計画を審査する際の審査項目及び着眼点として、周辺環境との調和や道の駅との連携を定めており、立地の是非の判断基準の一つとしているところであります。  

福島市議会 2020-03-06 令和 2年 3月定例会議-03月06日-02号

次に、市街化調整区域内での地区計画について伺います。  人口減少に伴い、特に市街化調整区域限界集落化が進み、地域コミュニティー維持が困難となった地点が点在してきました。そこで、本市市街化調整区域における地区計画に関する運用指針を平成28年2月に策定をして、市街化調整区域自然環境や美しい田園地帯との調和地域特性にふさわしい良好な都市環境維持しつつ、移住定住の一助としております。  

会津若松市議会 2020-03-05 03月05日-総括質疑-05号

そのため、今回の立地適正化計画策定に当たりましても、そういう地域につきまして、本市の独自の区域の設定や拠点の位置づけなどについて検討を行うということで、また地区計画制度のさらなる周知、現行法運用面でのカバーの検討でそういう地域を活性化していきたいというふうに今のところは考えているところでございます。 ○議長(清川雅史) 原田俊広議員

二本松市議会 2020-03-04 03月04日-05号

地区計画、基本計画実施設計そして工事着工に至ると思います。事業を始める前には、地元民には説明されていると思います。しかし、住居を移転する住民にはそれぞれの思惑があり、簡単に同意するには至らなかったと思います。まちづくりの一番大変なところと思います。田んぼや畑も難しいですが、日々の暮らしている住居移転近所づきあい寸断等考えますと、計画を始める前には、より厳しいものと思われます。

郡山市議会 2020-02-28 02月28日-02号

また、自己業務用建築物の場合は、申請区域市街化区域に接し、かつ移転する建築物用途が接している用途地域用途地区計画市の構想等に適合していること、または高速道路インターチェンジから半径300メートル以内の区域である等を条件としております。 なお、現時点の相談状況につきましては、自己居住用住宅相談が6件、自己業務用建築物相談が13件の計19件となっております。

いわき市議会 2019-12-19 12月19日-06号

初めに、議案第9号いわき地区計画区域内における建築物制限に関する条例改正について申し上げます。 本案は、建築基準法第68条の2第1項の規定に基づき、新たにいわき都市計画に位置づけられた地区計画区域内における建築物に関する制限を定めるため、所要改正を行うものであり、当局の説明を了とし、本案は異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。 

郡山市議会 2019-12-06 12月06日-02号

メディカルヒルズ郡山基本構想2.0は、旧県農業試験場跡地中心とする市街化調整区域約30ヘクタールにおいて、医療機器関連産業分野中心とする新たな産業集積拠点の形成を目指すとしており、この基本構想の実現に向け、まちづくりの促進を戦略的に進めるため、郡山市街化調整区域地区計画運用指針(旧福島農業試験場跡地周辺地区)を策定し、今年度末、令和2年3月に公表する予定となっております。 

いわき市議会 2019-12-05 12月05日-01号

次に、議案第9号いわき地区計画区域内における建築物制限に関する条例改正についてでありますが、本案は、建築基準法第68条の2第1項の規定に基づき、新たにいわき都市計画に位置づけられた地区計画区域内における建築物に関する制限を定めるため、所要改正を行うものであります。 次に、議案第16号工事請負契約について申し上げます。 

須賀川市議会 2019-10-09 令和 元年  9月 定例会-10月09日-04号

アメニティゾーン地区計画では温泉計画があり、この温泉資源を有効に活用した温水プールも十分考えられるわけであります。このプールにつきまして、例えば民間とともに整備する考えはないか本市考えをお伺いいたします。 ◎文化スポーツ部長野崎秀雄) ただいまの御質問にお答えいたします。  

郡山市議会 2019-09-27 09月27日-05号

そのため、本市では農用地区域の除外が前提とはなりますが、都市計画法第34条第10号に規定された地区計画を活用するための郡山市街化調整区域地区計画運用指針を本年3月に策定し、インターチェンジ等既存ストックを有効活用するとともに、地域特性を生かした産業振興が図られるよう、工場研究開発施設物流施設など民間事業者等主体となって開発整備できる環境を整えたところであり、現在までに市内全体で9地区

郡山市議会 2019-09-24 09月24日-02号

本年3月、郡山市街化調整区域地区計画運用指針が示されたところではありますが、東部地区区域解除可能性はあるのか見解をお伺いいたします。 続きまして、郡山東部広域農道歩行者に対する安全確保について。 郡山東部広域農道は、全長18キロメートルに及び幹線道路が少ない郡山市の中田町や西田町の南北方向交通を担う重要な道路となっており、交通量も大変多い道路となっております。