850件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

喜多方市議会 2020-03-04 令和2年第1回定例会(4日目) 本文 開催日:2020年03月04日

他市町村で実現して、広域化しているところを例にとって、先ほど言いましたけれども、事務取り扱いとか、情報の共有以外にも、特に水路については土地改良で行っている水利委員会とか、農事組合等の中である程度情報が閉じている部分があると思うのです。  ところが、ご存じのとおり、喜多方市内水路というのは広域にまたがって延びていきます。

会津若松市議会 2020-03-02 03月02日-一般質問-02号

市といたしましては、関係機関等と連携して計画的に実質化を進めていく必要があることから、市、県、JA、土地改良、農業委員会などで組織する集落営農推進プロジェクトチームを中心として、各地域状況に応じたプランの実質化に取り組んでまいりたいと考えております。 次に、農業持続可能性に対する認識についてであります。

本宮市議会 2020-02-12 02月12日-01号

11款災害復旧費、細目1の農業用水路災害復旧費は、台風第19号に伴う災害により被災した農業用水路等復旧に係る機械借上料、また、同災害により被災した安達疏水土地改良白沢第一揚水機場応急復旧工事に係る県営災害復旧事業負担金を計上するものであります。 次に、8ページ、9ページにお戻りください。 歳入につきましては、各災害復旧等事業の財源を計上したところであります。 

白河市議会 2019-12-12 12月12日-02号

井上賢二産業部長 農地農業用施設に関する災害前の対応としては、各土地改良と連携を図り、ため池を点検し、越流水により家屋などへの影響が懸念されるため池については、事前放流を行ったところです。 また、河川から取水している堰については、用水路の水量を減らすため、堰を閉め、流入を制限したところです。 

南相馬市議会 2019-12-10 12月10日-03号

先の台風第19号によって鹿島区あさひ地区でも土地改良整備事業完了後以降、都市計画道路事業が未着手となっております。台風第19号及び10月25日の大雨による異常な大雨によって冠水し、多大なる泥水により浸水し、地域住民事業の遅れによる人災だと怒っております。地域住民の思いを把握し尊重するように努めるべきと考えるが、現状を踏まえた今後の見通しについてお伺いいたします。

郡山市議会 2019-12-09 12月09日-03号

山口勇農林部次長 水につかった揚水機の修繕についてでありますが、西田町鬼生田地区安積町荒井地区田村町下行合地区田村町御代田地区の4地区で合計6カ所の揚水機場において管理する土地改良水利組合から被害の報告があり、いずれの箇所も受電設備が被災し、揚水機もオーバーホールが必要な状況となっております。 

伊達市議会 2019-11-29 11月29日-02号

当然、地域住民方々の協力も得られなければなりませんし、また土地改良との話し合いともなろうかというふうに思いますけれども、今できることというのは、やはりそういうことが最も身近な手だてなのかなというようなことで、以前にも個人的にいろいろとお話をさせていただいたことがありますけれども、このように来年もまた来るのではないかというような天候、異常気象の中では、今できることは今しましょうという一つの手段として

いわき市議会 2019-09-30 09月30日-06号

補正予算案は、老朽化に伴い用途廃止する市営住宅吹谷団地及び天王崎団地について、防犯及び安全性の確保へ向け解体するため、所要経費を計上するもの、土地改良施設維持管理適正化事業を実施する土地改良等に対し、いわき市土地改良事業費補助金交付要綱に基づき補助金を交付するため、所要経費を計上するもの、防災重点ため池の再選定により増加した防災重点ため池について、現地調査氾濫シミュレートを実施の上、ハザードマップ

福島市議会 2019-09-12 令和元年9月12日経済民生常任委員会-09月12日-01号

松川堰のほうから、堰から、これ主体的には別な堰から、私たちの地区松川堰に流してもらうように、それこそ土地改良からお願いして、それから堰のお偉いさんにお願いして水を分けてもらう。ところが、その水もないから、大変だ。そして、私のところ松川堰なのだけれども、行けば確かに水門はあるのだけれども、土砂が前後にたまっていて、水も流れ悪いのね。

喜多方市議会 2019-09-10 令和元年第6回定例会(3日目) 本文 開催日:2019年09月10日

先ほど資源向上共同作業では、軽微な補修というのはそちらのほうの活動に入るのですけれども、今度は具体的に施設長寿命化のための大規模な工事、例えば土地改良事業で昭和40年から50年時代の農地の初期の圃場整備事業があったと思います。  それから大体換算すると35年から40年ぐらいたっているわけでございますけれども、幹線用水路に関係する地域は、喜多方市にいっぱいあると思うのです。

相馬市議会 2019-09-05 09月05日-02号

いろいろお世話にもなりましたし、土地改良でも一緒になった方ですので、大変優秀な方でございました。ご冥福を祈りたいと思いますが、その荒木さんの1名欠員についてどうかということでございますが、これは農業委員会活動に支障が来すものであれば、私のほうから、これはさらに追加の任命が必要かと思いますが、その件につきましては農業委員会の会長のご意見に従いたいと考えております。