1338件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

福島市議会 2019-09-11 令和 元年 9月定例会議−09月11日-05号

都市計画のほうも含めて、解体時期、お尻は決まっているかと思いますので、そういった部分も含めて、これからどういうふうなスケジュールで進むのか、市当局でもきちんと把握していただいて、福島市、これからオリンピック開催、またその後、駅前商店の活性化どういうふうに取り組んでいくのか、非常に重要な観点になるかと思いますので、ぜひ前向きに取り組んでいただきたいと思います。  それでは、次の質問に移ります。

須賀川市議会 2019-06-12 令和 元年  6月 定例会−06月12日-04号

◎◎商店の皆さん、知恵を出し合ってみませんか。もちろん、ミーティングの会場は行政が用意しますよ。イベントを開催するのであれば、それに関する許認可について何でも相談してください。お手伝いします。このような取組がたくさんできたらいいなと思います。  つまり、これから行政が皆さんに望むのはこういうことです。そのために行政はこういう支援ができます。

喜多方市議会 2019-06-11 令和元年第5回定例会(3日目) 本文 開催日:2019年06月11日

一方で、行政地域の支え合いとして、本市でも実施している支援制度や他自治体でも商店との協賛事業などが取り組まれ、さらに、いわき市での事例は、地域で支える高齢者の移動、ボランティア輸送の取り組みが3月から運用を開始されています。そこで、以下の2点についてお伺いいたします。  (1)運転免許証自主返納者への対応についてであります。  

須賀川市議会 2019-06-11 令和 元年  6月 定例会-06月11日-03号

仙台市長町の商店にある小規模多機能型居宅介護施設マイムケア長町の記事がありました。その中には、世話をしないケア、安全面を重視するだけではなく、自分のことは可能な限り自分でする。もう一つが、活躍の場を与えるです。例えば保育園の鉢植えを育てたり、園児が使う雑巾をつくったりして社会と関わる。駄菓子屋も併設されており、子供たちがレジへ持ってきたお菓子を袋詰めするのが81歳の認知症のおばあちゃんです。

喜多方市議会 2019-06-10 令和元年第5回定例会(2日目) 本文 開催日:2019年06月10日

例えばふれあい通り、本市の代表的な通りでございますが、これは平成20年に喜多方市のほか学識経験者や道路管理者である県、そして商店の4者で今のようなフラットな歩道、そしてプランター設置による歩車道の分離、またその高さを低くすることによって視認性の向上等でつくられたものであります。

福島市議会 2019-03-26 平成31年 3月定例会議−03月26日-08号

また、コンビニ交付事業の開始によって東口行政サービスコーナーの役割は終えたとして、年間約1万6,000件の利用があったにもかかわらず、地元商店町内会の反対を押し切り、廃止をいたしました。それでは、コンビニ交付事業についての実績はどうかというと、平成30年4月から平成31年2月までの実績で交付件数3,561件で、1枚発行するのに約7,000円の費用がかかっています。

福島市議会 2019-03-22 平成31年3月22日予算特別委員会全体会−03月22日-01号

また、コンビニ交付事業の開始によって東口行政サービスコーナーの役割を終えたとして、年間約1万6,000件の利用があったにもかかわらず、地元商店町内会の反対を押し切って廃止をいたしました。それでは、コンビニ交付事業についての実績はどうかというと、平成30年4月から平成31年2月の実績で交付件数3,561件で、1枚発行するのに約7,000円の費用がかかっています。

福島市議会 2019-03-19 平成31年3月19日予算特別委員会建設水道分科会−03月19日-01号

都市計画課長 委員おっしゃるように、今まさにその運営面とどういうものをということを協議しているところでございますが、来年度、そのコンテンツ関係を検討したいと思っていますが、主なものでいいますと、観光プロモーション的であったり、商店のプロモーションであったり、あとはインフォメーション的なもの、そういうものを流したいと思っています。

福島市議会 2019-03-18 平成31年3月18日予算特別委員会経済民生分科会−03月18日-01号

17款2項5目商工費県補助金280万3,000円は、空き店舗対策事業に係る活力ある商店支援事業費補助金です。  22款3項2目商工費貸付金元利収入14億7,001万6,000円は、中小企業融資制度に伴う中小企業振興預託金の元利収入です。  5項2目雑入12億5,565万8,000円のうち雑入12億3,000万円は、プレミアムつき商品券の販売等に係る収入です。  

福島市議会 2019-03-14 平成31年 3月定例会議−03月14日-07号

そこで、お伺いをいたしますが、プレミアムつき商品券事業、こちらについて、地域中小企業商店等の活性化事業としての過去の地域振興券事業との違いというものをお伺いいたします。 ◎商工観光部長(横澤靖) 議長、商工観光部長。 ○議長(半沢正典) 商工観光部長。 ◎商工観光部長(横澤靖) お答えいたします。  

福島市議会 2019-03-12 平成31年 3月定例会議−03月12日-05号

道路の整備は、歩行者、中でも福島第一小学校児童自転車利用者の安全性の確保と回遊性の向上が図られるとともに、商店の活性化の一翼を担う道路であると認識しております。  また、整備により市内循環バスの円滑なルートが確保され、本市中心市街地の町なか回遊環境の向上が図られる道路であると認識しております。 ○副議長(粟野啓二) 斎藤正議員

須賀川市議会 2019-03-12 平成31年  3月 予算常任委員会-03月12日-01号

取ったことによって、市民の利用をもっと促進すること、取らないことによって、促進することができるという可能性がどうなのかということも含めて、その近隣のこれまで駐車場の料金の件は、やっぱり商売とする方たちや地域商店の皆さんの営業等に影響が出ないようになんていうことも理解するんですけれども、庁舎管理の中で、この120万円を計上する意味というものは、やっぱり検討しなきゃいけないのではないかなと思っていますので

福島市議会 2019-03-11 平成31年 3月定例会議−03月11日-04号

イオンは、もうからないとなれば、働く人や地域経済がどうなろうとも関係なく撤退しますし、既にイオンができた時点で地域商店はシャッター通りになっていますから、イオン撤退となれば、地域は再生不可能な状況に陥ってしまうのではないでしょうか。そうなった場合、商業街区住宅、アパート、倉庫などの建築物制限されています。

須賀川市議会 2019-03-11 平成31年  3月 生活産業常任委員会-03月11日-01号

その前には、商店の中でカミーナコミュニティサービスというのをやったり、あと郡山の業者でやったりしているのですけれども、1食……いいですか。 ○委員長(相楽健雄) 今の中身ですか。入れてはということで切ったのではなくて、また今ずっとしゃべっているのですけれども。  事務局に私、今、市村委員が言ったこと、明記しましたか。配食の件。