450件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

会津若松市議会 2020-10-03 10月03日-委員長報告・質疑・討論・採決-06号

昨今の国際情勢も不安定な状況にあり、さらなる原油価格高騰も懸念されている。国等の低所得者支援策も十分なものではなく、市民生活のためにも灯油代等暖房費の助成が必要であると考えることから、本陳情に賛成するというものであります。 以上のような賛否の意見がありましたので、本陳情は表決に付された結果、可否同数のため、委員長の裁決により不採択とすべきものと決せられた次第であります。 

郡山市議会 2020-03-18 03月18日-09号

中東原油の大半がホルムズ海峡経由で運ばれていますが、今回の派遣での活動範囲ホルムズ海峡は含まれてなく、目的や必要性は不透明です。 政府が米国の要請に応えて自衛隊派遣するのは、これで三度目です。2003年のイラク戦争では、陸上自衛隊600人を派遣しました。これまでの派遣で、少なくとも50名の派遣者が自死し、多くの隊員が今なおPTSDに苦しんでいます。

喜多方市議会 2020-03-17 令和2年第1回定例会(7日目) 本文 開催日:2020年03月17日

とりもなおさず、原油の供給にとって非常に大切なホルムズ海峡等活動においては、やはり日本も国際的に責任のある立場の中で、きちんとした対応もせざるを得ない、そういうような含みの中で、中東派遣ということを決めたわけでありますから、この請願に反対します」という反対討論がございました。  

喜多方市議会 2020-03-03 令和2年第1回定例会(3日目) 本文 開催日:2020年03月03日

まず、再生可能エネルギービジョンに対する到達状況についてでありますが、本市においては、豊かな自然条件を最大限に活用するとともに、地球環境に配慮した環境に優しいまちづくりを目指すため、再生可能エネルギービジョンにおいて、2026年度(令和8年度)の市内再生可能エネルギー導入量目標値原油換算で10万キロリットルと設定したところであります。

二本松市議会 2020-03-02 03月02日-03号

当時、原油で500万バレルでしたか、リットル80円計算ですから、今は108円くらいなので、508億くらいになります。本市の予算をはるかに超える義援金、そしてさらにクウェート国については、福島県にお出でになって、サバーハ首長が国賓として来られたときに、アクアマリンふくしまにということで2億4,000万、そして福島被災地にということで1億6,000万の寄付をさらにいただいております。

喜多方市議会 2019-12-03 令和元年第7回定例会(3日目) 本文 開催日:2019年12月03日

現行ビジョン対象となる12の再生可能エネルギーに関する具体的な取り組みについてでありますが、本市では、平成30年3月に策定した「喜多方再生可能エネルギービジョン」において、市全体として2026年度(令和8年度)末までに、原油換算で年間10万キロリットルの再生可能エネルギーを導入することを目標に掲げております。  

川内村議会 2019-08-16 09月10日-01号

入浴料につきましては、利用客の減少、原油価格高騰消費税8%へのアップに伴い、公共料金の値上げによるものでございまして、本年10月にはさらに2%の消費税アップもあることから、指定管理者でありますあぶくま川内とも協議した結果、現行のまま据え置きとしていきたいと考えております。 以上で新妻幸子議員への答弁とさせていただきます。 ○議長(渡邉一夫君) 4番、新妻幸子さん。

矢祭町議会 2019-06-14 06月14日-04号

指定先理事会下請責任の下運営していると考えますが、報告も相談も改善計画も示されていない上、協定書の中にある社会変動というのは、社会通念上、リーマンショック原油ショックなどが社会変動と理解いたします。開かれた営業努力が見られない、この状態で申請がなされた、このことで検討もなされていない、赤字だから補填するでは賛成できません。この理由によりまして原案に反対し、修正を求めるものであります。

二本松市議会 2019-02-28 02月28日-02号

これは私の、あくまで私見ではございますが、例えばサウジアラビアですとか、カタール、これは地中に埋まっている石油、原油を掘り起こすことによって、世界中に販売をし、国民の皆様方からは納税をいただかなくとも、国が保たれております。日本においては、太陽光も、水も十分にありますので、これを利用するすべを持ちさえすれば、十分に市民皆様方にも還元ができるものと考えます。 

喜多方市議会 2018-12-07 平成30年第10回定例会(6日目) 本文 開催日:2018年12月07日

◯教育総務課長(大瀧浩信君) 私からは、75ページの小学校管理経費光熱水費次ページ中学校管理経費光熱水費の増額がないのではないのかというご質疑でございますけれども、光熱水費につきましては、やはり電気料部分で、電気料金につきましてはピーク時の電気料金基本料金について、そういった部分がございまして、どうしても小学校につきましてはそちらの基本料金原油等の単価上昇に伴いまして、そういった部分

いわき市議会 2018-12-05 12月05日-04号

消防長猪狩達朗君) 本市出動実績といたしましては、平成15年9月の十勝沖地震の影響により、出光興産北海道製油所で発生いたしました原油貯蔵タンク火災を初め、平成16年10月の新潟県中越地震平成20年6月の岩手宮城内陸地震、そして同年7月の岩手沿岸北部地震に、これまでに4回14隊、49人を派遣しております。 

須賀川市議会 2018-09-11 平成30年  9月 定例会−09月11日-03号

福祉灯油につきましては、平成19年度及び20年度に低所得世帯に対する緊急生活支援原油価格高騰に伴う対策として、暖房に必要な灯油購入費の一部を助成する事業として実施いたしました。対象世帯につきましては、当該年度市民税非課税世帯であって、高齢者世帯、障がい者世帯及び一人親世帯であります。

郡山市議会 2018-09-10 09月10日-03号

また、低所得者への電気代支援制度につきましては、平成19年度及び平成20年度に実施した福祉灯油制度は、原油価格の急激な高騰に対応するため、国の基本方針を受け、実施したものであり、電気料金については価格が安定しており、また、さまざまな契約形態があり、その消費実態について把握が難しいことなどから、現時点におきまして、支援制度の創設は考えておりません。 

喜多方市議会 2018-06-14 平成30年第6回定例会(5日目) 本文 開催日:2018年06月14日

これらの取り組みにより、ビジョン目標である2026年度までに市全体で1年間原油換算10万キロリットルの再生可能エネルギー導入達成を目指してまいります。  次に、今年度何をするのかについてでありますが、再生可能エネルギー理解促進を図るため、新規事業として「再エネ先駆けの地」理解促進事業により、小中学生を対象とした工作体験教室及び市民対象とした講演会を開催いたします。

喜多方市議会 2018-06-12 平成30年第6回定例会(3日目) 本文 開催日:2018年06月12日

まず、公約と再生可能エネルギービジョンとの関係についてでありますが、今年3月に策定いたしました喜多方再生可能エネルギービジョンにおける再生可能エネルギー導入目標は、2026年に市全体で1年間に原油換算10万キロリットルとなっており、この値は、大規模水力発電を除くと、これまでに本市に導入された再生可能エネルギー実績の2.4倍に相当するものであります。  

喜多方市議会 2018-06-11 平成30年第6回定例会(2日目) 本文 開催日:2018年06月11日

計画導入目標、これは努力目標でありますが、平成28年度末までに、市有施設においては原油換算で135キロリットルの新エネルギー導入目標に掲げておりましたが、実績では77キロリットルにとどまりました。目標達成率は約57%であります。  新計画における今後10年間の間に、いかに再生可能エネルギーを推進できるのか、市の姿勢と実行力が問われているとの認識のもと、質問をいたします。  

喜多方市議会 2018-03-08 平成30年第3回定例会(5日目) 本文 開催日:2018年03月08日

「合わないのに何でやるのですか」と聞くと、「これは原油を諸外国から入れて、それを燃やしてお金を支払うのではなくて、地元の森林を活用して自分たちの資源を自分のところでつくって、またその里山の保全をするという、その循環型社会をつくるという合意形成をしているのです。だから、お金がかかってもやりましょうということで、そういった市民がそれに対して応援しているのです。