1854件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

須賀川市議会 2020-04-27 令和 2年  4月 文教福祉常任委員会−04月27日-01号

あとはその利活用、ICTを使った結果、どのような面で効果が出ているのかどうかという点、あとは課題や問題点などがあればその辺もお聞きしたいと思います。そのほかは、経費としては初期投資、あとは学校環境などを変えたところでどれぐらいの経費がかかっているのか、あとは維持費なんかもお聞きしたいと思います。

喜多方市議会 2020-03-26 令和2年第2回臨時会(1日目) 本文 開催日:2020年03月26日

今後、国・県の経済対策の状況を踏まえるとともに、市内事業者に対し、迅速かつ効果的な市独自の支援策を早急に検討し、対応してまいりたいと考えております。  引き続き、新型コロナウイルス感染症対策につきましては、市民安全安心を第一に考え、万全な対応を行ってまいります。  次に、提案議案の概要についてご説明申し上げます。  

福島市議会 2020-03-25 令和 2年 3月定例会議−03月25日-07号

これではいかに市の事業とはいえ、費用対効果において理解ができませんでした。市は、もとより採算性で事業を行うところではありません。これは公共団体皆ひとしく同じだと思いますが、民営ができない、難しい、しかし市民からの要望があるというやつは、やはり公共団体が事業を起こさなければならないと考えております。

喜多方市議会 2020-03-17 令和2年第1回定例会(7日目) 本文 開催日:2020年03月17日

複合施設に位置づけ、看護師不足から相乗効果を図り、地域医療を向上させる、また地元への雇用に結びつけたいというようなご答弁。さらに、医師会は本市の医療体制を整えるという強い希望がありまして、市と話し合いの結果、こういうふうに入るようになりましたと。  連合審査の中では、その他多々ありますけれども、重立った点はその辺だと思います。  

福島市議会 2020-03-12 令和 2年 3月定例会議-03月12日-06号

それを経てですか、事業の見直し等、そういうものを行っていくというようなことでございますが、例えば事業の継続により、単年事業というよりも、継続して効果があるものなどもあると思いますが、事業の継続により、より効果が現れるもの、そういうものもあると思われますし、その事業の予算額分というものが数字として出ますが、それがその分として削減できたとしても、ほかの事業との関連、また連携とか、そういうものもあると思われます

福島市議会 2020-03-11 令和 2年 3月定例会議-03月11日-05号

治水対策につきましては、台風19号で被災した箇所の災害復旧を進めるとともに、本市の水害対策パッケージに基づき、国、県の取組と連携し、河川の河道掘削、護岸整備、雨水貯留施設の整備など、出水期までの対応を念頭に置きながら、流域全体における治水効果の早期発現に向けて、効率的に整備を進めてまいります。  

須賀川市議会 2020-03-10 令和 2年  3月 文教福祉常任委員会-03月10日-01号

されておりました障がい者の相談支援事業所と高齢者支援の拠点であります中央地域包括支援センターに加えまして、現在、社会福祉課に設置しております生活困窮者を対象といたしました自立支援相談窓口、健康づくり課内の子育て世代包括支援センター、また須賀川、岩瀬地方の障がい者支援の拠点として、本市、鏡石町、天栄村の3市町村共同で新たに開設いたします須賀川地方基幹相談支援センター、そしてこれらの専門機関が相互に連携して効果

福島市議会 2020-03-09 令和 2年 3月定例会議-03月09日-03号

今後におきましても、各部局において実効性や効果が上がるよう事業の細部を詰めながら、地方創生の実現と風格ある県都の創造に向けたまちづくりをしっかりと行ってまいります。  残余のご質問につきましては、担当部長等よりお答えさせていただきます。 ◎政策調整部長(川村栄司) 議長政策調整部長。 ○議長(梅津政則) 政策調整部長。      

須賀川市議会 2020-03-06 令和 2年  3月 定例会-03月06日-05号

おただしのLPガス災害バルクにつきましても、それぞれの公共施設を更新する際に、その施設の用途や目的、更には費用対効果などを総合的に勘案しながら、導入の有無も含めて研究していく考えであります。 ◆16番(本田勝善) 次の質問に入ります。  次に、人口ビジョンについてお尋ねいたします。  県が新たな人口ビジョンの概要をまとめています。

福島市議会 2020-03-06 令和 2年 3月定例会議-03月06日-02号

そこで、今年度4月1日に施行されました手話言語条例効果と課題についてお伺いをいたします。  次に、本市では心のバリアフリーも推進しており、ハードとソフト両面からきめ細かな施策の推進が求められておりますが、令和2年度予算におけるバリアフリー推進パッケージの取組についてお伺いをいたします。  

喜多方市議会 2020-03-06 令和2年第1回定例会(6日目) 本文 開催日:2020年03月06日

このたび新たなプロジェクト計画書を作成し、J-クレジットの要求事項を満たしているか第三者機関に妥当性の確認を得た上で、こちらのプロジェクト計画書に基づき温室効果ガス排出削減吸収量等を算定し、モニタリング報告書を作成し、その妥当性についても第三者機関より検証を受ける内容となっております。  

喜多方市議会 2020-03-03 令和2年第1回定例会(3日目) 本文 開催日:2020年03月03日

今後の課題と方向性についてでありますが、まず冬まつりにつきましては、冬の閑散期における観光客数、宿泊者数の増加やラーメンのまち喜多方、そばの里喜多方の知名度向上に貢献し、冬まつり期間中の経済効果も約9,300万円と費用対効果の高いイベントであり、多くの市民の方々にもご来場いただき、地域のにぎわい創出につながっているものと考えております。  

喜多方市議会 2020-03-02 令和2年第1回定例会(2日目) 本文 開催日:2020年03月02日

なお、来年度、5年後を見据えた第2期総合戦略アクションプランの策定を予定しており、他自治体のさまざまな優良事例も参考にしながら、効果的な対策研究し、既存事業の内容の拡充や新規事業の構築を図るとともに、わくわく喜多方推進事業の実施とあわせ、効果的な取り組みを進めてまいる考えであります。