10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

郡山市議会 2020-06-23 06月23日-05号

したがいまして、今般の新型コロナウイルス感染症影響により収入が減少し、日常生活に支障を来す場合などは、ひとり親家庭に限らず、生活困窮者自立支援制度における住居確保給付金社会福祉協議会緊急小口資金などの利用要件が緩和されておりますので、これらのセーフティネットをご活用いただけるようしっかり支援してまいります。 以上、答弁といたします。 ○田川正治副議長 柏木建設交通部長

会津若松市議会 2018-09-10 09月10日-一般質問-02号

こどもクラブを退会する主な理由としては、利用要件を満たさなくなった、利用の必要がなくなったなどが挙げられますが、対人関係支援員による指導内容等が原因である場合には、各こどもクラブにその詳細を確認する必要があるものと認識しております。 次に、退会理由に課題のある場合の対応についてであります。

須賀川市議会 2013-12-10 平成25年 12月 定例会-12月10日-02号

◆24番(橋本健二) まだ出てこないからわからないというお返事だったわけでありますけれども、実際にやられれば、生活保護基準住民税非課税限度額利用要件としているさまざまな制度があるわけです。そういったところには予測がつくわけです。どういう事業があるかということも含めて、先ほどは保育所とか介護とかいうことになりましたけれども、さまざまなところに影響が出てくると思うわけです。  

南相馬市議会 2009-03-25 03月25日-06号

2 新体系への移行が円滑に進まない状況を踏まえ、施設利用要件の抜本的な見直しを行うこと。  4 障がい者の範囲について、発達障がいや高次脳機能障がいが自立支援法対象となることを明確化し、障がい程度区分についても、身体、精神、知的、発達障がいなどの障がい特性を反映するものとなるよう根本的見直しを行うこと。  

  • 1