385件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

福島市議会 2019-06-07 令和 元年 6月定例会議−06月07日-03号

そこで、質問ですが、改正児童虐待防止法の附則で、全ての中核市、特別区での児童相談所の設置を支援するとしています。福島市も児童相談所を設置すべきと考えますが、見解を伺います。 ◎市長(木幡浩) 議長、市長。 ○副議長(粟野啓二) 市長。 ◎市長(木幡浩) お答えいたします。  

福島市議会 2019-06-06 令和 元年 6月定例会議−06月06日-02号

また、放課後児童クラブ待機児童解消などによる子育てと仕事の両立の支援、子ども医療費助成事業などによる子育てにおける経済的負担の軽減、病児、病後児保育など多様な保育ニーズに対応した取り組み、さらには児童虐待防止対策、子供の貧困対策など、社会経済情勢の変化に応じた課題に取り組んでいく必要があります。  令和2年度から5年間の計画として、今年度第2期子ども・子育て支援事業計画を策定いたします。

福島市議会 2019-03-19 平成31年3月19日予算特別委員会文教福祉分科会-03月19日-01号

細目2つ目になりますが、子ども家庭総合支援拠点事業費593万8,000円は、児童虐待の発生防止から自立支援までの対策を強化するため、子ども家庭総合支援拠点の設置に向け、専門職員、心理士の配置や、スタートアップ事業として先進地視察や専門家のアドバイスを受け、体制を整備するものです。  

福島市議会 2019-03-11 平成31年 3月定例会議−03月11日-04号

いじめや児童虐待が社会問題化しております。スクールローヤーは、文部科学省が2018年度、全国10自治体で活用に向けた調査研究を実施している事業であります。先進的に導入している自治体もあり、その一つが大阪府であります。2013年から弁護士会推薦の弁護士がスクールローヤーとして、公立小中学校や教育委員会からの相談に対応しており、法的裏づけのある助言で、学校は大変自信を持って対応されているそうです。  

福島市議会 2019-03-08 平成31年 3月定例会議−03月08日-03号

私は、平成30年12月の一般質問で、児童虐待の対応について質問いたしました。答弁は、福祉を担当するケースワーカーと保健師等の連携をはじめ、学校や保育所とも連携を図り、関係機関のネットワークを強化しながら、支援を必要とする家庭に対して見守っていくとのことでした。  平成30年に国が定めた児童虐待防止対策の強化に向けた緊急総合対策が決まりました。内容として、次の6点があります。

須賀川市議会 2019-03-07 平成31年  3月 定例会-03月07日-05号

厚労省は、平成26年度全国の児童相談所における児童虐待の相談対応件数を発表いたしました。その数は過去最多の8万8,931件に上っています。今回件数が増えたことの背景として国が挙げたのが、児童が同居する家庭における配偶者に対する暴力、いわゆる面前DVの通告数の増加によるものだとしています。深刻なのは、DVのある家庭の児童の多くは、同じ種類の虐待に遭っていると言われていることです。  

福島市議会 2019-03-07 平成31年 3月定例会議−03月07日-02号

全国で相次ぐ児童虐待の報道に触れるたびに胸が締めつけられる思いは皆様も同じだと推察いたします。乳幼児や幼い子供を暴行によって死に至らしめる行為は、絶対に許されるものではありません。養育者の身勝手な理屈でとうとい命が奪われてしまう原因にはさまざまな背景があると思われますが、発覚しにくい事件であることが現実であります。  

須賀川市議会 2018-12-12 平成30年 12月 定例会-12月12日-04号

◆10番(大倉雅志) それでは、(3)の児童虐待について質問をさせていただきます。  平成30年3月に東京都目黒区で発生しました、保護者からの虐待により5歳児が死亡するというふうな事件がありました。児童虐待等については、なかなか表に出しにくい、出にくい問題ではありますけれども、これからの地域においても重要な問題と考えます。また、その事件も、実は子供からのSOS発信があったとも言われております。

福島市議会 2018-12-07 平成30年12月定例会議−12月07日-02号

平成27年度の相談世帯総数は260世帯となっており、内訳は児童虐待に関する養護相談が86世帯、その他の養護相談が115世帯、育成や障害等に関する相談が59世帯となっております。  平成28年度は、総数417世帯、児童虐待に関する養護相談が160世帯、その他の養護相談が184世帯、育成や障害等に関する相談は73世帯となっております。  

いわき市議会 2018-09-21 いわき市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月21日−06号

児童虐待防止対策の更なる強化を求める意見書  平成30年3月、東京都目黒区で両親から虐待を受け、女児が死亡するという痛ましい事件が発生した。このような虐待事案は、近年、急増しており、平成28年度に全国の児童相談所に寄せられた児童虐待相談件数は12万件を超え、5年前と比べると倍増している。  

いわき市議会 2018-09-21 いわき市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月21日−資料

みについて313番 小野潤三 (いわき市議会志帥会) [60分]1 イオンモールいわき小名浜開業の影響について  (1) 開業後3カ月間の結果について  (2) 今後の対応について 2 小名浜地区における都市計画について  (1) 立地適正化計画について  (2) 公共施設の再編について 3 いわき市役所における働き方改革について  (1) 報道された事件について  (2) 超過勤務のあり方について 4 児童虐待問題

福島市議会 2018-09-14 平成30年9月14日文教福祉常任委員会-09月14日-01号

これは、国の通知、あとそれに基づいた市の要綱を設置しておりますが、例えばですが、学校との連携という項目、あと保護者との連絡を密にするという項目、さらには災害対応、不審者の侵入防止、あとは保護者、児童からの要望、苦情対応の受け入れ体制、さらには児童虐待の早期発見といった項目を項目立てしまして、具体的には学校との連絡調整というところでは、当然ですけれども、子供さんの下校時刻の確認、年間計画、行事予定、指導内容

喜多方市議会 2018-09-13 平成30年第9回定例会(5日目) 本文 開催日:2018年09月13日

次に、大きな5点目、児童虐待対策について伺います。  子供が理不尽に命を失う状況を耳にするたび悲しい気持ちになります。特に、目黒区に住む幼い女の子が両親から虐待を受けて死亡した事例は痛ましく思いました。  政府はこうした状況を受け、平成34年度までに児童相談所の児童福祉士を約2,000人増員するなど、虐待防止に向けた緊急対策を7月20日の関係閣僚会議で決定しました。  

会津若松市議会 2018-09-12 平成30年  9月 定例会-09月12日−一般質問−04号

まず、児童虐待防止について伺います。児童虐待は、大きな社会問題になっております。全国の児童相談所は、昨年度に児童虐待の相談、通告を受けて対応した件数は過去最多の13万3,778件でありました。前年度よりも1万1,003件の増加であり、5年前と比べますと倍増しております。虐待には、心理的虐待、身体的虐待、性的虐待、ネグレクト、いわゆる育児放棄などがあります。

いわき市議会 2018-09-12 いわき市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月12日−04号

次に、児童虐待防止の対策強化についてお伺いいたします。  児童虐待をめぐっては、3月に東京都目黒区で発生した事件を受けて、政府は7月に児相の体制強化など緊急対策を打ち出しています。県の報告によりますと、平成29年度は全国で、速報値で13万3,778件、前年度比で109.1%。県では1,177件で、対前年度比で123%。福島県は全国に比べ増加の傾向にあります。  

いわき市議会 2018-09-10 いわき市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月10日−02号

こうした事件を決して起こさないように、いわき市における児童虐待問題についての取り組みを検証してまいります。  1点目は、児童虐待の現状についてです。  児童虐待の対応につきましては、重度のものは児童相談所、軽度のものはいわき市で対応すると伺いましたが、まず、浜通りを管轄する浜児童相談所における、児童虐待に関する相談の対応状況について伺います。

いわき市議会 2018-09-01 いわき市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-目次

30946財産取得について (消防団用小型動力ポンプ)提案説明10政策総務委員長報告295原案可決30947訴えの提起について提案説明10産業建設委員長報告300原案可決30948損害賠償の額を定めることについて提案説明10産業建設委員長報告300原案可決309 (諮問) 番号件名処理ページ1人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて提案説明310同意311 (意見書案) 番号件名処理ページ1児童虐待防止対策