2125件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

会津若松市議会 2026-09-18 09月18日-一般質問-03号

本市では、各種健康診査費用の無料対象拡大による負担軽減や集団健診の土曜日、日曜日の実施による受診環境の改善、受診者への日帰り温泉の割引券配布といった受診意欲向上のための取り組みのほか、健康づくり推進企業連携事業者等と連携した周知や未受診者へのコールセンターによる電話国民健康保険推進員の訪問等による受診勧奨の強化など、受診率の向上に努めてまいりました。

会津若松市議会 2020-06-18 06月18日-一般質問-03号

本市では生き生きと暮らせる地域社会の実現に向け、高齢者が生きがいを持って暮らし続けるため、高齢者ボランティア地域サロンなどの社会参画の促進、健康で生き生きと暮らし続けるための健康づくり介護予防の推進など、よりよい生活習慣の継続による健康寿命の延伸を図り、全ての人が自分らしい生活が続けられるようなまちづくりを進めてまいります。 次に、多世代の方々が住みたいと考えるまちづくりについてであります。

須賀川市議会 2020-04-27 令和 2年  4月 文教福祉常任委員会−04月27日-01号

03分 2 場  所  須賀川市議会委員会室 3 出席委員  大 寺 正 晃     石 堂 正 章     堂 脇 明 奈         浜 尾 一 美     熊 谷 勝 幸     深 谷 政 憲         五十嵐   伸     加 藤 和 記 4 欠席委員  なし 5 説明員   市民福祉部長    野 崎 秀 雄   教育部長      高 橋 勇 治         健康

南相馬市議会 2020-03-25 03月25日-06号

してよかったと言われる事業へ向け努力する必要があることから、中学生海外研修事業は、1度取下げ、事業を分離するなど、改めて提起すべきことを申し添え、本議案に反対するとの意見があり、次に、原案に賛成の意見として、震災原子力災害から10年目を迎える一つの節目として重要な予算であると捉えているが、当委員会に付託となった、教育委員会、こども未来部では、子育てと子どもにかかわることについてであり、福祉の部分で、健康

相馬市議会 2020-03-24 03月24日-04号

また、スポーツ施設の整備が進み、市民健康づくりスポーツ振興の機運の高まりが期待できる。さらには、相馬市体育協会から要望があり、利用者に負担がかからない施設にするため、屋内体育施設照明設備使用料を無償とするものであり、その対象施設スポーツアリーナそうま第一体育館、第二体育館、松川浦スポーツセンター体育館、相馬市プールとなっている。 

南相馬市議会 2020-03-12 03月12日-05号

健康福祉部長(岡田淳一君) 4款衛生費、1項保健衛生費、5目母子保健費、F4産後ケア事業、本事業の利用者への周知については健康づくりガイドブック、子育て応援ブック、ホームページなどへ掲載して対象となる方へ周知をしているところでございまして、この周知によって利用者が増えているという現状があるのかと捉えております。 ○議長(今村裕君) 他に質疑ございませんか。 12番、田中一正君。

須賀川市議会 2020-03-10 令和 2年  3月 文教福祉常任委員会-03月10日-01号

高 橋 勇 治         生涯学習スポーツ課長上 妻 秀 男   文化振興課長    秡 川 千 寿         総務課長      板 橋 圭 寿   企画課長      三 浦 浩 美         中央図書館長    西 澤 俊 邦   社会福祉課長    伊 勢 邦 宏         長寿福祉課長    井 上 敦 雄   保険年金課長    佐 藤 幸 二         健康

福島市議会 2020-03-10 令和 2年 3月定例会議-03月10日-04号

介護状態に近づくことを予防する、いわゆるフレイル予防による健康づくりを主な目的として、いきいきももりん体操と歯や口腔の手入れ及びかむことや飲み込みの筋力を落とさずバランスよく食事ができるよう、いきいきももりん体操に口腔ケア体操を加えたいきいきももりんお口の体操が実施されておりますが、認知症予防や健康寿命の延伸には、本市独自の新しい総合事業の充実が重要です。

南相馬市議会 2020-03-10 03月10日-04号

◎市長(門馬和夫君) 福島県では、東日本大震災及び原子力災害の影響に配慮した健康づくり体制の推進等を考慮し、第二次健康ふくしま21計画を策定し、健康長寿県を目指して実効性のある運動を展開しております。 今年の2月11日には、福島県医科大学主催で「いきいき健康づくりフォーラムin南相馬」を県と本市の共催で開催いたしました。

平田村議会 2020-03-10 03月10日-02号

県は、今月中に市町村特有の健康課題を分析し、科学的根拠に基づく健康づくりを進めるということです。本件としては、その結果を待つのか、それとも村独自に健診の結果を分析することも私は必要なのかなと思うんですね。その辺はどういうふうに考えているか。

福島市議会 2020-03-09 令和 2年 3月定例会議-03月09日-03号

次に、健康づくりについてです。本市は、一昨年、安らぎと潤いのあるまちで生涯にわたって健康で安心して暮らすという基本理念の下、ふくしまし健康づくりプラン2018を策定し、心筋梗塞と脳卒中の減少、健康寿命の延伸を目標に、福島市民一人一人が健康であるための各種事業を推進してきました。  健康づくりにはまずは生活習慣病予防が大切ですが、そのためには適度な運動とバランスの取れた食事が大事になります。

南相馬市議会 2020-03-09 03月09日-03号

その際新市建設計画の内容は、本来一つ一つ事業名を上げるというものではなく、例えば健康づくりのため施設の整備を行いますというような表現になります。その当時の合併したときの住民の約束事であります、それに向かって行っていくということであります。加えて南相馬市の場合には後ろに資料編として具体的な事業名がございます。それもあくまで例示ということで上げたものでございます。

塙町議会 2020-03-09 03月09日-05号

月)午前10時開議日程第1 議案第4号 塙町地域活性化施設設置条例の制定について日程第2 議案第5号 塙町塙工業高等学校奨学資金貸与基金条例の制定について日程第3 議案第6号 塙町塙工業高等学校奨学資金貸与条例の制定について日程第4 議案第7号 塙町放課後児童健全育成事業施設設置条例の制定について日程第5 議案第8号 塙町放課後子どもプラン運営委員会設置条例の制定について日程第6 議案第9号 塙町健康

福島市議会 2020-03-06 令和 2年 3月定例会議-03月06日-02号

この間、福島市においては、中核市への移行、除染の完了、福島大学食農学類の開設と県立医科大学学部の着工、待機児童の減少、救急医療体制の充実、気候変動に対応した災害に強いまちづくり、古関裕而氏を生かしたまちづくり、市民総ぐるみで健康づくりを進める健都ふくしま創造事業、誰にでもやさしいまちの実現に向けたバリアフリー推進パッケージの取組、多文化共生の推進、風格ある県都を目指すまちづくり構想の策定、福島圏域

南相馬市議会 2020-03-06 03月06日-02号

ただ、私は、この南相馬市復興総合計画後期基本計画の中で、「100年のまちづくり」、「家族や友人と安心して暮らせるまちづくり」ということでの、例えば今年度は健康づくりとか、あるいは福島イノベーション・コースト構想に基づく福島ロボットテストフィールドの活用等々様々な目標を持って進めております。そういう意味では対市民に対する市の姿勢としては、ある程度シンプルであるべきだというような思いもございます。

会津若松市議会 2020-03-05 03月05日-総括質疑-05号

健康福祉部長(長谷川健二郎) 今ほど、先ほど申し上げた6項目については、点数それぞれあるわけでございますが、それぞれが例えば特定検診であれば実施率を上げる、これは強いて言えば被保険者の健康につながるという部分もございますので、単純に点数をよくするためにということではなくて、これ項目それぞれ見ると、やはり健康づくりの取組をしているかとか、あと糖尿病への重症化への予防の取組しているかとかという部分もございますので

相馬市議会 2020-03-05 03月05日-02号

市は、去る1月31日に、相馬市体育協会から、市内屋内体育施設照明使用料金の軽減について要望をいただき、検討の結果、軽減により各種大会等の誘致に有利になり交流人口の拡大に資すること、市民がこれまで以上に利用しやすくなることで健康づくり等に寄与することが期待できると判断し、市内屋内体育施設照明使用料金を無料とすることとし、相馬市スポーツ施設条例の改正について本定例会に提案しております。 

白河市議会 2020-03-04 03月04日-02号

具体的には、健康分野には白河医師会と健康づくり推進協議会から、子育て分野には、子ども・子育て会議と子育て関連施設営団体から、生涯学習分野には生涯学習推進会議と公民館運営審議会から、まちづくり分野では、地域活性化協議会等連絡調整会議と中心市街地活性化議会からそれぞれ委員を推薦していただき、構成しております。 

塙町議会 2020-03-04 03月04日-03号

キャンセル、それとこのたびの新型コロナウイルス、この影響によりまして、今、少し前ですけれども、話を聞いたところ、ほぼキャンセル状態になっておるということで、宿泊者が5月近くまでまずないということで、大変な苦境にあることも事実でありますけれども、その中にありましても、しっかりとその役目を果たすべく、と申し上げますのは、宿泊の部分はもう一つの大きなポジションでありますけれども、もう一つのポジション、町民の健康