427件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

会津若松市議会 2022-06-17 06月17日-一般質問-02号

観光では、極上の会津プロジェクト協議会を初めとした広域連携による周遊観光促進や平成29年のJR東日本の「TRAINSUITE 四季島」の会津若松駅への停車、東武鉄道新型特急リバティ会津」の会津鉄道への乗り入れ、昨年の戊辰150周年などを契機とした誘客促進、また、インバウンド対策として台湾、タイ王国等への観光プロモーション受け入れ態勢整備などに取り組んでまいりました。

南相馬市議会 2020-03-12 03月12日-05号

利用者については、福島市から福島ロボットテストフィールドへの来訪者を初め、途中停車するフレスコキクチ東原町店、市立総合病院福島環境創造センターなどの施設を利用する市民などを想定しているところでございます。 ○議長今村裕君) 11番、鈴木昌一君。 ◆11番(鈴木昌一君) 2款総務費、1項総務管理費、13目諸費、55-20生活路線バス運行維持対策事業補助金

相馬市議会 2020-03-06 03月06日-03号

3件目のJR相馬駅のエレベーターについてでありますが、昨日の立谷議員の質問と重複しており、おおむね了解いたしましたが、エレベーター設置については、JR常磐線が3月14日に全線開通となり、特急停車し、今後、多くの利用客が見込まれます。また、市長の前回の選挙の公約の一つでもあり、多くの市民が一日も早い完成を望んでおりますので、事業進捗状況供用開始見通しについて改めて詳細な答弁を求めます。 

伊達市議会 2020-03-04 03月04日-03号

また、スクールバス停留所安全確保についてでございますが、スクールバス停留所につきましては、極力見通しがよく、バス停車時の道路幅員が確保できることなど、梁川地域では現在29か所を設定しているところでございます。各停留所には、スクールバス停留所の看板を設置し、通行車両にも注意を促す努力をしているところでございます。 以上でございます。 ○議長高橋一由) 佐藤清壽議員

二本松市議会 2020-03-04 03月04日-05号

2点目の全体計画年度ごと事業額と工程でございますが、杉田停車場線は全長約390メートルの道路整備であり、令和年度事業額は、駅前広場から北側へ100メートルの道路新設工事費で約4,000万円、駅前広場公衆トイレ工事で約6,500万円、令和年度は約120メートル区間工事費で約5,300万円を予算計上したところであります。

二本松市議会 2019-12-11 12月11日-04号

なお、取得済み用地のうち、県道安達停車場線沿いの約4,300平方メートルの用地につきましては、有効活用を図るために砂利敷き駐車場として整備を行い、昨年10月から安達支所安達文化ホール等周辺公共施設利用者駐車場として供用を開始したところでございます。 今後の整備方針でありますが、当面、未買収地用地取得計画面積の変更も含め検討を行いながら、有効利用を図ってまいりたいと存じます。 

福島市議会 2019-12-09 令和 元年12月定例会議−12月09日-03号

したがいまして、まず伝え方の工夫といたしましては、消防本部での実証実験の結果を踏まえ、広報車による広報の際には、できる限り短い文章で、停車して、複数場所で、複数回の広報を心がけ実施をしているところであります。  また、現在、同報系防災行政無線の導入に伴う屋外スピーカー戸別受信機設置などの検討を進めておりますので、さまざまな方法で市民へ情報を伝えるよう努めてまいりたいと考えております。

本宮市議会 2019-12-06 12月06日-03号

この南側でございまして、中條地内の一部から上町地内のほうが未整備ということでございまして、こちらの区間整備につきましては、市のほうといたしましても、早期整備につきまして県のほうに要望しておりますけれども、現在県といたしましては、本宮駅前本宮停車場・中條線整備を先行しているということで、この区間整備は、時期は未定ということでございますけれども、町並みの関係もございますので、早期整備できるように

喜多方市議会 2019-12-05 令和元年第7回定例会(5日目) 本文 開催日:2019年12月05日

本市において、電線地中化が行われている箇所は、県道喜多方停車場線喜多方駅前から約500メートルの区間都市計画道路坂井四ツ谷線のふれあい通りから産業道路までの約190メートルの区間及び幸橋の前後の約200メートルの区間となっております。県においては、現在ふれあい通り電線地中化を進めているところであり、このほかに国道459号の上町新町地内において電線地中化検討されているところであります。

須賀川市議会 2019-10-09 令和 元年  9月 定例会-10月09日-04号

◆1番(堂脇明奈) 旧市内であっても、道路に面した集会所などでバスが安全に止まれるところでは停車場所が細かくなってしまうかもしれませんが、高齢の方の体を考えれば、少しでも自宅近くで乗り降りできるように配慮していただきたいと思います。  90歳を超える方でも、御自分の足で歩いてバスに乗り、買物をしている方がいらっしゃいます。

棚倉町議会 2019-09-12 09月12日-03号

その中で、堤地区は私のご承知のように地元でありますが、堤を通っていたものがバイパスを通過すると停車をしない、なぜそのような交渉の経過になったのかもお尋ねをいたします。 3点目といたしまして、重要な問題でありますが、白河市が求めております、お互いに、今までの金額は違いますが、なぜ、棚倉町は負担金を負担しないのか、出す考えはないのか伺います。 

伊達市議会 2019-09-12 09月12日-04号

事故の概要といたしましては、職員が公用車を運転中、前方不注意によりまして、停車中の相手方車両に追突。相手方頸部及び背部を受傷させたということでございます。 ○議長高橋一由) 近藤議員。 ◆6番(近藤眞一) 何か年々件数がふえているというような、3件、6件、8件、交通事故が増えているというのはよくないことですよね。今定例会にも人身事故が1件出ていましたよね。

本宮市議会 2019-09-10 09月10日-04号

本宮市の商店街でありますけれども、比較的新しい商店街というふうな認識を持ってございまして、これにつきましては、8.5水害での激特事業実施、その後に行われました街路事業によりまして、荒町地区から中條地区までについてはおおむね整備がされたと、今、駅前停車場線整備しようとするというふうな、そういう状況でございます。 

泉崎村議会 2019-09-10 09月10日-02号

村内を歩きますと、村道などの生活道路通勤道路が非常に狭くて、対向車が来た場合に、それぞれ停車をして徐行して交互に通行しなければ通れないと、こういう場所が数多くあるわけです。財政再建も終了いたしましたので、財政再建後の政策課題として位置づけて、そして、計画をつくって順次拡幅改良をするべきであるというふうに思いますが、見解を伺っておきます。 

泉崎村議会 2019-09-05 09月05日-01号

首都圏への高速バスの新規停車が実現したことで、当地域生活圏の拡大や観光等交流人口増加等により、地域活性化が期待されるものであります。 8月9日11時からは、白河市の妙関寺において交通事故物故者供養祭が営まれ参列しております。 8月23日午後7時から、泉崎村民ホールにおいて第13回市町村対抗福島軟式野球大会泉崎チーム結団式が執り行われました。