運営者 Bitlet 姉妹サービス
1163件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-11 福島市議会 平成30年12月定例会議−12月11日-04号 こういった発想というのはなかなか行政ではできないかなということを申し上げますが、民間というのは失敗すれば倒産するという、そういう切迫感の中で、限られた予算、時間の中で必死にこういった事業に取り組んでいるのだというあかしではないかなというふうに思います。   もっと読む
2018-09-20 須賀川市議会 平成30年  9月 決算特別委員会-09月20日−01号 税目ごとの欠損につきましては、税目ごとの欠損状況は出しておりませんので、市税につきましては、倒産が187件、無財産が729件、死亡が432件、生活困窮が16件、行方不明が60件、合わせまして1,424件。この件数は、期別ごとを1件として捉えてカウントしております。市民税の内訳では出しておりませんので、御了解いただきたいと思います。  以上です。 もっと読む
2018-09-19 福島市議会 平成30年9月19日決算特別委員会経済民生分科会−09月19日-01号 ◆山岸清 委員  成果表の89ページ、商工業振興費で、中小企業信用保証料補助金、それなりにやってきてあるのだけれども、これ実質的にこの保証料、要するに倒産、潰れた件数はあるのかい、ないのかい。 ◎商業労政課商業振興係長 そのような案件はございません。 ◆山岸清 委員  潰れて保証料払っても、そのために保証料補助しているのだから、何とも言えないのだけれども、ないならそれでいいことです。 もっと読む
2018-09-14 会津若松市議会 平成30年  産業経済委員会-09月14日−02号 ◆成田眞一委員 大変失礼なことを言うと、私はそういうITのほうではよくわからないのだけれども、職場の方は、行政に携わっている方はいると思いますが、往々にしてこれは戸川委員が言われたように倒産して、そういう方においてそれを本当にその調査できる、皆さんもできるのでしょう、できる職員は養っているのでしょうか。 ○委員長(古川雄一) 企業立地課長。 もっと読む
2018-09-10 福島市議会 平成30年 9月定例会議−09月10日-03号 北茨城市では、太陽光発電施設の導入件数が増加をして、事業者間の競争の激化等で経営悪化に伴う倒産が急増して、太陽光発電施設が管理されない状態が危惧されることや、適切な管理運営を行わないことによる土砂流出や、周辺環境への配慮による設計変更、さらには災害により破損した太陽電池モジュールによる感電等の問題が顕在化している背景から、太陽光発電施設が長期にわたり安定的に発電を継続していくためには、諸問題に配慮した もっと読む
2018-06-14 福島市議会 平成30年6月14日経済民生常任委員会-06月14日-01号 こちらは、会社の倒産や解雇など非自発的な失業者に対する保険税の軽減手続きをいただく際に対象であるかの確認を行うため、ハローワークが発行いたします雇用保険受給資格者証の提示を求めているところでございますが、ことし7月より個人番号、いわゆるマイナンバーを活用した情報連携が開始いたしますことから、情報連携により対象者であることが確認できる場合につきましては雇用保険受給資格者証の提示が不要となることから、規定文言 もっと読む
2018-06-13 福島市議会 平成30年6月13日経済民生常任委員会-06月13日-01号 だから、早くこれ土地処分してもらいたいというのは大分前からみんな思っているのだけれども、銀行も倒産しても困るけれども、ならば市の基金のほうに余裕があれば、基金から投げてやったほうが回し方がいいのではないの。これは要望だ。部長、何か話したいことあれば、言ってもらって結構です。 もっと読む
2018-06-07 福島市議会 平成30年 6月定例会議−06月07日-02号 また、もしその会社の資産が借金より少ない場合には、ただ単なる廃業ではなくて、倒産になってしまいます。こうした中、現在、事業承継税制で事業承継がしやすくなっています。この税制によって、贈与税や相続税を猶予や免除されることができます。相続税については、期限つきで特例制度があり、相続税をゼロ円にすることもできます。画期的な取り組みだと思っております。   もっと読む
2018-03-16 会津若松市議会 平成30年  2月 定例会-03月16日−委員長報告・質疑・討論・採決−07号 民間企業の倒産パターンは、売り上げが少なくなると値上げし、労働者の首を切る。しかし、最後には倒産する。水道部もどんどん売り上げが減り、大幅な値上げをし、職員を減らし、民間への第三者委託を導入した。全く同じパターンではないか。民間ならとっくの昔に倒産している。特に企業向けの水の供給が激減している。企業は高い水道に見切りをつけ、井戸、地下水に転換した。 もっと読む
2018-02-28 会津若松市議会 平成30年  2月 定例会-02月28日−一般質問−04号 においては解決が非常に困難な事例というのが、案件が出てくるのでないか、答弁の中にもご指摘ありましたが、例えば所有者が死亡していて遠い親戚の方が相続人である、またそういった方ですとなかなか維持管理を依頼することができないでありますとか、所有者自体が遠方に居住しているために、例えば地元の家屋が今どのようになっているのか状態がわからない、場合によっては相続人の方が全員例えば相続放棄をしているであるとか、倒産 もっと読む
2017-12-12 須賀川市議会 平成29年 12月 定例会-12月12日−03号 そこで、平成28年度決算における固定資産税の不納欠損額のうち、倒産、無財産、死亡、生活困窮、行方不明の区分ごとの不納欠損額についてお聞きいたします。 ◎企画財政部長(斎藤直昭) ただいまの御質問にお答え申し上げます。   もっと読む
2017-09-14 会津若松市議会 平成29年  9月 定例会-09月14日−総括質疑−05号 この返還金の対象となった受託者、これにつきましては今ほど申し上げたとおり、単年度契約により受託していた業者であったため、倒産等により学校給食が安定して提供されなくなるおそれがあったことから、該当する6調理場の業務について平成28年度の受託者を平成29年度の契約の相手方とはしないで、地方自治法施行令の規定によりまして随意契約を行ったものでございます。 もっと読む
2017-09-11 本宮市議会 本宮市議会 会議録 平成29年  9月 定例会(第4回)-09月11日−03号 太陽光発電関連事業者の倒産が相次いでおります。東京商工リサーチのリポートによりますと、過去10年間で関連事業が290件、平成27年に54件、平成28年に65件、平成29年度は昨年以上のペースで淘汰が進むことが危惧されると書かれてあります。   もっと読む
2017-06-13 伊達市議会 伊達市議会 会議録 平成29年  6月 定例会(第2回)-06月13日−02号 例えば預金を積んでおいて銀行が倒産したときにどうしようとか、預金をおろせないというようなことと同じような形になっては困るなというふうに思っていましたので、その辺はぜひひとつよろしくお願いしたいと思います。  今いろいろお話しいただきましたけれども、もう一度今後の進め方についてお願いします。 ○議長(安藤喜昭) 答弁を求めます。  地域創生担当理事。 もっと読む
2017-06-09 塙町議会 平成29年  6月 定例会(第3回)-06月09日−02号 4番目に会社更生法の適用云々ということで、いわゆる倒産寸前の会社という者はだめですよということです。  5番目に指名の通知から開札の日まで、別に定める指名停止基準による指名停止措置を受けていない者ということでございます。  最後に、税の未納がない者という基準を定めております。  これには抵触はしていないと考えております。  以上です。 ○議長(大縄武夫君) 鈴木安次君。 もっと読む
2017-03-15 福島市議会 平成29年 3月定例会議-03月15日-08号 失業、倒産など、やむを得ない事由による申請の場合には、その他、教育委員会が特に補助する必要があると認める者の規定により協議させていただいておりますので、ご理解をお願いいたします。 ◆18番(村山国子) 議長、18番。 ○副議長(宍戸一照) 18番。 ◆18番(村山国子) 理解はできませんけれども、ただいまの答弁について質問いたします。   もっと読む
2017-03-07 須賀川市議会 平成29年  3月 定例会-03月07日−05号 また、東日本大震災においては、中小企業の再建を後押しするグループ補助金制度が新設され、熊本地震では、震災後に倒産した企業は僅か7件と平時より少なくて済んだのは、この制度が生かされたためであります。 もっと読む
2017-03-01 会津若松市議会 平成29年  2月 定例会-03月01日−一般質問−04号 この集団は、人口が減ろうが景気が悪くなろうが、民間では倒産、首切りや減給となろうが悠々たる生活を謳歌している。天下りも思いのまま。65歳になっても70歳になっても税金で飯食っている者がいる。こうしたことを放置しておいて若者対策などと言っても笑わせる。天下りは文部科学省のみではない。全ての外郭団体に対し、市でも堂々と天下りが行われてきた。  そこで市長に聞く。 もっと読む
2016-12-09 福島市議会 平成28年12月定例会議-12月09日-04号 失業、倒産など、やむを得ない事由による申請の場合には、その他教育委員会が特に補助する必要があると認める者の規定によって協議させていただいております。  就学援助につきましては、真に援助を必要としている方に対して適正に措置してまいりますので、ご理解をお願いいたします。 ◆2番(佐々木優) 議長、2番。 ○副議長(宍戸一照) 2番。 もっと読む
2016-12-06 伊達市議会 伊達市議会 会議録 平成28年 12月 定例会(第7回)-12月06日−02号 株式会社であればかなり自由度がききますので、例えば自分で増資をしたり、それから投資をしたり、会社として意思決定ができると、その分民間と同じように倒産の危険もあるわけですから、やはりそこは極めて経営者感覚でやっていかなければならないという性質のものだと思うのです。  その経営感覚だけではやれない業務というのが、一般には市の周辺に発生する業務というのは多いと思うのです。 もっと読む