運営者 Bitlet 姉妹サービス
3217件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-18 福島市議会 平成30年12月定例会議−12月18日-06号 立子山自然の家の宿泊数は年間100件を超えており、こぶし荘の廃止は児童生徒、そして保護にとって土日、夏休みなど利用が集中する時期は利用しにくくなり、民間施設の利用となることで負担が増大することが予測されます。今回の廃止は、社会教育に対する市の役割を投げ捨てるものです。  よって、議案第136号福島市社会教育館条例の一部を改正する条例制定の件については反対します。   もっと読む
2018-12-12 福島市議会 平成30年12月定例会議−12月12日-05号 いじめの認知件数が増加している理由は、学校がいじめはどこでも、どの子にも起こり得るものと捉え、いじめの初期の段階から積極的に認知し、組織的に対応しているためであり、児童生徒や保護もいじめについて認識を深めるとともに、学校に相談しやすくなってきていることが要因だと認識しております。   もっと読む
2018-12-10 福島市議会 平成30年12月定例会議−12月10日-03号 放課後児童健全育成事業は、保護が仕事等により昼間家庭にいない小学校児童に対する事業であり、あらかじめ登録をいただいた上で定期的な利用をしていただいております。そのため、放課後児童健全育成事業では保護の緊急な用件による預かりは行っておりません。   もっと読む
2018-12-07 福島市議会 平成30年12月定例会議−12月07日-02号 市町村子ども家庭支援指針に基づき、通告受理後48時間以内の対応を原則とし、対象児童の目視による安全確認のため、家庭や学校施設等の訪問を行うとともに、保護と面接し、虐待が子供の発達や脳に影響を及ぼすことなどを説明し、再発防止の注意喚起を行っております。  また、必要に応じ、育児支援サービスにつなぐなど、保護の育児不安などの課題に寄り添いながら、子供の養育に関する支援を行っております。   もっと読む
2018-09-27 会津若松市議会 平成30年  9月 定例会-09月27日−委員長報告・質疑・討論・採決−06号 最後に、陳情第4号 学校給食費の保護負担の軽減についてであります。本陳情については、学校給食費の保護負担の軽減など、2点について市に働きかけてほしいという内容でありまして、会津若松市議会基本条例第5条第4項の規定に基づき、陳情者に出席を依頼し、陳情の趣旨説明と意見陳述を求めたところであります。 もっと読む
2018-09-26 福島市議会 平成30年 9月定例会議−09月26日-08号 アンケート調査でわかった保護の7割が望む就学に係る費用を軽減してほしいとの声に応えるチャンスの年でもあったにもかかわらず、平成29年度は会議を開いたのみでした。ほかにも既存の事業があるから、そこを拡充しているとのことのようですが、早急に対応しなければ日々成長していく段階で子供の人権が守られない可能性もあります。これを放置せず、具体的に改善させることが必要でした。   もっと読む
2018-09-25 須賀川市議会 平成30年  9月 決算特別委員会-09月25日−03号 2つ目の、心の教室相談員が学校で指導、なかなか子供たちがしづらい場合、あるいは相談しにくい場合でございますが、その際には、心の教室相談員のほかに市のスクールソーシャルワーカーが2名配置しておりますので、そちらのほうを通じて、随時家庭や、あるいは別の場所、公共機関等での部屋を借りながら、子供あるいは必要に応じて保護等々とも相談をしている状況でございます。  以上でございます。 もっと読む
2018-09-25 会津若松市議会 平成30年  予算決算委員会-09月25日−04号 健康福祉部からは、待機児童の解消のため、委託先との調整や本定例会に提案した一箕第三こどもクラブの増設などにより待機児童解消を進めているとの答弁がなされたところであり、その取り組みには一定の評価をするところであるが、こどもクラブの運営に対しては一部保護からの苦情や学校等との連携不足が見受けられることから、関係者間の意見調整の機会を積極的に設ける必要があるとの考えが示されました。   もっと読む
2018-09-21 福島市議会 平成30年9月21日決算特別委員会全体会−09月21日-01号 ◎こども育成課保育認定係長 実態につきましては、保育所等に通所中の児童が病気の回復期であり、集団保育が困難な期間に病院内の静養室で一時的に預かり、保護の子育てと就労の両立を支援したもので、花園町にあるキッズケアルーム花園と委託契約を締結し、事業を実施しております。平成29年度の利用件数は延べ115人でした。 もっと読む
2018-09-20 須賀川市議会 平成30年  9月 決算特別委員会-09月20日−01号 これ、保護の方から大変好評を得ている事業であります。その中で、報告書55ページの下段の、支給者数は前年度より42人減少しましたが、給付費は205万3,000円増加しましたとあります。この人数は減っているけれども、給付額が増えた理由について、まず1点目。  もう一つが、応援券は有効期間が発行日から1年間のため、年度末に未使用の応援券があり、扶助費に不用額が生じたとあります。 もっと読む
2018-09-20 福島市議会 平成30年9月20日決算特別委員会文教福祉分科会−09月20日-01号 9番、児童手当39億3,140万5,000円は、中学校修了前までの子供を対象に、養育している保護等へ手当を支給したものでございます。  次に、10番、児童扶養手当10億5,533万3,000円は、ひとり親世帯の生活の安定と自立促進のため、手当を支給したものでございます。  次に、49ページをごらんください。 もっと読む
2018-09-19 福島市議会 平成30年9月19日決算特別委員会文教福祉分科会−09月19日-01号 未収となっております給食費の督促につきましては、教育長による文書督促、学校長による保護との面談等により行っているところでありますが、今後も学校と連携を図りながら早期回収を図ってまいりたいと考えております。   もっと読む
2018-09-18 会津若松市議会 平成30年  文教厚生委員会-09月18日−06号 それでは、陳情第4号 学校給食費の保護負担の軽減についてを議題といたします。  陳情事項は、陳情文書表中、記の事項、市は、小中学校給食費の保護負担分の軽減について、その実現を図ってほしいということ、さらには国及び県に対して、学校給食費の無料化を講ずるよう意見書を提出してほしいという内容であります。   もっと読む
2018-09-14 福島市議会 平成30年9月14日文教福祉常任委員会-09月14日-01号 ◎こども育成課長 もともと子ども・子育て支援法の仕組みというのがすごくわかりづらいと思うのですけれども、例えば費用が10かかるとなっていて、10かかる分は、本当は保護に全部負担、こっちがお金を渡して保護が納めるよというのが本来の形になっていて、本当だと10のうちの、全部かかる費用が10あって、そのうちの全部を保護が負担しなくてはいけないのだけれども、保護に補助して、それが保護が負担しなくてはいけないのだけれども もっと読む
2018-09-13 須賀川市議会 平成30年  9月 定例会-09月13日−05号 しかし、保護の中には、学区により児童、生徒数に偏りがあって特に規模の小さな学校では、学力面での競争心がなくなってしまうとか、授業以外の活動では大人数での団体競技を経験できないなどと危惧する声がありますので、そのことについての見解を伺います。  また、西袋第二小学校と小塩江小学校では、一部の学年で複式学級が導入され、来年度には大森小学校でも一部導入の見込みです。 もっと読む
2018-09-13 福島市議会 平成30年9月13日文教福祉常任委員会-09月13日-01号 そうしますと、やはり保護とか、そういう人たちが、保護とか、同窓会とか、そういったことに頼って備えるとか、なかなか備えられないというのが今の現実なわけであって、そこら辺の対応の仕方も、いろんな財団とかもありますので、そういったことで底上げを少しでも図っていただくように、楽器類の調達に関してはいろんな方法で、やはり要望が上がってきたらばちゃんと対応できるようなシステムといいますか、そういったことを要望 もっと読む
2018-09-12 須賀川市議会 平成30年  9月 定例会-09月12日−04号 児童クラブでは保育料とは別に、おやつ代や教材費、保護会費として、月額2,000円から3,000円を各施設がそれぞれに徴収しておりますが、これは、誕生会や季節ごとのイベントなど、施設によって運営内容が異なっているためであります。   もっと読む
2018-09-12 会津若松市議会 平成30年  9月 定例会-09月12日−一般質問−04号 そういった中で虐待についてでございますけれども、やはり保護の方々に啓蒙していかなければならない部分もたくさんございます。そこで、学校では入学説明会時に通告義務があるという部分についてはっきり説明をするとか、あるいは先ほどありましたけれども、親子仲よくというような話もありますが、そういったことにつきましては学校のホームページ、あるいは通知文等について保護の方々に呼びかけているところであります。 もっと読む
2018-09-11 福島市議会 平成30年 9月定例会議−09月11日-04号 ファミリーサポート事業は、子育ての援助を受けたいお願い会員と子育ての援助を行いたいまかせて会員を組織化し、ファミリーサポートセンターにおいて会員同士のマッチングや援助活動に関する事前打ち合わせを行い、会員相互の信頼関係のもとに援助活動を行うことにより、地域において保護が仕事と育児を両立できる環境づくりを行う事業であります。   もっと読む
2018-09-11 会津若松市議会 平成30年  9月 定例会-09月11日−一般質問−03号 また、口座引き落とし等に要する振込手数料につきましては保護に負担いただいているところでありますが、手数料の安価な金融機関を利用いただくなど、保護の理解のもと運用がなされているものと認識しております。  次に、教員の多忙化問題についてであります。本市教員は長時間勤務が常態化していることから、多忙化の状態にあるものと認識しております。 もっと読む