2108件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

須賀川市議会 2019-10-10 令和 元年  9月 定例会−10月10日-05号

また、国においても環境省避難所として位置付けられた施設における発電電力供給等の機能発揮が可能な再エネ、畜エネシステムの整備補助金を新たに創設するなど、各省庁での新規拡充事業がスタートしております。  そこで、質問ですが、須賀川市においても、長期間停電に対応できる備えを促進すべきと考えますが、市としての考えをお聞きいたします。  

須賀川市議会 2019-10-09 令和 元年  9月 定例会-10月09日-04号

1点目は、施設総量の縮減を図り、公共施設のコンパクト化及び長寿命化を推進し、供給量の適正化を図ること、2点目は、施設の老朽化の状況や利用実態等を踏まえ、今後も継続すべき施設については計画的な修繕による品質保持に努め、既存施設有効活用を図ること、3点目は、情報の一元管理を図るためのシステム構築及び全庁的な推進体制の確立により、効率的な管理運営を推進することであります。

福島市議会 2019-09-24 令和 元年 9月定例会議−09月24日-06号

提案理由の説明   6 質疑、委員会付託、討論、採決   7 追加議案第119号、第120号の提出       議案第119号 家庭教育支援法の制定を求める意見書       議案第120号 地方財政の充実・強化を求める意見書   8 説明、質疑、委員会付託、討論、採決   9 新庁舎西棟建設調査特別委員会の設置及び委員の選任   10 福島市選挙管理委員及び同補充員の選挙   11 福島地方水道用水供給企業議会議員

福島市議会 2019-09-11 令和 元年 9月定例会議−09月11日-05号

今後におきましても、民間事業者などに対してはホームページで地区計画の状況や運用基準をお示しするとともに、地域の方々が民間事業者を選定するにあたっては、相談できる複数の業界の団体紹介するなど情報提供を図りながら、宅地の需要と供給のバランスや自然環境の保全と農林業との調和の中で、適正な土地利用の誘導により、地域活力の向上が図られるよう努めてまいりたいと考えております。

福島市議会 2019-09-10 令和 元年 9月定例会議−09月10日-04号

災害応急対策または災害復旧を的確かつ円滑に実施するため、生活必需物資供給については小売業など14業者、応急復旧協力については建設関係協同組合など14業者、救護活動、医薬品供給については医療関係3業者など、現在、合計90業者と災害協定締結し、協力体制を構築しているところであります。 ○副議長(尾形武) 萩原太郎議員

福島市議会 2019-09-09 令和 元年 9月定例会議−09月09日-03号

再生可能エネルギーは、地域資源を使うわけですから、原発のように大企業のもうけの対象ではなく、市民地域主導の取り組みによって、災害の不安のないところに適正規模で設置され、消費者である市民が生産者、供給者となり、利益が地域に還元され、地域経済の活性化に寄与し、好循環をもたらされるべきものではないでしょうか。福島のこの豊かな自然と市民の命と暮らしを守るための取り組みが、今こそ求められています。  

福島市議会 2019-09-06 令和 元年 9月定例会議−09月06日-02号

東京2020大会開催期間の選手村における本市産モモの使用の売り込みについてでありますが、福島県において大会期間中に供給可能なモモを含む29品目につきまして、ケータリング会社等へ提案を行っているところであり、本県をはじめ各県の推奨食材の中からケータリング会社が選定した食材が選手村で使用されることになっております。

福島市議会 2019-09-02 令和 元年 9月定例会議−09月02日-目次

    小熊省三議員 …………………………………………………………………………………… 297   採     決 ……………………………………………………………………………………… 298   新庁舎西棟建設調査特別委員会の設置及び委員の選任 ………………………………………… 299   福島市選挙管理委員及び同補充員の選挙 ………………………………………………………… 299   福島地方水道用水供給企業議会議員

福島市議会 2019-08-08 令和 元年 8月緊急会議−08月08日-01号

────── 議 事 日 程   1 仮議席の指定   2 会議録署名議員の指名   3 議長選挙   4 議席の指定   5 副議長選挙   6 議会運営委員の選任   7 会議の期間の決定   8 常任委員の選任   9 常任委員の辞退   10 組合議会議員選挙       伊達地方衛生処理組合議会議員選挙       川俣方部衛生処理組合議会議員選挙       福島地方水道用水供給企業議会議員

須賀川市議会 2019-06-13 令和 元年  6月 定例会−06月13日-05号

目標達成をより確かなものにするためには、家庭や事業所など生活に身近な場所での導入促進とともに、安定的な電気の供給という観点から、バイオマスや小水力、地熱など本県の豊かな自然をフルに活用したエネルギー源の多様化を図ることが必要だと思われます。  県の次期計画では、再生可能エネルギーに関連した産業集積を充実する見通しです。

福島市議会 2019-06-12 令和元年6月12日総務常任委員会-06月12日-01号

◎予防課消防設備係長 ただいま委員からありましたてんぷら鍋から火が出た場合の安全対策については、こんろ自体にSiセンサーという過熱防止装置が設けられておりますので、仮に温度が過熱した場合は自動的に機器自体がガスの供給をストップするような仕組みをとっているものであります。 ◆粕谷悦功 委員  よくてんぷら鍋で火事によくなるでしょう、高齢者のところで。

福島市議会 2019-06-07 令和 元年 6月定例会議−06月07日-03号

五葉松盆栽の国際的な普及などによりまして、安定供給検疫対応などの課題はありますものの、今後は輸出需要が増加することも期待されますので、国、県の農作物輸出戦略の中で盆栽の輸出推進に向けた位置づけについて働きかけをしてまいりたいと考えております。 ○議長(半沢正典) 尾形武議員。 ◆26番(尾形武) 吾妻五葉松が4%の割合ということでございますので、まだまだ伸び代がたくさんあるなと思っております。

福島市議会 2019-03-20 平成31年3月20日予算特別委員会総務分科会−03月20日-01号

◆粕谷悦功 委員  それで、市が持っている土地の中に、もともとは県の土地開発公社団地供給公社かな、蓬莱団地供給公社は県が持っていたのだけれども、駐車場もあるのだよね、あそこ。駐車場は、これ市が管理しなくて、振興公社かな、あれ。管理して、駐車場を貸し付けしているのだけれども、これは何でこういうふうになっているのだい。

福島市議会 2019-03-19 平成31年3月19日予算特別委員会建設水道分科会−03月19日-01号

7目都市再開発事業費でありますが、社会資本整備総合交付金事業費4億5,060万円は、太田町地区市街地住宅供給型優良建築物等整備事業費、新浜町地区優良再開発型優良建築物等整備事業費、福島駅東口地区市街地再開発事業費であります。  再開発市単事業費610万4,000円は、再開発事業等に係る事務費などであります。  以上、歳出の合計金額は35億275万3,000円であります。  

福島市議会 2019-03-18 平成31年3月18日予算特別委員会経済民生分科会−03月18日-01号

1款1項1目温泉使用料7,298万7,000円は、飯坂町財産区の主要な事業である温泉供給事業として、旅館をはじめ計72カ所の施設等に温泉供給しており、その対価として収入する使用料です。  2目公衆浴場使用料1,860万5,000円は、飯坂町財産区では八幡の湯をはじめ合計4カ所の公衆浴場を管理運営しており、その公衆浴場の使用料です。  次に、歳出の主なものについてご説明いたします。