960件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

会津若松市議会 2029-12-10 12月10日-一般質問-03号

また、福島県の中でも言いましたが、郡山市福島市伊達須賀川市など幾つかの市で実際つくっております。そういうところでは、私は会津若松市で実際やってはいない先進的な施策もやられてきているのではないかと思うのですが、そういう認識はありますか。 ○副議長(樋川誠) 健康福祉部長。 ◎健康福祉部長(長谷川健二郎) 改めて条例の制定の考え方でございますが、他市の状況、さまざまな施策をとられている。

伊達市議会 2020-03-19 03月19日-07号

29 議案第27号 令和2年度伊達一般会計予算日程第30 議案第28号 令和2年度伊達国民健康保険特別会計予算日程第31 議案第29号 令和2年度伊達後期高齢者医療特別会計予算日程第32 議案第30号 令和2年度伊達介護保険特別会計予算日程第33 議案第31号 令和2年度伊達粟野地区農業集落排水処理事特別会計予算日程第34 議案第32号 令和2年度伊達工業団地特別会計予算日程第35 議案第

福島市議会 2020-03-12 令和 2年 3月定例会議-03月12日-06号

近隣自治体伊達、川俣町、二本松市、田村市では、宅地に流入した土砂の収集撤去事業を行っています。また、伊達、川俣町、二本松市は、被災者の皆さんに寄り添って、復旧事業までも行っています。本市でかたくなに宅地に入った土砂の収集を実施しない理由について伺います。 ◎環境部長(清野一浩) 議長環境部長。 ○議長(梅津政則) 環境部長。 ◎環境部長(清野一浩) お答えいたします。  

福島市議会 2020-03-10 令和 2年 3月定例会議-03月10日-04号

また、令和2年度夏頃までには伊達の国道4号インターチェンジから桑折町の桑折ジャンクションの区間、令和2年度末までに霊山インターチェンジから国道4号インターチェンジの開通予定が示されました。  今定例会議には、福島おおざそうインター工業団地のB区画とC区画の財産処分の件、つまりは事業者への土地売却、譲渡に関する議案提出がされております。

南相馬市議会 2020-03-10 03月10日-04号

観光の広域連携、物流や企業進出の拡大、防災面での連携、促進につなげたいと県内外の自治体から、特に福島市伊達相馬市からは各市長が出席し、地域観光シンクタンク代表観光情報発信業者、旅行会社など約270人が参加して意見交換会や地域連携発展に向けたアイデアを出し合いました。同じく2月18日、二、三年後に相馬港への観光船クルーズ誘致を目標に、相馬港クルーズ振興協議会が発足され、設立されました。

相馬市議会 2020-03-06 03月06日-03号

市が加盟している福島市相馬市・二本松市・伊達観光圏議会は、これまで、各自治体の豊富な観光資源を組み合わせたモデルコースを開発し、その情報発信やプロモーション活動を行ってまいりました。また、相馬、福島、米沢の各商工会議所は、長年にわたり物産販売や観光PRを、相互連携の下、それぞれの地域で行っております。 

伊達市議会 2020-03-05 03月05日-04号

既存の施設としましては、現在の伊達保原保健センター、それから伊達子育て世代包括支援センター「にこにこ」を改修していきたいというふうに考えております。さらには、保原地域上保原で実施しております伊達発達支援室「こどもも」、こちらの機能も集約をしていきたいというふうに考えております。現在、施設に必要な機能を精査している段階でございます。 以上です。 ○議長(高橋一由) 菅野議員

伊達市議会 2020-03-04 03月04日-03号

なお、この風水害対策質問をするに当たり、伊達防災マップ及び伊達地域防災計画を参考にします。また、私は平成30年9月定例会においても豪雨災害対策をテーマとした質問をしており、それと重複する部分も多いですが、非常に重要な内容ですから真摯に受け止めていただけたらありがたいと思います。 まず、伊達防災マップ14ページの内容についてです。 

伊達市議会 2020-03-03 03月03日-02号

次に、伊達経済活性化についてお尋ねいたします。 東日本大震災もありました。そして今回の台風19号(令和元年東日本台風)の被害を受けた伊達の方々は、心も体ももう全て、生活もずたずたになっております。それでも一生懸命頑張っている伊達産業の復旧はどの辺まで進んで、市はどのような支援を行っているのか。

相馬市議会 2020-03-02 03月02日-01号

次に、去る2月18日、本市、新地町福島市伊達、米沢市、国、県、商工会議所等で組織する相馬港クルーズ振興協議会を設立いたしました。 今後、協議会を中心に、2年後あるいは3年後のクルーズ船誘致の実現を目指し、相馬地方と県北地方山形県南部までの広域観光ツアーの創出、クルーズ船社の商談会でのPRなどに取り組んでまいります。 

二本松市議会 2020-02-28 02月28日-02号

そして伊達は二本松市よりちょっと多くて、39人。郡山市が124人。会津若松市が83人ということでございました。定数の考え方は、この辺からも、ちょっと考慮しなければならないのかなというふうに思っておるところで。その地の地形とか、その実情にあった定数も考えられますので、一概にどうとは言いませんけれども。 

伊達市議会 2020-02-27 02月27日-01号

号 令和元年度伊達公共下水道事業特別会計補正予算(第5号)日程第28 議案第25号 令和元年度伊達工業団地特別会計補正予算(第3号)日程第29 議案第26号 令和元年度伊達水道事業会計補正予算(第5号)日程第30 議案第27号 令和2年度伊達一般会計予算日程第31 議案第28号 令和2年度伊達国民健康保険特別会計予算日程第32 議案第29号 令和2年度伊達後期高齢者医療特別会計予算日程第

福島市議会 2019-12-11 令和 元年12月定例会議-12月11日-05号

当面の症状の急変が認められない場合に、子供保育所医療機関の専用スペースで一時的にお預かりする制度となるいわゆる病児保育を行っている園は、全国では1,200カ所を超え、福島県のホームページに掲載されている資料では、郡山市が4カ所、いわき市が3カ所、会津若松市伊達がそれぞれ1カ所ずつあるようです。  そこで、質問です。

福島市議会 2019-12-10 令和 元年12月定例会議-12月10日-04号

でも、いわき市、須賀川市伊達なんかは被災者衛生面の不安解消のために、床下消毒を行政が無償で行うことを決めて実施しています。  福島市も、現在床下消毒を実施しない方針ですけれども、被災者衛生面での不安解消のためにも実施すべきと考えますけれども、市の見解を伺います。 ◎健康福祉部長(加藤孝一) 議長健康福祉部長。 ○副議長(尾形武) 健康福祉部長

二本松市議会 2019-12-10 12月10日-03号

3点目に、県内の自治体では、伊達と川俣町で被害を受けた宅地内での土砂撤去など、災害復旧への支援として独自に補助制度を設けています。本市でも同様の制度の創設は考えられないかお伺いいたします。 4点目に、今回の台風19号の避難所の開設とその周知について伺います。岩代地区の旭住民センターは、百目木の町内から横町橋を通って、口太川を渡らなければなりません。

福島市議会 2019-12-09 令和 元年12月定例会議−12月09日-03号

伊達は、宅地に被害があった場合に…… ○副議長(尾形武) 細目5番は終わったので、細目6番でお願いします。 ◆18番(小熊省三) 次の質問伊達は、宅地に被害があった場合に、土砂撤去や崩落部分の復旧に対して復旧費用の1万円から最大65万円の補助を行う宅地関連災害復旧事業を設けています。伊達では、今回の災害で448カ所を対象にしています。川俣でも上限50万円を補助しています。