2016件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

須賀川市議会 2020-05-12 令和 2年  5月 経済建設常任委員会-05月12日-01号

次に、中小企業、小規模事業者の方を対象といたしました信用保証補助でございますが、こちらにつきましては、既に借入れを行っております市制度融資につきまして、返済期間などの融資条件の変更に伴いまして増額となる信用保証料について補助するものでございまして、上限20万円を補助するような内容となってございます。  

須賀川市議会 2020-04-27 令和 2年  4月 文教福祉常任委員会−04月27日-01号

その一方、そのニュースですけれども、民間企業の動きが活発で、無料のオンライン教材をうたった学習塾や民間企業新規参入が相次いでおり、市場規模は2023年に3,103億円に達する見込みであるというニュースでありました。こうした民間企業を後押ししているのが文科省ではなくて学習塾などを所管する経済産業省でありますので、当委員会の所管外ということになります。  

喜多方市議会 2020-03-26 令和2年第2回臨時会(1日目) 本文 開催日:2020年03月26日

現在、市におきましては、市内商工団体企業、事業者、金融機関等との意見交換を行うなど情報収集を行っているところであります。今後、国・県の経済対策の状況を踏まえるとともに、市内事業者に対し、迅速かつ効果的な市独自の支援策を早急に検討し、対応してまいりたいと考えております。  引き続き、新型コロナウイルス感染症対策につきましては、市民安全安心を第一に考え、万全な対応を行ってまいります。  

福島市議会 2020-03-25 令和 2年 3月定例会議−03月25日-07号

消費税社会保障の財源や国の財政再建に使われたのではなく、大企業や富裕層の減税の穴埋めにされたということをこの数字は示しています。  国民生活を守るためには、経済危機を打開する大胆で強力対策が不可欠です。それが消費税の5%減税です。自民党の中からも消費税を5%にするのも一つの考え方、消費税は当分の間税率をゼロ%になどの声が出始めています。

須賀川市議会 2020-03-18 令和 2年  3月 定例会−03月18日-06号

本案は、下水道事業等について、本年4月1日から地方公営企業法の全部適用となることに伴い、下水道事業及び農業集落排水事業に従事する職員が公営企業事務部局職員となるため、職員定数を改めるとともに、「地方公務員法及び地方自治法の一部を改正する法律」の施行に伴う引用条項のずれを整理するものであります。  審査の結果、本案は原案のとおり可決すべきものと決しました。  

喜多方市議会 2020-03-17 令和2年第1回定例会(7日目) 本文 開催日:2020年03月17日

そのような中で、人手不足を補うための外国人労働者数は、前年比で約20%増加しており、障がい者雇用数は県内民間企業で過去最高を更新している。また、パート労働者契約社員、派遣社員などの非正規労働者雇用全体の約4割となるなど、働き手の多様化も進んでいる。  このような国籍の違いや障がいの有無、雇用形態の違いなどを理由に労働者を低賃金雇用することがあってはならない。

福島市議会 2020-03-11 令和 2年 3月定例会議-03月11日-05号

さて、5番目は福島市中小企業振興基本条例の中身についてお尋ねをしていきたいと思います。  その中の中小企業振興プログラムの進捗についてであります。  福島市中小企業振興プログラムにつきまして、これまでの実施状況についてお伺いをいたします。 ◎商工観光部長(西坂邦仁) 議長、商工観光部長。 ○副議長(尾形武) 商工観光部長。 ◎商工観光部長(西坂邦仁) お答えします。  

須賀川市議会 2020-03-10 令和 2年  3月 文教福祉常任委員会-03月10日-01号

文化センター耐震補強改修工事につきましては、一部リニューアルも含めた内容として令和元年6月20日に議決をいただき、熊谷組・横山建設特定建設工事共同企業体が契約金額21億1,750万円で工事を進めているところでございますが、今回、契約金額の変更が必要となったものであります。  

福島市議会 2020-03-10 令和 2年 3月定例会議-03月10日-04号

平成27年度より、女性の活躍や男女がともに働きやすい職場環境づくりを積極的に行う中小企業認証事業、働く女性応援企業認証事業を実施しております。今後の認証企業の数値目標と、認証事業をどのように施策に結びつけていくのか、令和2年度以降の施策の展開についてお伺いいたします。  次に、ひとり親家庭への支援に関してお伺いしてまいります。  

須賀川市議会 2020-03-09 令和 2年  3月 総務生活常任委員会−03月09日-01号

第1、提案理由でありますが、下水道事業については、令和2年4月1日から地方公営企業法の全部適用となることに伴い、下水道事業及び農業集落排水事業に従事する職員が、新たに公営企業事務部局職員となり、市長の事務部局と公営企業事務部局の職員定数を改めるとともに、地方公務員法及び地方自治法の一部を改正する法律が令和2年4月1日に施行され、当該条例においても引用している条項に変更が生じることから、これを改正

須賀川市議会 2020-03-09 令和 2年  3月 産業建設常任委員会-03月09日-01号

◆委員(鈴木正勝) 商工労政課関連で、追加支援策の市独自の部分なんですが、これの(1)、(2)共通なんですが、中小企業と事業継続移転補助事業と、それから中小企業と経営持続化補助事業、この2つなんですが、この補助対象者の要件なんですが、須賀川市洪水ハザードマップエリア内事業者ということになっておりますが、このハザードマップは、去年12月に新しいハザードマップの説明を受けたところでありますが、旧のハザードマップエリア

須賀川市議会 2020-03-06 令和 2年  3月 定例会-03月06日-05号

県は、ロボット代表される先端分野の産業集積や地元中小企業の振興など、雇用創出につながる施策を総合戦略の柱とし、転出超過に歯止めをかけていくことが重要だと思われます。  ビジョンの目標達成には、人口流出を防ぐほか、40年の出生率を2.11人とする必要があります。この数値は、結婚、出産、子育てについてのアンケートで理想的な子供の数を聞いて計算した希望出生率を当てはめています。

福島市議会 2020-03-06 令和 2年 3月定例会議-03月06日-02号

次に、企業誘致と雇用についてお尋ねをいたします。  真政会では、2月に、野田町にありますイービーエム社を視察いたしました。震災を機に、福島復興の一助になればとの思いで、2016年10月に本市に事業所を構えました。医療教育用シミュレーターの研究開発、製造販売を行っており、日本だけでなく、世界的にも有名な企業になっています。

喜多方市議会 2020-03-06 令和2年第1回定例会(6日目) 本文 開催日:2020年03月06日

下水道課長(唐橋 進君) 喜多方市下水道事業会計予算の概要を申し上げます前に、下水道事業の公営企業会計への移行についてご説明いたします。  本市における下水道事業並びに農業集落排水事業の経営基盤の強化や財政マネジメントの向上に的確に取り組むため、令和2年4月1日より地方公営企業財務規定を適用する公営企業会計に移行いたします。  

須賀川市議会 2020-03-05 令和 2年  3月 定例会-03月05日-04号

更に言えば、市場経済の下で企業立地はじめ、どれだけのことが実現できるか、結果を出すかということについては、市当局としても難しい、容易でないというふうには理解するところでございます。  素案でも、第1期5年間で市内立地企業数は7社、雇用者数は158名、第2期総合戦略素案では目標値を10社、雇用者数を200人と目標を設定しているところでございます。

喜多方市議会 2020-03-05 令和2年第1回定例会(5日目) 本文 開催日:2020年03月05日

それに伴いまして、例えば観光誘客、さらには物産の振興、企業誘致、さまざまな部分での活用が考えられることでございますので、先ほど言いましたように、喜多方市に魅力を感じていただけるような、誘客ですと、喜多方市に行ってみたい、喜多方市のこういうものを食べてみたい、そういうものが感じ取られるような内容とすることによりまして、観光誘客ですとか、物産の販路拡大、さらには企業誘致、企業立地、そのようなものについて

須賀川市議会 2020-03-04 令和 2年  3月 定例会−03月04日-03号

以前質問調整の中で、今後より多くの感染者が発生した場合、学校、事業者、福祉施設、市役所の対応に変化があるか、例えば学校閉鎖や休校、企業休業やテレワーク、自宅自粛、イベントや行政行事などの中止、延期などいろいろ考えられるが市の考えを伺うつもりでしたけれども、本市において2月27日の段階で指針が示され、イベント等の中止や学校休校の措置についても示されました。

喜多方市議会 2020-03-04 令和2年第1回定例会(4日目) 本文 開催日:2020年03月04日

(1)企業誘致の活動実績として、令和元年度の問い合わせ企業数、商談までに至った企業数とその業種について伺います。  (2)令和2年度の商談予定企業数と第1工区の残り2.6ヘクタールの売却見込みについて伺います。  (3)令和元年度は市内企業の増設工場としての立地予定の売約実績がありました。