134件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

須賀川市議会 2019-10-10 令和 元年  9月 定例会−10月10日-05号

本案は、平成30年12月20日に議決を受け、株式会社横山建設代表取締役、横山敦と工事請負契約締結し進めてまいりました図書館・中央公民館解体工事につきまして、廃棄物数量及び基礎解体等の内容に変更が生じたため、契約金額1億6,740万円を1億6,400万4,480円に減額する変更契約締結するに当たり、地方自治法などの規定により、議会議決を求めるものであります。  

福島市議会 2019-09-17 令和元年9月17日決算特別委員会総務分科会−09月17日-01号

その中で、いろいろな企業代表取締役や管理職の方なども一緒にいて、あと市長などもいる中で提案、4班に分かれて提案を行ったのですけれども、産休、育休中のフォローについての提案であったり、女性同士の情報交流会などを持てばもっと働きやすいものになるのではないか、あと職場内の福利厚生情報交換など、1つの班から2つずつの提案をいただきまして、管理職の方や社長さん、あるいは一般市民の方など大勢、70名の方いらっしゃったのですが

須賀川市議会 2019-06-17 令和 元年  6月 教育福祉常任委員会−06月17日-01号

本資料は、日本画壇の重鎮であり牡丹画の大家でもある松尾敏男画伯が、須賀川の牡丹をイメージして作成されたとされる牡丹画であり、本市における貴重な財産として、今後も適切に保存、活用していくため、地方自治法第96条第1項第8号及び議会議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定に基づき、所有者であります東京都千代田区外神田5−4−2、丸栄堂代表取締役、浅木正勝より取得予定価格3,780

喜多方市議会 2019-06-14 令和元年第5回定例会(6日目) 本文 開催日:2019年06月14日

同社の経営状況について、同社代表取締役社長から報告がありましたので、地方自治法第243条の3第2項の規定により、別紙のとおり報告するものであります。  お手元の喜多方市ふるさと振興株式会社経営状況報告書をごらんいただきたいと存じます。  まず、3ページから8ページまでですが、事業報告と会社の概要などでありまして、記載のとおりであり、説明は省略させていただきます。  9ページをお開きください。  

須賀川市議会 2019-06-13 令和 元年  6月 定例会−06月13日-05号

議案第101号の風流のはじめ館新築工事のうち建築主体工事につきましては、環境建設株式会社代表取締役、松谷優が3億4,958万円で落札。  議案第102号の須賀川市立阿武隈小学校大規模改修工事(第一期)のうち、建設主体工事については、松本建設工業株式会社代表取締役松本新太郎が3億1,130万円で落札。  

福島市議会 2019-06-10 令和 元年 6月定例会議−06月10日-04号

第2部では、総合プロデュース支援業務を委託している株式会社ファーマーズ・フォレスト代表取締役松本氏の講演が行われた。第3部には、市長と松本社長の対談ということでございました。  さらに、先ごろ新聞報道によりますと、子供遊び場を整備、施設配置を見直すとの内容でございました。  

福島市議会 2019-06-06 令和 元年 6月定例会議−06月06日-02号

第1部では、本市が目指す道の駅のビジョン及び施設配置プランや建物内レイアウト等の整備計画内容を説明し、第2部では、道の駅を活用した新たな地域価値の創造と題し、本市が地域振興施設道の駅総合プロデュース支援業務を委託している株式会社ファーマーズ・フォレストの代表取締役松本謙氏からご講演をいただきました。  

福島市議会 2019-05-15 令和元年5月15日議会運営委員会-05月15日-01号

本日は、福島市議会ICT化の推進に関する調査の一環といたしまして、東京インタープレイ株式会社代表取締役社長、米田英輝様、同じく営業部、藤田恵介様を参考人としてお迎えをし、議会ICT化における議会会議システム選定会として、さきに決定の実施要領のとおり、ご説明をいただきます。  それでは、早速ではございますが、米田参考人、藤田参考人、ご説明よろしくお願いいたします。

福島市議会 2019-03-26 平成31年 3月定例会議−03月26日-08号

また、参考人として、株式会社AC福島ユナイテッド代表取締役、鈴木勇人氏を招致し、本市をホームタウンとする唯一のプロスポーツチームである福島ユナイテッドFCの活動理念や地域貢献の取り組み、さらには市民地域との関係性などについて聴取いたしました。  さらに、先進地として、神奈川県川崎市、東京都町田市長野県松本市への行政視察を実施し、幅広く見識を深めることで、きめ細やかな調査を実施しました。  

須賀川市議会 2018-12-14 平成30年 12月 総務常任委員会-12月14日-01号

図書館・中央公民館解体工事につきましては、去る11月7日、制限付き一般競争入札を執行しましたところ、株式会社横山建設代表取締役、横山敦が1億6,740万円で落札しましたことから、これら請負契約締結するに当たりまして、地方自治法等の規定によります議会議決を求めるものであります。  

須賀川市議会 2018-11-29 平成30年 12月 定例会-11月29日-01号

本案は、去る11月7日に制限付一般競争入札を執行したところ、株式会社横山建設代表取締役、横山敦が1億6,740万円で落札したことから、契約締結するに当たり、地方自治法などの規定により議会議決を求めるものであります。  次に、議案第99号 福島県市町村総合事務組合規約の変更についてであります。  

喜多方市議会 2018-08-07 平成30年第8回臨時会(1日目) 本文 開催日:2018年08月07日

6、契約の相手方は、会津若松市一箕町大字亀賀字郷之原224番地、会津自動車工業株式会社代表取締役、四家邦博であります。  提案理由といたしましては、除雪機械を取得するため、議会議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により、議会議決に付するものであります。  3ページは入札結果表の資料であります。  

須賀川市議会 2018-06-18 平成30年  6月 教育福祉常任委員会−06月18日-01号

去る5月16日、入札を執行したところ、須賀川市越久字舘47番地、荒牧建設株式会社代表取締役、荒牧幸雄が1億6,956万円で落札したことから、地方自治法第96条第1項第5号及び議会議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会議決を求めるものであります。慎重なる審議をよろしくお願いいたします。 ○委員長(生田目進) これより質疑に入ります。  質疑ありませんか。

喜多方市議会 2018-06-15 平成30年第6回定例会(6日目) 本文 開催日:2018年06月15日

同社の経営状況について、同社代表取締役社長から報告がありましたので、地方自治法第243条の3第2項の規定により、別紙のとおり報告するものであります。  お手元の喜多方市ふるさと振興株式会社経営状況報告書をごらんいただきたいと存じます。  まず、1ページから5ページでありますが、事業報告と会社の概要などでありまして、記載のとおりであり、説明は省略させていただきます。  

須賀川市議会 2018-06-08 平成30年  6月 教育福祉常任委員会-06月08日-01号

契約金額は1億6,956万円で、契約の相手方は荒牧建設株式会社代表取締役、荒牧幸雄であります。  岩瀬公民館移転改修建築主体工事の概要につきましては、平成30年3月定例会時の委員会において生涯学習スポーツ課長より報告を受けておりますが、そのときの資料について、2ページから3ページにかけて載せてございますので、参考に御覧いただきたいと思います。  続きまして、資料の4ページを御覧ください。  

須賀川市議会 2018-05-31 平成30年  6月 定例会-05月31日-01号

本案は、5月16日に制限付一般競争入札を執行したところ、荒牧建設株式会社代表取締役、荒牧幸雄が落札したので、地方自治法などの規定により議会議決を求めるものであります。  次に、議案第76号 財産の取得についてであります。  本案は、相楽等躬の現在確認できる数少ない真筆資料「芭蕉・曾良・等躬三子三筆詩箋」を購入するに当たり、地方自治法などの規定により議会議決を求めるものであります。  

福島市議会 2018-03-27 平成30年 3月定例会議-03月27日-09号

基│埼玉県さいたま市南区白幡五│経済民生 │不採択│ │  │     │づく、復興産業集積区域の拡│丁目11番20号       │常任委員会│   │ │  │     │大を求めることについて  │日特エンジニアリング株式会│     │   │ │  │     │             │社            │     │   │ │  │     │             │代表取締役

福島市議会 2018-03-12 平成30年 3月定例会議−03月12日-05号

株式会社資源食糧問題研究所の柴田明夫代表取締役は、2030年あたりを視野に入れた場合、穀物需給は逼迫してくる可能性が高いと述べ、世界の人口増や食糧用穀物の需要増などの要因を指摘をしています。また、砂漠化や土壌劣化により、過去半世紀ほとんど耕作面積地はふえていないというふうに述べています。