運営者 Bitlet 姉妹サービス
2917件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-10 福島市議会 平成30年12月定例会議−12月10日-03号 不登校は、多様な要因、背景により結果として不登校状態になっているということであり、その行為自体を問題行為と判断せず、学校、家庭、社会が不登校児童生徒に寄り添い、共感的理解と受容の姿勢を持つことが児童生徒の自己肯定感を高め、社会性や人間性の伸長とともに、社会的自立の実現のために重要であると考えております。 ○副議長(粟野啓二) 石原洋三郎議員。 もっと読む
2018-12-07 福島市議会 平成30年12月定例会議−12月07日-02号 小中一貫教育のメリットといたしましては、系統性、連続性に配慮した教育活動により、小学校教育から中学校教育への学習指導や生徒指導等のギャップをなくし、長期的な視野に立ってきめ細やかな指導が可能であり、デメリットは、9年間で児童生徒の人間関係の固定化が懸念されているところであります。 ○議長(半沢正典) 尾形武議員。 もっと読む
2018-09-26 福島市議会 平成30年 9月定例会議−09月26日-08号 孤立や孤独が深刻化する社会状況の中で、子供たちが豊かな人間関係を育む土台となる給食活動は社会全体で保障すべきですし、福島市でも力を注ぐべきです。  そして、県や国に求めることも重要です。県の政策として取り組めば、通常ベース当初予算の1%に当たる約80億円で全ての市町村で給食費無料を実現できます。福島県は復興スローガンとして日本一子育てしやすい福島県を掲げていますから、これを実現させるべきです。   もっと読む
2018-09-25 須賀川市議会 平成30年  9月 決算特別委員会-09月25日−03号 その中で、クラスの集団としてどうなのか、あるいは教師や友達関係同士の人間関係がどうなのかというふうなことを推し量る検査でございます。こういうふうなことから学級の状態を把握し、よりよい学級運営をしながら、いじめ解消に努めているというふうな現状でございます。  以上でございます。 ○委員長(大寺正晃) ほかにありませんか。 ◆委員(横田洋子) おはようございます。   もっと読む
2018-09-25 会津若松市議会 平成30年  予算決算委員会-09月25日−04号 また、地域住民みずからが鳥獣被害防止対策を継続的に行う取り組みが有効であることから、市と地域住民が連携し、電気柵の設置や山林と農地の境界を明確にするための緩衝帯の設置などを行い、野生動物と人間のすみ分けを目指している。さらに、近年ツキノワグマの市街地への出没件数が増加しているため、県や野生鳥獣の専門家と連携した集落環境診断を実施し、被害防止に取り組んでいるとの答弁がありました。   もっと読む
2018-09-21 須賀川市議会 平成30年  9月 議会運営委員会-09月21日−01号 ですからその都度、一礼をして答弁に入るわけなんですが、議員は御自分の一般質問が終わるまではそこにいるものですから、最初に一礼をして、あとはもうずっと続くものですから、途中の礼については軽く礼というのは当然、それは人間ですからあると思うんですが、本当に深々と礼というのは基本的になくて、最初と最後に一礼をして一般質問を終了するというようなやり方で。 もっと読む
2018-09-20 会津若松市議会 平成30年  建設委員会-09月20日−03号 田代、高坂にはいないから、ソバでも大豆でも米でも何でも、土地改良区もあのエリアはないので、我々が、経沢の人間が田代、高坂との連絡をしながらということも含めて、ぜひ生活道路としての整備をしてほしいというのが実は願意なのだと言われたのだ。 もっと読む
2018-09-13 福島市議会 平成30年9月13日経済民生常任委員会-09月13日-01号 今回のような人的被害であるとか、あとは人間の生活環境に被害を及ぼすといった場合については緊急捕獲という方法がございます。今回の土湯の件についても我々のほうで急ぎ猟友会さんのほうと連絡をとって緊急対策、緊急捕獲の対応をとっているような状況でございます。目撃件数の推移を洗っていきたいのですけれども、まず目撃件数がすごく多かった年というのは平成28年度で、これが107件ございました。 もっと読む
2018-09-13 須賀川市議会 平成30年  9月 定例会-09月13日−05号 この制度は、人間関係を再構築するなど、学級や学校を活性化しやすい、他の地域の児童、生徒と接することで表現力を向上させることができる、地域の特性を生かした特色ある教育活動を受けることができるなどのメリットがあります。   もっと読む
2018-09-13 福島市議会 平成30年9月13日文教福祉常任委員会-09月13日-01号 ◆高木克尚 委員  人間ですから、自分たちの評価がひっくり返ると、何だかおもしろくないようなイメージあるのですけれども、そんな、大人、教育者の方々ですから、怒ったりはしないですか。もうやっていられないとか言わないですか。 ◎教育総務課課長補佐 特にそれに対して、議論なども踏まえて行っておりますので、最終的には何とかご了承、私たちの説明でご納得いただいたものとして私ども判断しております。 もっと読む
2018-09-12 須賀川市議会 平成30年  9月 定例会-09月12日−04号 除雪は一時的なもので、仕事としては考えられない、大型の除雪機械を動かせることができる人間もいなくなってしまうということでありました。この状況を踏まえ、これからの除雪事業に対して、市として将来のことを考え、しっかりと委託業者からの意見等を参考にしながら体制をとっていただきたいと思います。  それでは、2点目の水道事業について伺います。  (1)の包括業務委託について伺います。   もっと読む
2018-09-12 福島市議会 平成30年 9月定例会議−09月12日-05号 サブタイトルは、人口減少下において満足度の高い人生と人間を尊重する社会をどう構築するかとついております。  報告書では、2040年ごろには地方の9割以上の市町村で人口減少が進み、地域の中心都市ですら機能が保てなくなると見込んでおります。このため、個々の自治体が全ての政策を手がけるフルセットの行政事務を担うのは困難になってまいります。 もっと読む
2018-09-12 会津若松市議会 平成30年  9月 定例会-09月12日−一般質問−04号 食育とは、さまざまな経験を通じて食に関する知識と食を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てることであると考えられています。2005年に成立した食育基本法においては、生きるための基本的な知識であり、知識の教育、道徳教育、体育教育の基礎となるべきものと位置づけられています。単なる料理の教育ではなく、食に対する心構えや栄養学、伝統的な食文化についての総合的な教育のことです。 もっと読む
2018-09-11 福島市議会 平成30年 9月定例会議−09月11日-04号 近代化に伴い、治水対策が進むものの、不測の気象現象は人間社会の弱点をつくように被害が広がっています。約80年前、明治生まれの物理学者、寺田寅彦は、天災と国防と題する文書でこう述べております。文明が進むほど天災による損害の程度も累進する傾向があるという事実を十分に自覚し、そして平生からそれに対する防御策を講じなければならないはずであるのに、それが一向にできていないと。 もっと読む
2018-09-11 会津若松市議会 平成30年  9月 定例会-09月11日−一般質問−03号 今まで運転免許証が唯一の身分を証明するようなものでしたから、なくなることにより自分は社会に認められない人間と落ち込んでしまい、認知症が進行してしまう可能性が高いそうです。ですから、そうなる前にしっかり対応、支援することが重要と考えます。  そこで質問します。現在認知症が理由で運転免許申請取り消しとなった高齢者などを支援する取り組みは警察までの対応となっています。 もっと読む
2018-06-20 会津若松市議会 平成30年  6月 定例会-06月20日−一般質問−04号 運動部活動は、学校教育の一環として行われており、各学校では健全な心と身体を養い、豊かな人間性を育むために適切な運営と指導に努めております。同時に、豊かな心を育むため、道徳教育の充実やあいづっこ宣言を基盤とした規範意識に重点を置きながら、学校教育活動全体を通して豊かな人間性の育成に努めてまいります。  以上でございます。 ○議長(目黒章三郎) 阿部光正議員。 もっと読む
2018-06-19 白河市議会 平成30年  6月 定例会-06月19日−04号 体を使うことによっての爽快感だけではなくて、青少年の心身の健全な発達はもとより、高齢者の健康・体力の維持増進、さらには、人間人間との交流による地域の一体感あるいは連帯感の醸成につながるなど、多くの効果が期待をされているわけであります。   もっと読む
2018-06-19 会津若松市議会 平成30年  6月 定例会-06月19日−一般質問−03号 市といたしましては、今後学校と関係団体等が連携を図り、やりたい種目がやれる、そしてその中でレベルを高める、あるいはさまざまな種目に親しむなど、それぞれの目的に応じた活動ができる新たな環境の整備を通して生徒一人一人が目標を持ち、仲間とかかわり合いながら豊かな人間性を育むことができる部活動本来の姿を具現化していくことが大切であると考えております。   もっと読む
2018-06-18 会津若松市議会 平成30年  6月 定例会-06月18日−一般質問−02号 私は、学校教育に欠かすことができない大事な土台としての学校給食の食材は、一般的な教材とは違う、子供たちの血となり肉となり骨となる、まさに人間としての成長に欠かすことができない生きた教材であり、お金がないから食材費が上がった分値上げするという考えは正しくないと考えますし、苦労しながら子育てで頑張る市民にも、子供たちにも冷たい市政と言わざるを得ないと思います。 もっと読む
2018-06-15 白河市議会 平成30年  6月 定例会-06月15日−02号 ですから、私の考えが間違っているのかもしれません、しかし、さっきも述べたように、多くの野良猫を生む要因は我々人間にあることは間違いないと私は思っています。そして、その対応も我々人間が行わなければならないということも、そうではないかと私は思っています。  先日、矢吹町の野崎町長とお話しする機会がありました。 もっと読む