2690件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

福島市議会 2019-06-14 令和 元年 6月定例会議−06月14日-05号

また、小学校段階におけるプログラミン教育の実践とは、ICT機器を活用する手法と、人間の頭の中で考えることでも養えるアンプラグドという手法の大きく2つの手法があることについて説明を聴取いたしまして、プログラミン教育においては、ICT機器を活用することにより、実際に触れて試してみることでさらに理解が深まり、自分たちで何かを発見させるという環境をつくり出すことができるものであると認識したところであります

福島市議会 2019-06-10 令和 元年 6月定例会議−06月10日-04号

その点では、外国人労働者はじめ観光客と良好な関係が築ける地域をつくっていくというのは、異国の地で不安を抱く外国の方にとっても、また一方で地元で違った文化を持って不安を持つ我々地域人間にとっても、そして地域の発展にとっても大変重要な課題になってくるのだろうと思っております。現に今回の絆まつりでも非常に昨年の盛岡以上に多くの外国人が見受けられたなと私は思っております。  

福島市議会 2019-06-07 令和 元年 6月定例会議−06月07日-03号

今や人間社会の脅威となっていると思われます。  そこで、本市全域にわたりイノシシが出没し、被害が拡大していると思われる昨年度の被害状況について、捕獲頭数を含め、お伺いをいたします。 ◎農政部長(斎藤房一) 議長、農政部長。 ○議長(半沢正典) 農政部長。 ◎農政部長(斎藤房一) お答えいたします。  

福島市議会 2019-06-06 令和 元年 6月定例会議−06月06日-02号

本計画は、在籍児童生徒がゼロの学年または複式学級があり、今後その解消が見込めない学校を対象としており、全ての児童生徒が豊かな学校生活を経験でき、切磋琢磨しながら自己を磨き、望ましい人間関係が経験できる学習環境の実現を目指しております。  今後も計画の対象各地区、該当校保護者への説明会を継続して実施し、丁寧な説明によりご理解をいただきながら小中学校適正規模、適正配置を進めてまいる考えであります。

福島市議会 2019-03-14 平成31年 3月定例会議−03月14日-07号

二本松市では、平成3年から毎年、中学生を対象に、国際的視野に立った広い物の見方を身につけさせ、彼の学問的業績と人間的な魅力に関心を持つよう、博士の学んだダートマス大学やエール大学などを訪問する市民の翼中学生海外派遣事業を実施してきております。  二本松市との連携も視野に入れながら、本市でも実施すべきと考えますが、見解をお伺いいたします。 ◎教育部長(山田準) 議長教育部長。

福島市議会 2019-03-12 平成31年 3月定例会議−03月12日-05号

ただ、それが足りなくなって、わなでとった方々に支出できない、県の補助を使ってほしいというような話があったようでありますから、今回捕獲頭数を600頭から750頭にふやしたということでありますが、年途中で、あるいは年度途中で不足した場合に、次の議会で補正組みますよではなくて、臨機応変な対応としてすぐにでも出せるような体制をとらないと、人間十月十日ですが、イノシシは4カ月ぐらいで出産するそうなのです。

福島市議会 2019-03-08 平成31年 3月定例会議−03月08日-03号

教師は、これまでの働き方を見直し、教師が日々の生活の質や教職人生を豊かにすることでみずからの人間性や創造性を高め、子供たちに対して効果的な教育活動を行うことができるようになるという、今回の働き方改革の目指す理念を関係者全員が共有しながら、それぞれがそれぞれの立場でできる取り組みを直ちに実行することを強く期待すると述べております。  

須賀川市議会 2019-03-07 平成31年  3月 定例会-03月07日-05号

まず、(1)の市職員についてですが、公務員の仕事は市民から見て縦割りだなどと言われ続けてきたようですけれども、社会グローバル化家族形態、就労形態の変容、価値観ライフスタイルの多様化、さらには、人間関係の希薄化などにより市民サービスの質と量も大きく変わり、多くの業務が関係部署との複雑な連携の下に進めるのが当たり前となってきています。

福島市議会 2019-03-07 平成31年 3月定例会議−03月07日-02号

次に、心身豊かな人間形成を図る教育の充実と子供学力の向上へ向けた環境整備についてお尋ねをいたします。  政府の新年度予算編成の文部科学省所管を見ると、幼児教育無償化に向けて大幅な予算計上がされておるとともに、英語指導を行う専科教員教員の部活あるいは事務負担軽減のための加配措置などが盛り込まれております。  

喜多方市議会 2019-03-07 平成31年第2回定例会(5日目) 本文 開催日:2019年03月07日

◯14番(坂内鉄次君) そのとおりだと思うのですが、私も進学のための高等学校、そして職業を選ぶための高等学校、そこをまだまだ選べない子供人間形成の場としての学校とか、大人になっていく過程の子供たちの居場所というか、そういう学校も必要ではないのかなと思うのです。

喜多方市議会 2019-03-05 平成31年第2回定例会(3日目) 本文 開催日:2019年03月05日

次に、毎日の食生活に発酵食品を取り入れて習慣化する対策の取り組みについてでありますが、市ではバランス食と減塩普及を推進しており、バランス食は人間の体をよい状態に保つために考えられた基準食品とその量であるとの考えから、先ほど述べたような食を通した健康づくりの取り組みをしているところであります。

喜多方市議会 2019-03-04 平成31年第2回定例会(2日目) 本文 開催日:2019年03月04日

当然、宝物、歴史文化、伝統、さらには良好な人間関係とか、そして桜といった全国に誇れる宝物がいっぱいありますので、それらを包含する中で、歴史的なまちづくりも含めてこれから次世代に、未来に託す行政として、議会の皆さん方とキャッチボールをしながら、よいまちづくりに努めてまいりたいと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。

福島市議会 2019-03-01 平成31年3月1日議会運営委員会−03月01日-02号

ただ、物理的な問題として、1人の人間代表質問をやった上に、今度は個人質問をやるという、そういう複数回登壇するようなことになることが出てくることに危惧するところがあるというところですね。 ◆阿部亨 委員  どうなのかなということ。 ○後藤善次 委員長  では、共産党さん。 ◆佐々木優 委員  私たちは、この出されたイメージのとおりでいいかなというふうに考えています。

須賀川市議会 2019-02-07 平成31年  2月 生活産業常任委員会-02月07日-01号

例えば、車社会で一般市民の車、例えば自家用車とかというようなものとの整合性と、整合性というのは例えば、公共交通を利用する人だけのためのではなくて、普通、車を運転する人間なんかも公共交通網を使いやすいような社会環境にするとかという連携ではないということですね。入っているのは。  

福島市議会 2019-01-28 平成31年1月28日議会運営委員会-01月28日-01号

人間の目って5Kまでしか認識できないのですよね。それに迫る写真。NHKさんで8Kのテレビって最近やっているのですけれども、わからないのです、実は人間は。5Kまでしかわからないです、人間って。何か第六感で感じるものはあるかもしれないですけれども。視覚では5Kまでしかわからないそうです。医学的にはそういうことらしいですが。ちょっとおもしろい、余談でしたけれども。  

須賀川市議会 2019-01-21 平成31年  1月 教育福祉常任委員会−01月21日-01号

運営方針でございますが、3つほどありまして、参加人間の業務の連携を推進し、良質かつ適切な医療を効率的に地域に提供する体制を追求する。参加法人医療従事者がやりがいを持って働くことのできる環境づくりを追求する。参加法人の安定的な経営、持続できる経営を追求するということで方針案がなっております。  以上でございます。

須賀川市議会 2018-12-20 平成30年 12月 定例会−12月20日-06号

そのような自然の摂理も人間の想像を超えており、すごいことだと思いませんか。市役所社会科見学で訪れた小学生にも教えてみたいような内容であると思います。  先日テレビを見ていたんですが、人間の鼻ですね、植物の花、同じはなという音です。人間の鼻、植物の花、ぱっと目につくから同じ音になったと言われています。