24件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

福島市議会 2015-03-06 平成27年 3月定例会議-03月06日-02号

大権、すなわち国土、人民統帥権をお持ちの天皇の発言であり、本来ならその趣旨に沿った外交交渉が進展するはずであります。しかしながら、歴史の流れは巨大に膨れ上がった軍部の暴走をとめることはできず、開戦へと突き進みました。もし仮にこのとき開戦を阻止することができれば、後の広島、長崎のような惨劇は起こらなかったことを思えば、無念の情が込み上げてまいります。

福島市議会 2014-12-16 平成26年12月定例会議-12月16日-06号

意味は、藩主としての自分の仕事は、父母が子を養うごとく人民のために尽くすことであり、さらに伝国の辞の一つには、国家人民の為に立たる君にて、君の為に立たる国家人民にはこれなく候、とあります。これは意味として、国家市民のために存在、行動するのが君主であり、君主のために存在、行動する市民たちではないということが伝えられているということであります。  

福島市議会 2012-03-08 平成24年 3月定例会-03月08日-03号

昨年10月、瀬戸市長が北京市を訪中された折、北京市中日友好農場と北京市海淀区人民政府から平成24年に福島を訪問したい旨の話があったと聞いております。もし来福すれば、本市の復興観光食の安全性を国内外にPRする絶好の機会となり、風評被害の払拭になります。今後の日中交流推進について見解を伺います。  

喜多方市議会 2010-03-08 平成22年第3回定例会(2日目) 本文 開催日:2010年03月08日

その中で、やはり私は今回少しずつ今問題点なりを答弁の中から申し上げたいと思いますけれども、人のぬくもりのある政治市民の一人一人が、人民人民によるためのではゲティスバーグの演説になっちゃいますけれども、ぬくもりのある市政というものが、私がもう少し伝わってこない点がございます。この点についてもう少し具体的に踏み込んだ答弁を求めたいと思います。  

福島市議会 2006-06-13 平成18年 6月定例会-06月13日-04号

海淀区との交流事業につきましては、本市と22年に及ぶ農業技術交流の縁を持つ北京市中日友好農場の支援を基盤に相互交流事業の検討を進めておりますが、区の人民政府との会談を行うことにより、具体的な事業展開が促進されるものと期待しております。  なお、残りの答弁につきましては、商工観光部長より答弁を申し上げます。 ◎商工観光部長(髙橋精一) 議長、商工観光部長。 ○副議長(高橋英夫) 商工観光部長

福島市議会 2004-12-15 平成16年12月定例会-12月15日-04号

これは、人民は愚かに見えるが、決してそうではなく、いつも正しい、そして賢い判断を下すものだということであります。この市町村合併は、何よりもそこで生活する住民の意思により決定すべきであります。したがって、住民投票こそ最善の決着の方法だと思うのでありますが、どう考えておられるか、投票は弾丸よりも強しであります。  合併の最終判断は住民投票によって決定すべきと思うが、ご所見をお伺いいたします。

福島市議会 2003-12-15 平成15年12月定例会−12月15日-05号

審議 ───────────────────────────────────────────── 本日の会議に付した事件   1 議案第151号 教育委員会委員任命の件   2 議案第152号 公平委員会委員選任の件   3 議案第153号 財産区管理委員選任の件   4 議案第154号 人権擁護委員候補者推薦の件   5 議案第155号 暴力団排除に関する決議   6 議案第156号 朝鮮民主主義人民共和国

福島市議会 2002-09-20 平成14年 9月定例会−09月20日-05号

過日、日本国政府代表し、小泉総理大臣朝鮮民主主義人民共和国に訪問し、金正日労働党総書記と会談を行った中で、拉致問題について衝撃的な事実が公表されました。かかる国家犯罪である拉致事件について、特殊機関の中の盲動主義、英雄主義によって引き起こされたもので、関係者の処分を行ったとして責任回避発言をしております。日本国民として深い悲しみを感じるとともに、強い怒りを禁じ得ません。  

福島市議会 2001-12-20 平成13年12月定例会-12月20日-02号

最後になりましたが、以上のように、本市の諸問題について質問いたしましたが、今後多くの諸問題を抱え、瀬戸市長にとって市政運営は極めて厳しい道のりかもしれませんが、市長の好きな言葉として、「荀子の公は明を生じ、偏は闇を生ず」を挙げておられ、この言葉の意味する公平な政治人民のための政治基本として着実な市政運営にあたられることにより、必ずや道は開けるものと信じ、瀬戸市長に多くを期待いたしまして、私の質問

福島市議会 1998-12-22 平成10年12月定例会−12月22日-06号

12.9 付託委員会   文教福祉 結果      採択 5 請願要旨    労働行政への独立行政法人制度導入に反対し、労働行政の充実・強化を求める意見書提出方について 請願住所氏名 福島市田沢字桜台17−3 五十嵐倫夫 紹介議員    斎藤朝興 受理年月日   10.12.9 付託委員会   経済民生 結果      不採択        陳情審議結果 1 陳情要旨    朝鮮民主主義人民共和国

福島市議会 1998-12-21 平成10年12月定例会−12月21日-05号

朝鮮民主主義人民共和国への食糧支援・国交樹立に反対する意見書提出方について」の陳情につきましては、不採択すべきものと決定いたしました。  「法務局等の増員に関する意見書提出方について」の陳情、「永住外国人地方参政権確立のための法制化に向けた取り組みについて」の陳情につきましては、いずれも閉会中においてもなお継続して審査すべきものと決定いたしました。以上、ご報告申し上げます。

福島市議会 1995-09-21 平成 7年 9月定例会−09月21日-04号

今、両国の核実験強行の前に、世界各国人民が一斉に抗議の声を上げているのは当然であります。人類は核兵器とは共存できない、悪魔の兵器地球上から完全になくさなければならない、この思いが共通のものになり始めています。本格的な核兵器廃絶に向けて踏み出すときです。  福島市は一九八五年、核兵器廃絶平和都市宣言を行った市として、議会抗議決議を採択しました。

福島市議会 1994-03-17 平成 6年 3月定例会−03月17日-06号

おまえは人民に感謝し、いたわらなければならない。この気持ちを忘れて弱い人民たちを虐げたりすると、きっと天罰があるぞと解釈されておるのでありますが、この戒石銘についてどう理解しているか、市長のご見解をお聞かせいただきたいと思います。  次に、行政運営の改善策についてお伺いをいたします。

福島市議会 1993-03-12 平成 5年 3月定例会-03月12日-07号

これは明治二十一年の「市制町村制」に述べられている「政府事務地方に分任し、また人民をしてこれに参与せしめ、もって政府の繁雑を省く」という中央集権の考えの温存であり、民主化の不徹底の一つであります。その後、昭和二十四年のシャウプ勧告を初め、十数次にわたる地方制度調査会の答申の中でもその改善策が繰り返し具体的に指摘されてきましたが、ほとんど日の目を見てきませんでした。

  • 1
  • 2