運営者 Bitlet 姉妹サービス
1718件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-21 須賀川市議会 平成30年  9月 決算特別委員会-09月21日−02号 次に、360ページから365ページまでの8款2項3目道路新設改良費、4目橋りょう維持費、5目交通安全施設費に入ります。  質疑ありませんか。 ◆委員(横田洋子) すみません、失礼しました。  361ページの(1)橋りょう修繕工事箇所と(3)の維持補修の箇所をお願いいたします。 ○委員長(大寺正晃) ただいまの質疑に対し、当局の答弁を求めます。 もっと読む
2018-09-20 福島市議会 平成30年9月20日決算特別委員会経済民生分科会-09月20日-01号 支出済額の主な内容でございますが、生活課におきましては、交通安全運動推進事業などの交通安全対策費、消費者行政活性化事業などの消費者保護対策事業費等でございます。市民課におきましては、戸籍住民基本台帳諸費や個人番号カード交付事業費等でございます。国保年金課におきましては、国民健康保険事業費特別会計や後期高齢者医療事業費特別会計の繰出金、国民年金費等でございます。 もっと読む
2018-09-20 須賀川市議会 平成30年  9月 決算特別委員会-09月20日−01号 これは、道路整備事業(単独分)が1億6,910万2,000円の減となったものの、大黒池公園整備事業が2億5,608万5,000円、市道1529号線交通安全施設整備事業(補助)が1億9,858万9,000円の増となったことなどによるものであります。  9款消防費は、決算額が10億9,360万3,000円で、前年度と比較し3,390万6,000円、3.0%の減となっております。 もっと読む
2018-09-20 福島市議会 平成30年9月20日決算特別委員会文教福祉分科会−09月20日-01号 あとは、交通安全母の会であるとか、PTA、市連Pであるとか、そういった幾つかの組織に対して推薦を依頼して、補導委員さんを集めているというような、そういったのが現状でございます。 ◆真田広志 委員  連絡協議会の中で見回りなんかも行ってきてはいるのです。地区によってはまだ行っていますけれども、青少年健全育成会として何をやっていけるのかという話がやっぱり地域でもすごく出されるのです。 もっと読む
2018-09-19 福島市議会 平成30年9月19日決算特別委員会建設水道分科会-09月19日-01号 次に、12款交通安全対策特別交付金、1項交通安全対策特別交付金、1目交通安全対策特別交付金、1節交通安全対策特別交付金でありますが、予算現額4,800万円、調定額4,652万9,000円、収入済額は調定額と同額であり、収入未済額はありません。所管は道路保全課であります。   もっと読む
2018-09-13 福島市議会 平成30年9月13日建設水道常任委員会-09月13日-01号 主に道路維持費及び自治振興協議会等の要望に対応するための交通安全施設整備費、道路新設改良費、河川改良費、さらに仮称道の駅ふくしまの外構設計に対応する地域振興施設整備事業費、東北中央自動車道地域活性化社会実験関連事業費、洪水・土砂災害ハザードマップ作成事業費などを追加するものでございます。   もっと読む
2018-09-12 福島市議会 平成30年 9月定例会議−09月12日-05号 県が作成した秋の全国交通安全運動のパンフレットの中で、白タク行為などの禁止行為について広報を行っておりますので、市交通対策協議会の各支部などへ配付を行い、市民への周知を図ってまいります。 ○議長(半沢正典) 後藤善次議員。 ◆9番(後藤善次) 次の質問に移ります。高齢者肺炎球菌ワクチンの接種についてお伺いいたします。   もっと読む
2018-09-12 会津若松市議会 平成30年  9月 定例会-09月12日−一般質問−04号 交通安全活動、防災活動、寺社の管理、地区施設の管理、水路管理等々いろいろあります。集落地域の負担をどのように考えているのか、認識をお示しください。  3、自然災害の防止としての農業地域の評価。近年は、台風被害や地震被害が多く発生しています。山は荒れ、農地が放置され、水路が壊れ、自然災害が起こる要因が多くなっています。 もっと読む
2018-09-11 会津若松市議会 平成30年  9月 定例会-09月11日−一般質問−03号 それで、ただしこの高齢者対策の高齢者の外出機会の確保なのか、それとも運転免許証返納者の割り引きなのかということで全然これ対応が違いますので、高齢者の福祉対策、それから運転免許証返納者に対する交通安全対策、それから公共交通を維持するという地域公共交通の対策とか、3つの視点から考えいかざるを得ないということで、したがって単に割り引きだけの問題ではないということで今捉えているということです。 もっと読む
2018-09-01 矢祭町議会 平成30年  9月 定例会(第5回) 2款1項6目交通安全の補助金でありますが、50万円、看板の取り外しということですが、場所とその築年数を教えていただきたいと思います。 同じページにあります15節の電柱移設でありますが、本数が何本くらいなのか、当初予算で300万円とっているんですが、もう倍増どころではなく、金額が上がっております。内容について、なぜこのように上がってしまうのか教えていただきたいと思います。  もっと読む
2018-06-20 会津若松市議会 平成30年  6月 定例会-06月20日−一般質問−04号 登下校時のリスク対策として、交通安全対策のみならず、さまざまな可能性に対する警戒がなされなければならないと思われます。新潟市で起きた痛ましい事件や18日に起きた地震等とそれによるブロックの倒壊、また自然災害や、何よりも最近あいべあで注意を促すメールが届きますが、熊などの鳥獣対策などもあります。これらに対し、関係する部署が連携してこの問題に取り組む必要があると考えますが、認識をお聞かせください。   もっと読む
2018-06-19 須賀川市議会 平成30年  6月 予算常任委員会-06月19日−01号 土木費国庫補助金なんですが、それぞれ市道の修繕整備事業、また交通安全施設整備事業等で、都市計画街路整備事業もそうですけれども、補助額のところが100分の55という、補正前のところが100分の50というところの補正額がありますが、交通安全施設の場合はそのまま100分の55ということで、今回この補正額の部分、補正前と補正後の数値のこの補助額率の違いについて説明を求めたいと思います。 もっと読む
2018-06-18 白河市議会 平成30年  6月 定例会-06月18日−03号 交通安全、子供や高齢者の安全対策、自殺対策などを地域の課題として包括的に捉え、各分野が連携、協働して現状把握や課題分析を行い、予防策を講じ検証することにより、取り組みのさらなる改善を図っていくもので、その効果としては、科学的データ等を用いた客観的な評価、分析、検証による取り組み成果の向上、地域活動の活発化や地域のイメージアップが図れることなどが期待されております。   もっと読む
2018-06-18 会津若松市議会 平成30年  6月 定例会-06月18日−一般質問−02号 交通教育専門員につきましては、現在15名委嘱しており、小学校10校の通学路において交通安全指導を行っております。また、地域ボランティアにつきましては、全ての小学校で組織されており、登下校時の見守り活動など、日ごろより児童の安全を確保していただいております。 もっと読む
2018-06-15 白河市議会 平成30年  6月 定例会-06月15日−02号 次に、2番の、市内15小学校合同で5月29日に実施された白河市交通安全鼓笛パレードについて伺います。  (1)の交通安全鼓笛パレードの概要についてお伺いいたします。 ○筒井孝充議長 川瀬市民生活部長。 もっと読む
2018-06-15 須賀川市議会 平成30年  6月 建設水道常任委員会-06月15日−01号 次、4つ目としまして、信号機や交通安全施設、いわゆる道路標識や道路照明、これに対する、いわゆる視界の不良等でございます。  これら大きく課題がございまして、これらについての今後の管理の方針ということで、7ページに記載してございます。  ページの中ほどの真ん中の図式を御覧ください。具体的な対策ということで、対策の方針について記載しております。   もっと読む
2018-06-14 福島市議会 平成30年6月14日建設水道常任委員会-06月14日-01号 道路保全課所管、8款土木費、2項道路橋りょう費、交通安全施設整備市単事業で1億540万8,000円、舗装道維持修繕事業で233万8,600円、土留側溝維持修繕事業で332万3,400円、橋りょう長寿命化修繕事業で1億6,853万914円、橋りょう長寿命化推進事業で1,303万8,182円、議案書87ページをお開きください。 もっと読む
2018-06-13 福島市議会 平成30年6月13日文教福祉常任委員会−06月13日-01号 に多分来たというのはあったのですけれども、説明する順番が、説明するスケジュールとか計画がちゃんとあって、説明する姿勢がしっかりしていれば、例えば町会連合会もちょっと前とかに総会とかがあったりとかありまして、もし地区に説明するのであれば順番といいますか、上からというわけではないですけれども、基本的には自治振とかの地区の連合会、町会の連合会とかというふうにステップを踏んでいって、その後あった青少年とか交通安全 もっと読む
2018-06-08 福島市議会 平成30年 6月定例会議-06月08日-03号 平成28年度の主な要望内容につきましては、全1,701件のうち道路側溝新設、修繕が368件で21.6%、水路、河川修繕が297件で17.5%、道路拡幅改良、修繕が286件で16.8%、交通安全施設が251件で14.8%、道路照明灯、防犯灯が165件で9.7%となっております。   もっと読む
2018-06-07 福島市議会 平成30年 6月定例会議−06月07日-02号 次の質問に移りますけれども、地域の安全安心の面で関連して、福島市通学路交通安全プログラムについてお伺いしてまいります。  本市の通学路における交通安全確保を継続、強化するために着実かつ効果的な取り組みの基本方針をまとめた通学路交通安全プログラムを策定しておりまして、今後の通学路の安全確保について積極的に取り組んでいると聞き及んでおります。 もっと読む