3993件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

福島市議会 2019-03-26 平成31年 3月定例会議−03月26日-08号

それは、過日の質疑の中でも申し上げましたが、国土交通省、旧建設省の指導による道路整備、道路の安全基準にのっとって工事を行っていた道路で起きた事件が損害賠償の対象になるということが腑に落ちない点です。しかし、これはいろいろご指導いただくと、それのあれとは別に国家賠償法で争われているので、その点は争点にはならなかったようであります。  また、私も市役所に通勤する際、曽根田の、本庁でないですよ。

福島市議会 2019-03-14 平成31年 3月定例会議−03月14日-07号

◆33番(真田広志) 関連いたしまして、次の連携中枢都市圏を見据えた公共交通ネットワークのあり方についてでありますけれども、コンパクト・プラス・ネットワーク形成にあたり、今後想定される公共交通空白地帯の対応として、路線バスの再編、支線交通の構築及び地域住民と事業者、行政が一体となった地域協働型の運行方式による小さな交通の導入等々、具体的方策実現に向けての実施計画策定方針について、時期を含めお伺いをいたします

福島市議会 2019-03-13 平成31年 3月定例会議−03月13日-06号

そのほかお年寄りというか、行き場所はサ高住もありますから、サービスつき高齢者住宅、これは国土交通省かな、なんかでもやっていますし、あとさきの7番議員の質問の中にあったように、いきいきももりん体操などで、元気老人であればいいわけです。

平田村議会 2019-03-12 03月12日-02号

また一方で、宿泊施設不足や6次産業化、地域資源の活用、食堂、休憩所の整備、ふるさと名物の開発や公共交通網の整備など、多くの課題が山積しており、これらの解決が法人の黒字化や地方創生につながるものと考えています。

福島市議会 2019-03-12 平成31年 3月定例会議−03月12日-05号

近辺から寄せられた情報によりますと、私も雪が降るといろんな困り事の電話が自宅に来ますので、一定待機はしてはおるのですが、町庭坂の免許センター西側の市道の緩いカーブ部分において、福島交通の定期バスが側溝に脱輪したりとか、同じ場所で同日午後には今度は軽乗用車の脱輪と相次ぎました。

福島市議会 2019-03-11 平成31年 3月定例会議−03月11日-04号

交通政策についてお伺いいたします。  福島市議会は、平成10年9月22日に議決をいたしました交通安全都市宣言を発しております。交通事故をなくすために、人間尊重を基本理念に交通環境の整備に努め、交通ルールを守るマナーの向上と交通安全意識の高揚を図ることが最も大切であることを示しております。  

須賀川市議会 2019-03-11 平成31年  3月 生活産業常任委員会-03月11日-01号

公共交通の図表等から見える課題として、公共交通は市街化区域をおおむねカバーしているが、縁辺部の一部をカバーできていない地区があること、今後の課題として、人口密度が低下することや高齢者人口の増加により、公共交通に求められる役割が変化するため、どのようにすればより有効な公共交通として機能していくかとあります。  21ページを御覧ください。  

須賀川市議会 2019-03-08 平成31年  3月 建設水道常任委員会-03月08日-01号

策定までの経過と今後のスケジュールですが、現在まで現状の把握や庁内検討会などを行い、国土交通省のヒアリング、有識者で構成されました策定協議会を3回実施し、素案を策定したところであります。今年度におきましては、国土交通省のコンサルティング、またパブリックコメントを1か月間行いました。この公表につきましては、ことしの6月末を予定し、事務を進めているところでございます。  

福島市議会 2019-03-08 平成31年 3月定例会議−03月08日-03号

福島市の本番に向けた宿泊施設や交通、観光案内、多言語看板など、受け入れ準備はどのように進んでいるのか伺います。  先ごろ県の都市ボランティアが募集され、それが締め切られました。2,218人の応募があった。これを受け、県が審査するということに発表になっております。これとは別に市独自のボランティアを募るのか、伺いたいと思います。  

喜多方市議会 2019-03-08 平成31年第2回定例会(6日目) 本文 開催日:2019年03月08日

まず、予算書の119ページでありますが、交通安全対策経費の中の報償費、運転免許証自主返納者支援事業報償外431万8,000円が計上されております。この内容についてお伺いいたします。  次に、217ページでありますが、奨学金償還支援補助金504万円が計上されております。この内容についてお伺いいたします。  次に、301ページであります。

須賀川市議会 2019-03-07 平成31年  3月 定例会-03月07日-05号

大項目4、地域公共交通網形成計画策定についてお聞きします。  高齢化社会が進む中、自家用車での移動に代わる公共交通網の整備が課題となり、本市においては拡充がされてきており、高齢者の皆さんから市内循環バスの利用や乗り合いタクシーの問合せも頂くなど、これらへの期待の大きさを感じているところです。  しかし、これらの実施地域は限定的で、制度上も利便性を向上させる余地が残されていると思います。

福島市議会 2019-03-07 平成31年 3月定例会議−03月07日-02号

初めに、市議会建設水道常任委員会からいただきましたご提言の施策への反映についてでありますが、ご提言の1点目の公共交通における課題の共有につきましては、福島市地域公共交通網形成計画を本市のホームページに掲載し、情報発信をするとともに、自治振興協議会などにおいて、公共交通の利用者が減少している状況や市の財政負担について丁寧に説明をするなど、課題の共有に努め、利用促進の啓発を図っているところでございます。

喜多方市議会 2019-03-07 平成31年第2回定例会(5日目) 本文 開催日:2019年03月07日

同じく平成27年度からは、通学距離が原則片道3キロメートル以上の児童にデマンド交通利用に係る定期券購入費の全額援助を開始したところであります。また、平成23年度には、第三小学校開校に合わせて、入田付地区の児童を対象にスクールバス運行を開始し、遠距離通学の支援をしております。  

須賀川市議会 2019-03-06 平成31年  3月 定例会−03月06日-04号

本年1月20日に仙台市において開催された第9回復興加速化会議構成メンバーは、国土交通大臣、福島、宮城、岩手3県の知事、そして仙台市長です。この第9回復興加速化会議では、平成31年度においても、復興係数を継続することが決まりました。しかし、2021年度以降は、復興係数の継続が決まっていないため、復興係数の加算がなくなった場合には、震災前の低価格競争による公共工事の品質悪化が想定されます。

須賀川市議会 2019-03-05 平成31年  3月 定例会-03月05日-03号

福島空港は福島県における高速交通体系を担う重要な施設として公共性を有しており、その運営を収支のみによって評価することは適当でないことは留意しなければなりません。しかし、仙台空港や茨城空港に塔乗者が流れているという現実があるとしたら、それは看過することができないのも事実です。