運営者 Bitlet 姉妹サービス
2840件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-11 福島市議会 平成30年12月定例会議−12月11日-04号 市民にとって大きな損失をもたらす可能性があるTPP11、日欧EPA、日米FTA交渉からの撤退、これらのことを国に強く求めるべきと考えますが、市の見解を伺います。 ◎農政部長(斎藤房一) 議長、農政部長。 ○副議長(粟野啓二) 農政部長。 ◎農政部長(斎藤房一) お答えいたします。   もっと読む
2018-12-10 福島市議会 平成30年12月定例会議−12月10日-03号 ◆11番(斎藤正臣) 再質問の内容に答えていただけなかった部分がありましたので、再度お尋ねいたしますけれども、楽曲を使用する際に権利者、例えばJASRACをはじめとする使用権を持っているところ、そういったところへの使用する費用というのは調査されたのかどうかということと、もう一つ、古関裕而氏のご遺族の方との使用に係る交渉、そういったことに関して、ご遺族の方と実際お話をされたのかどうか、その辺も改めてお もっと読む
2018-09-20 福島市議会 平成30年9月20日決算特別委員会建設水道分科会−09月20日-01号 平成31年度中の完了を目指していますので、まず最初に必要になるのが工作物の移転に関しての交渉とその契約の締結ということになりますので、これは現在進めております権利者との協議が調い次第、予算化も含めた措置を講じまして、進めていきたいという考えでございます。 ◆村山国子 委員  工作物というのは駐車場のことですか。 もっと読む
2018-09-20 須賀川市議会 平成30年  9月 決算特別委員会-09月20日−01号 また、あと放棄後、放棄がないままにずっと相続者がもう払う能力がなかったりということで、それぞれ死亡した方については相続人の方と交渉を進めながら、納付する資力がない場合については、執行停止をかけた3年後に落とすというような形だと相続人がいない場合も中にはございますので、その場合は相続人が不存在ということで、やはり行方不明だったりすると5年ないし執行停止3年ということで、それぞれ判断する時期が別々でございますので もっと読む
2018-09-14 福島市議会 平成30年9月14日建設水道常任委員会-09月14日-01号 ◎交通政策課長 事業主体が福島県でございますので、用地交渉から工事まで全て県が主体で進めているものでございます。 もっと読む
2018-09-13 福島市議会 平成30年9月13日経済民生常任委員会-09月13日-01号 平成28年度、平成29年度分についてはただいま交渉中でございます。 ◆佐久間行夫 委員  平成26年度は1,140万円、平成27年度585万円というお話いただきましたけれども、幾ら請求しての金額ですか。 もっと読む
2018-09-13 会津若松市議会 平成30年  9月 定例会-09月13日−総括質疑−05号 ◎観光商工部長(佐藤光一) まず、1点目は、なぜこの時期に改正を行うのかというところでございますが、ICT企業に対する優遇制度につきましては、企業誘致の交渉の中で企業の意向等を聞き取りしてきた経過にございます。その中で、企業側の意見、要望等を踏まえまして、制度設計をさせていただいたものでございまして、今般条例の一部改正についてご提案を申し上げるというところでございます。   もっと読む
2018-09-11 福島市議会 平成30年 9月定例会議−09月11日-04号 事業者においては、現在、事業関連法令に基づく確認、協議や地権者などとの交渉、説明を進めるとともに、事業スケジュールなどについて調整、検討を重ねていると聞いております。 ○議長(半沢正典) 二階堂武文議員。 ◆6番(二階堂武文) 細目2です。昨年秋に地元説明会を開催したと聞いておりますが、その内容について、今後の予定も含めて、市が把握している状況についてお伺いします。 もっと読む
2018-09-11 会津若松市議会 平成30年  9月 定例会-09月11日−一般質問−03号 入居企業の誘致につきましては、現在も複数の企業と交渉を行っているところであり、株式会社AiYUMUとともに引き続き入居促進に向け、取り組んでまいります。  次に、18年の条件つき定期借家契約の認識についてであります。事業者の企画提案書では、撤退リスクを回避するため、条件つき定期借家契約を10年から18年と記載しておりますが、企業それぞれの事情等により対応が異なってくるものと考えております。 もっと読む
2018-09-10 会津若松市議会 平成30年  9月 定例会-09月10日−一般質問−02号 本事業の15社、500名を目標に向けて現在も複数の企業と交渉を行っているところであり、引き続き誘致活動に取り組んでまいりたいと考えております。  次に、会津大学の卒業生の進路や就職先の傾向と認識についてであります。過去5年間の平均で申し上げますと、会津大学コンピュータ理工学部の卒業生の進路につきましては、就職が約65%、うち県内への就職は16%となっております。 もっと読む
2018-09-10 福島市議会 平成30年 9月定例会議−09月10日-03号 住民との合意形成や被害の相談など、直接事業者との交渉は大変ハードルが高いわけですから、ぜひここは住民の立場に立って、福島市にも力をかしていただくことが必要になってきます。  ほかの自治体でも、再生可能エネルギーにかかわる発電施設の設置によって起きる問題を放置することはできないという判断をして、今、次々と条例をつくっているという事例がふえてきているのが現状だと思います。  細目4番の質問です。 もっと読む
2018-09-07 福島市議会 平成30年 9月定例会議−09月07日-02号 これまで問い合わせがあった企業や交渉を重ねてきた企業も含め、地域の物的、知的資源を生かした福島らしい産業の集積につながる企業をターゲットに、引き続き積極的な企業誘致活動を展開してまいります。 ○副議長(粟野啓二) 鈴木正実議員。 もっと読む
2018-09-01 矢祭町議会 平成30年  9月 決算特別委員会 工期は平成29年2月16日から平成29年6月30日の工期で行われたものでございまして、本来単年度、28年度に行いたかったところの工事でございますが、土地交渉や関係機関との調整により発注がおくれたため、やむなく繰越明許費で行ったものでございます。繰越明許費については、平成29年2月13日に開かれた臨時会で限度額を承認いただいて、その際に工事契約の締結もご承認いただいていると思います。 もっと読む
2018-07-27 須賀川市議会 平成30年  7月 生活産業常任委員会-07月27日−01号 あとは、11ページの20に優先交渉権の決定というふうなことで、優先交渉権者は、決定後速やかに土地売買契約を締結し、先ほど申しました仮契約でございますが、直近の議会のほうに出していった上で議決をいただくというふうなことです。あと、その後、契約保証金ですとかそちらについては通常の例に基づいた形で(2)で中に記載をしております。   もっと読む
2018-06-19 会津若松市議会 平成30年  6月 定例会-06月19日−一般質問−03号 今後の企業の入居予定につきましては、現在本市に機能移転等を検討する企業数社と交渉中であり、引き続き本事業を通して地域のICT環境や知的資源である会津大学との結びつきを深めていくなど、地域の優位性を実際に体感していただくことで交流人口や定住人口の拡大につなげてまいります。  次に、サテライトオフィスへの入居についてであります。 もっと読む
2018-06-18 会津若松市議会 平成30年  6月 定例会-06月18日−一般質問−02号 また、原子力規制委員会がこのような撤去方針を出したことに対して、県内の幾つかの住民組織が国に対して交渉していますが、そのときに原子力規制庁は「必ずしも撤去ありきではない。 もっと読む
2018-06-15 白河市議会 平成30年  6月 定例会-06月15日−02号 全体として用地交渉も順調に運び、非常に県として多額の工事を一挙に今投入をして工事を進めている段階であります。  このバイパスが完成しますと、慢性的な市街地の渋滞解消と、そして歩行者等の安全確保によって、市民の日常生活の利便性が飛躍的に向上するというふうに見込んでおります。また、当然のことながら広域的な連携、交流促進とともに、安定した物流を通した企業活動の活性化が期待をされます。 もっと読む
2018-06-14 福島市議会 平成30年6月14日総務常任委員会-06月14日-01号 現在まではなかなか新しい服が来なくて、先輩の、言い方悪いですけれども、よれよれという、そういう服を着ているのだよね、どうにかしてよという意見もあったので、そういう意味でも改めてまたお願いですけれども、更新できるようにストックをぜひ消防長のほうも頑張っていただいて、財務部のほうと交渉していただいて、やはりこの服によって、本会議でも答弁いただいたように、団員の士気が高まって統制がしっかりとれるという目的 もっと読む
2018-06-13 福島市議会 平成30年6月13日経済民生常任委員会-06月13日-01号 今後それが担保されるものではございませんけれども、そういった情報を常にアンテナを高くして経営状況等も見ながら、もし仮にそういった事案が発生する懸念がある場合については、相手の企業様との交渉になるものというふうに考えております。 もっと読む
2018-06-12 福島市議会 平成30年 6月定例会議−06月12日-05号 学習したい市民の方が生涯学習指導者と直接交渉を行い、双方の協議により学習内容などを決定するため、平成29年度の講師として活動状況、内容等につきましては把握しておりません。 ○議長(半沢正典) 白川敏明議員。 ◆13番(白川敏明) ホームページなんかでちょっと拝見いたしますと、生涯学習指導者、かなり多くの方々が登録なされていると思います。 もっと読む