473件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

福島市議会 2019-03-19 平成31年3月19日予算特別委員会経済民生分科会-03月19日-01号

28番につきましては、農業用水の確保が難しい樹園地における井戸掘削等の費用の一部を助成するものでございます。  次に、14ページになります。30番、全国ナシ大会開催市負担金でございます。第63回全国ナシ研究大会がことしの7月10日と11日に本市を主会場に開催されまして、県内外から800名の参加が予定されております。  次に、31番、四季の里管理運営費でございます。

福島市議会 2019-03-18 平成31年3月18日予算特別委員会経済民生分科会−03月18日-01号

なふうになってしまって、代表的に1カ所程度やるということも考えとしてはあるかとは思うのですけれども、何分あの辺も地形が結構複雑といいますか、ちょっと離れればいい水が出たりということも、実際大笹生の近辺なのですけれども、そういうこともございますので、やはり内定なり、そういった意向が示された後にやることが一番お互いというか、そういうところでは無駄にならないような考えでも実際はあったなということで、同じ区画の中でもどこに井戸

福島市議会 2019-03-15 平成31年3月15日予算特別委員会建設水道分科会-03月15日-01号

これまでの推移についてでございますけれども、配水管布設工事助成制度につきましてはかなり皆さん、井戸、自家水から、あるいは水道の入っていないお客様から自分のお宅まで水道管を引くということで、かなり皆さん利用していただいております。件数につきましては、配水管布設工事助成制度につきましては、平成28年度からいきますと、平成28年度で4件、平成29年度で7件ということで使われております。

福島市議会 2019-03-13 平成31年 3月定例会議−03月13日-06号

このことから、新年度におきましては本市特産の果樹を対象といたしまして、品質と収量の確保を図るため、本市独自の支援策として、かんがい用水が未整備の樹園地において井戸掘削費用の一部を助成し、農業用水の確保対策に努めてまいる予定でございます。 ○議長(半沢正典) 山岸清議員。 ◆32番(山岸清) 樹園地のほうは以前の質問者への答弁でも十分わかるのですが、田んぼなのです。田んぼの水がそもそも足りない。

福島市議会 2019-03-08 平成31年 3月定例会議−03月08日-03号

初めに、担い手の育成と経営安定化対策の新年度の取り組みについてでありますが、近年の集中豪雨や台風の日本への上陸、接近の増加、平均気温の上昇などの気候変動対策として、果樹品質保持、向上を図るため、雨よけハウス等の施設整備や農業用水の確保が難しい樹園地における井戸掘削等の経費の一部を助成する制度を新たに本市独自に設けることとしたものであります。

喜多方市議会 2019-03-08 平成31年第2回定例会(6日目) 本文 開催日:2019年03月08日

この単価につきましては説明資料ということで記載してあるとおりでございますけれども、済みません、詳細につきましてはちょっと抜けていた部分もありますのでご説明申し上げますけれども、この金額で出すと1億1,500万円に単純に掛けますとなるような形になるのですけれども、この部分で土地の一部に土壌汚染の要措置区域があるということで、その部分がまず観測井戸分として100平米、それから、それを検査するために100

福島市議会 2019-03-07 平成31年 3月定例会議−03月07日-02号

なお、同じく気候変動に対する事業といたしましては、農業用水の確保が難しい樹園地における井戸掘削等の経費の一部を助成することとしています。  今後におきましては、制度利用者など農業者からの声を踏まえながら事業を推進し、農業の振興に資する施策の充実を図ってまいります。  

喜多方市議会 2019-03-07 平成31年第2回定例会(5日目) 本文 開催日:2019年03月07日

なお、飲用に供する井戸等の管理については、設置者の責任で行うことが原則でありますが、安全で安心な水の確保は重要であることから、地域の実情やご意見を踏まえて関係部局と連携し、対応可能な方法を検討していく必要があると考えております。  次に、集落ごとにある給水施設はどれくらいあるか、そのうち補助事業を活用した施設は何施設あるかについてでありますが、現在、市が管理している給水施設は9施設であります。

須賀川市議会 2019-01-21 平成31年  1月 建設水道常任委員会-01月21日-01号

本市の全浄水施設の1日当たりの浄水能力、3万7,565m3の約24%に当たる9,180m3を占める浄水場であり、9か所の井戸を水源としております。  近年、井戸水源においてクリプトスポリジウムの指標菌である大腸菌が検出され、水道におけるクリプトスポリジウム対策指針の汚染のおそれの判断レベル3に該当したため、その対策を平成29年度、30年度の2か年の継続事業として実施してまいりました。

会津若松市議会 2018-12-11 平成30年 12月 定例会-12月11日−一般質問−03号

「夏になると毎年のように水不足になっていたが、ことしは大丈夫だった」「今まで水の出が細く、大量に水を使うと井戸に水がたまるまで時間がかかっていたが、水量がふえ、水圧も強くなってよかった」「昔から水のことはそれぞれのうちで対策しなければならず、台風や大雨のときは心配が絶えなかったが、施設が整備され、水道組合で維持管理するようになって安心した」といった話がありました。

喜多方市議会 2018-12-03 平成30年第10回定例会(2日目) 本文 開催日:2018年12月03日

地すべりの恒久対策につきましては、8基の集水井、これは深井戸のことでありますが、これらを整備の予定であり、このうち年内に3基を完成させ、導入を目指しております。  迂回路対策につきましては、市の9月補正予算におきまして、市道赤岩・立岩線で、ガードロープ修繕及びカーブミラー6基の新設と5基の交換の実施が決定いたしたところであります。

福島市議会 2018-09-19 平成30年9月19日決算特別委員会建設水道分科会-09月19日-01号

◎水道総務課長 こちら企業のほうで地下水の井戸を掘るということに関して、県のほうで制限をかけているとか、そういったものはちょっと把握しておらなかったのですが、他都市等では地下水組合に対する制限とかを設けているというのは聞いております。 ◆粟野啓二 委員  これもさっき、多分川又委員の質問にダブるのだけれども、今回のこの決算の中で2,856戸ふえているのだよね、戸数的には。

喜多方市議会 2018-09-13 平成30年第9回定例会(5日目) 本文 開催日:2018年09月13日

旧水道施設や消雪施設の井戸を活用した内容と成果についてお伺いいたします。  イ、日中ダムにおける水量調整についてお伺いいたします。  ダム貯水量において、防災上の水位調整を、長期予報などを参考にした弾力的な運用ができないかお伺いいたします。  (2)猛暑への対応についてお伺いいたします。  災害級の猛暑に対処するためには、子供と高齢者などへの配慮が最優先課題ではないかと思い、取り上げます。  

喜多方市議会 2018-09-12 平成30年第9回定例会(4日目) 本文 開催日:2018年09月12日

次に、災害応急用井戸についてお伺いいたします。  災害が発生すれば、水の確保は大変重要でありますが、本市において飲料水の供給体制は万全な体制だと確信しております。しかし、災害が発生すると、清掃、トイレ、お風呂などに使用される生活用水の不足が懸念されております。地域の衛生状態の悪化を防ぐため、地下水の利用は大変有効と考えております。

いわき市議会 2018-09-10 いわき市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月10日−02号

また、市内には、久之浜町の秋葉神社や岩間町の防潮堤、田人町の井戸沢断層のほか、各地区に設置されている慰霊碑など、震災経験を伝える施設や場所が点在しておりますことから、これら震災遺構等を紹介・案内することにより、ネットワークの拠点的な役割も果たしてまいりたいと考えております。

喜多方市議会 2018-09-06 平成30年第9回定例会(1日目) 本文 開催日:2018年09月06日

また、農業用水を確保するため、市及び県が管理している消雪施設や旧喜多方市水道事業水源井戸の活用を初め、喜多方市緊急渇水対策事業補助金を創設し、揚水ポンプの購入費用を補助するなど、農業者等の負担軽減及び農作物の干ばつ被害の拡大防止に努めたところであります。  

喜多方市議会 2018-08-07 平成30年第8回臨時会(1日目) 本文 開催日:2018年08月07日

市全体でできないということであるならば、せめて集落とか、あるいは地域ごとに、ここに井戸があればこの水系は全部カバーできるというところを地元の人たちはよく知っております。そういうことに対する計画的な補助というものが9月末までにはとても無理でありますから、新たな対策としてそういうものが必要ではないかと考えます。そうしたお考えがあるかどうかをお伺いいたします。  

喜多方市議会 2018-06-11 平成30年第6回定例会(2日目) 本文 開催日:2018年06月11日

◯産業部長(小汲康浩君) 地下水をくみ上げる対策、いわゆる県のほうでやっている深井戸の対策というようなことの言い方をしているようでございますが、井戸を掘るような形で行う工事でございます。現在、もう既に着工はしておりまして、早ければ14日にはポンプを設置して排水ができるだろうということの見通しということで聞いております。