運営者 Bitlet 姉妹サービス
541件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-19 福島市議会 平成30年9月19日決算特別委員会建設水道分科会-09月19日-01号 ◎水道総務課長 こちら企業のほうで地下水の井戸を掘るということに関して、県のほうで制限をかけているとか、そういったものはちょっと把握しておらなかったのですが、他都市等では地下水組合に対する制限とかを設けているというのは聞いております。 ◆粟野啓二 委員  これもさっき、多分川又委員の質問にダブるのだけれども、今回のこの決算の中で2,856戸ふえているのだよね、戸数的には。 もっと読む
2018-09-10 会津若松市議会 平成30年  9月 定例会-09月10日−一般質問−02号 先ほど市長のほうから答弁ありましたとおり、消雪施設につきましては井戸をくんで、県の施設となっております。このことから、井戸のさまざまな再始動における散水口の調整とかその交換、交換しませんと赤水が出たりしますので、その交換等が必要であります。 もっと読む
2018-09-01 矢祭町議会 平成30年  9月 定例会(第5回) それから、9ページの3目の15節工事請負費2,400万円、ユーパル矢祭修繕工事ございますが、これはユーパル矢祭温泉井戸、温泉の湧出量が落ちてきているということによりまして、浚渫、洗浄を行いまして湧出量を確保するために工事を行いたいというものでございます。ここに計上いたしましたのは、その工事費として計上させていただいたところでございます。 1つとんでしまいましたかね。 もっと読む
2018-03-16 会津若松市議会 平成30年  2月 定例会-03月16日−委員長報告・質疑・討論・採決−07号 企業は高い水道に見切りをつけ、井戸、地下水に転換した。水道部はこうした事態を放置し、市民への大きな負担に転嫁した。民間なら経営者全員首である。公務員だから首がつながっているだけだ。何と無能、無策なことか。猛省をすべきだ。  観光施設事業について。戊辰150周年記念事業なら単年度で予算を組めばよいではないか。なぜ今後に続くような予算配分となるのか。 もっと読む
2018-03-07 須賀川市議会 平成30年  3月 建設水道常任委員会-03月07日−01号 ただ、委員おただしのとおり、井戸水につきまして、まだ私たち現地調査したわけでもございませんし、どの程度その井戸からくみ上げられた水が下水のほうに入っているのか、それは本当に、下水には入らず、農繁期ですか、その時期にだけ使われるものなのか、それもちょっと把握しておりませんので一概には言えませんが、水道料金から算定しますと、2件は高くなる、あと五、六件は大体今と同じぐらい、そのほかの方々は安くなるというような もっと読む
2018-02-27 会津若松市議会 平成30年  2月 定例会-02月27日−一般質問−03号 しかしながら、給水装置の設置に当たりましては水道本管までの距離や工事を実施する道路種別による工事費用の増大、井戸がれ等を原因とした緊急的な対応など、さまざまな課題もありますことから、今後は先進事例などの情報収集に努めながら研究をしてまいります。  以上でございます。 ○議長(目黒章三郎) 樋川 誠議員。 もっと読む
2017-09-27 会津若松市議会 平成29年  9月 定例会-09月27日−委員長報告・質疑・討論・採決−06号 1つは、企業向けの水道料金が高いため、企業は井戸を掘り、水道を使わなくなったということだ。普通の会社の取引なら購入量が大きければ安くなるのに、水道は逆に高くなる。それで結局井戸水となったら収入はゼロとなる。まともに会社、企業を経営している人たちの感覚から離れている。このような経営に責任感のない、暮らしに不安のない水道部や公務員だということが明らかではないか。   もっと読む
2017-09-19 本宮市議会 本宮市議会 会議録 平成29年  9月 決算審査特別委員会-09月19日−03号 現在、市では5カ所の取水をしておりますが、3カ所は井戸、2カ所は関下地区の五百川の上関下取水口と、郡山市熱海町石筵川の日影沢取水口で河川より取水しております。日影沢取水口は、安積疏水土地改良区の農業用水路であり、五百川左岸水路と青田原水路を利用して立石山浄水場の西ノ池まで引いております。 もっと読む
2017-09-15 本宮市議会 本宮市議会 会議録 平成29年  9月 決算審査特別委員会-09月15日−02号 ◎産業建設課長(渡辺忠一君) 移転の部分は、市の白沢総合支所周辺環境整備で土地を取得したものでございまして、県道部分の土地については別途県事業で取得をするという中で、井戸等の補償等の取り扱いがございまして、その補償額について今現在、協議というか用地交渉を進めている最中でございます。 ○委員長(根本七太君) 7番、後藤省一委員。 もっと読む
2017-09-13 会津若松市議会 平成29年  9月 定例会-09月13日−一般質問−04号 この事業は、議会が二元代表制の成果だとして目黒議長らが全国に向けて大々的に、自慢げに宣伝しているのだが、1、未整備地区の整備状況を示せ、2、問題点はないのかどうか、3、井戸掘りが目的化して、きれいな水を豊富にという目標を置き去りにされていないのか、4、井戸掘り業者と行政の癒着はないか、5、住民の長期的負担はないか。  企業誘致について。 もっと読む
2017-09-11 会津若松市議会 平成29年  9月 定例会-09月11日−一般質問−02号 給水施設等の整備後に井戸、水源の水質変化などにより濁りが発生している地区については、安全で安心な飲料水を提供する上で早急に対応すべき課題であるとの認識のもと、原因の特定及び状況の改善に向け揚水量の調整等の手法を試みてまいりましたが、水質回復には至っていない現状であります。 もっと読む
2017-06-16 本宮市議会 本宮市議会 会議録 平成29年  6月 定例会(第2回)-06月16日−04号 次に、議案第47号について、執行部から、人事異動に伴う人件費の減額及び上河原地内井戸築造工事の中止に伴い、小山浄水場系水源調査設計業務委託料への予算の組み替えを行うものと説明がありました。   もっと読む
2017-06-09 本宮市議会 本宮市議会 会議録 平成29年  6月 定例会(第2回)-06月09日−03号 また、遊び場内にある手こぎ井戸の水ですが、これは飲料水として使用できるのかどうかもお伺いいたします。 ○議長(渡辺由紀雄君) 保健福祉部長。 もっと読む
2017-06-06 本宮市議会 本宮市議会 会議録 平成29年  6月 定例会(第2回)-06月06日−01号 本議案につきましては、収益的支出において、4月1日付での人事異動に伴う職員給与等の減額補正を行うもので、資本的収支においては、岩根字上河原地内の井戸築造工事で計画する取水量の確保が困難になったことから、新たな水源調査設計業務委託へ予算の組み替えを行い、これらに伴う企業債の減額と、上河原取水場拡張事業継続費の廃止を行うものでございます。 もっと読む
2017-05-19 川内村議会 平成29年 5月 臨時会(第3回)-05月19日−01号 この工事は、田ノ入工業団地への給水を目的として、昨年井戸を掘削した田ノ入地内の標準電波時計塔付近から県道小野・富岡線に沿って水道管352メートルの埋設工事及び受水槽や機械設備などの給水施設を整備する工事でございます。  工事の詳細につきましては、先ほどの全員協議会におきましてご説明申し上げましたので、割愛させていただきたいと思います。  それでは、議案書をご覧いただきたいと思います。 もっと読む
2017-03-14 塙町議会 平成29年  3月 予算決算常任委員会-03月14日−01号 井戸掘り始まったら水が出るまで掘るという言葉もありますが、別な意味でいえば諦めが肝心ということわざもあります。  これはどこまで、交付金でくるからいいんだというわけではなく、やっぱり目的を絞ってやっていかなければ、なかなか効果が上がってこないんだろうと、そういう意味では今度の新規のホンシメジ、キクラゲ、ヒラタケ。 もっと読む
2017-03-13 本宮市議会 本宮市議会 会議録 平成29年  3月 予算審査特別委員会-03月13日−02号 ◎建設課長(渡辺兼野君) こちらの花山公園の遊具の撤去と井戸上公園の遊具の撤去でございますが、こちらの2カ所につきましては、遊具の点検において、今現在井戸上のほうについては、ブランコの部分が壊れて支柱のみが残っているような状況で、地区のほうからも危ないということで今回撤去して対応して、今後の遊具、公園の長寿命化計画の中で修繕を進めていくと、新しいものと取りかえていくと。 もっと読む
2017-03-08 いわき市議会 いわき市議会 会議録 平成29年  3月 市民生活常任委員会-03月08日−01号 場内とか場外に例えば井戸を掘りまして、さまざまなモニタリング物質がどのような状況になっているのか確認している。そのモニタリング以外の部分につきましては、経営者に対して求めるということですので、2,100万円について求償するということでございます。   もっと読む
2017-03-07 川内村議会 平成29年 3月 定例会(第1回)-03月07日−01号 補助金の他町村との整合性につきましては、飲料水用の井戸掘削事業は東京電力の賠償によるものや福島再生加速化交付金により実施した町村等、それぞれの条件が違うので、一律に比較することは難しいと思われます。  交付再開につきましては、これまで放射性物質に対する飲料水への不安を取り除くことを要望して財源を確保し、事業を実施してまいりましたが、村単独事業での再開は難しいと考えております。   もっと読む
2017-03-07 川内村議会 平成29年 3月 定例会(第1回)-03月07日−01号 補助金の他町村との整合性につきましては、飲料水用の井戸掘削事業は東京電力の賠償によるものや福島再生加速化交付金により実施した町村等、それぞれの条件が違うので、一律に比較することは難しいと思われます。  交付再開につきましては、これまで放射性物質に対する飲料水への不安を取り除くことを要望して財源を確保し、事業を実施してまいりましたが、村単独事業での再開は難しいと考えております。   もっと読む