1149件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

福島市議会 2020-03-11 令和 2年 3月定例会議-03月11日-05号

本市は昨年中核となり、元号平成から令和へと替わり、新しい時代のスタートをいたしました。そして、2020年は元気あふれる福島市の新ステージの下、連続テレビ小説エール放映と東京オリンピック・パラリンピックの開催という好機を迎えました。  福島市の古関裕而通りはハナモモの木に囲まれ、オリンピックの街灯フラッグが揺れる中、古関メロディーが流れ、多くの観光客の方々が訪れるまちとなります。

郡山市議会 2020-03-11 03月11日-08号

中核の中で家庭系ごみの有料化をしている都市郡山市の調査によれば、可燃ごみでも3割程度の少数派であります。我が市を含めその多くは無料で処理を行い、その中で我が市のごみ排出量は突出して多い事実は有料化以外の取組でごみ減量化が可能であることを示しています。 

郡山市議会 2020-03-10 03月10日-07号

今から1年4か月前になりますが、私は療育・特別支援教育の改善のため、全国の54中核に対し、議会事務局の助けを借りながら議員調査を実施をし、その当時の54中核全市から回答をいただきました。その調査結果を基に質問します。 どうぞ資料をご覧になってみてください。 医療機関発達障がいの有無等について診断を受ける際、予約から受診までに要する期間について調べました。

福島市議会 2020-03-09 令和 2年 3月定例会議-03月09日-03号

福島市中核になって、保健所もその守備分野に入っておりますので、今回迅速に対策会議などを立ち上げ、また市職員の皆様の時差出勤などを取られ、様々な対応策が取られました。なお、新年度においても必要と思われますが、新年度における感染症対策予算措置の状況と現時点で想定している主な対策としてどのようなものを検討しているのかを伺います。  

福島市議会 2020-03-06 令和 2年 3月定例会議-03月06日-02号

次に、中核に移行してからの取組についてを伺います。  本市は、平成30年4月に中核に移行しました。本市が目指す3つの姿、すなわち1つ目がいのちと健康を守る拠点の形成と取り組みの推進、2つ目が市民サービスの向上、3つ目が風格ある県都として都市機能の強化と広域連携の推進であります。  そこで、中核に移行後2年となりますが、移行後の成果についてお伺いをいたします。  

郡山市議会 2020-03-06 03月06日-05号

通知の中には、しっかりと、中核を含む、そこにきちんと周知していただきたいということが述べられているではないですか。通知して、もらいっ放しだったということですか。しっかりと検討されたのですか。母子生活支援施設の活用促進にきっちり入っているのですよ。そこの点、どういうふうに検討されたのか、検討しなかったのか伺います。 ○七海喜久雄議長 国分こども部長

白河市議会 2020-03-06 03月06日-04号

ずっとこれまで言ったことの繰り返しになりますけれども、今、少子化をはじめ様々な諸課題があって、それを単独の市町村で、政令市とか中核はともかく、それ以外の市で単独で解決するというのは非常に難しいことであります。 したがって今、国の地方制度調査会という会があって、そこでこれからの地方の在り方をどうするかという議論をしております。以前平成合併ということを進めてまいりました。

郡山市議会 2020-03-05 03月05日-04号

これに関し、委員より、市議会議員等の期末手当についても、郡山市議員報酬及び市長等給料審議会条例に審議事項として規定すべきではないかとただしたのに対し、当局から、県内他市、全国中核等を確認したところ、ほとんどの市が議員報酬及び市長等の給料のみを対象としていること、また地方公務員法で規定する均衡の原則、情勢適応の原則なども踏まえ、総合的に判断し、条例への規定は考えていないとの答弁がありました。 

二本松市議会 2020-03-03 03月03日-04号

二本松には、中核でもありませんから、保健所は当然ございません。県北の福島の方の保健所に行くような形になるかと思いますけれども。保健所を経由しない検査体制を整備していくというふうな発表がなされて、そうしますと、本市におけるPCR検査、あるいはこの治療体制というのは、安全なのか、お伺いをいたします。 

郡山市議会 2020-03-02 03月02日-03号

環境省が全国58の中核を対象に行った調査で、ごみの排出量がワースト1位だったのが福島市、次いでワースト2位が本市郡山市であったことが書かれてありました。郡山市民が1日1人当たりに出すごみの排出量は1,205グラムで、全国平均よりも252グラム多いと書いてありました。ちなみに250グラムは小玉リンゴ1個分の重さに相当するそうです。全市民が毎日リンゴ1個分を多く出している計算になります。

二本松市議会 2020-03-02 03月02日-03号

今回の中国湖北省武漢市を発生源とする新型コロナウイルス感染症発生時の医療体制につきましては、大きく注目されておりますが、新型感染症等の対応については、海外発生期から県内未発生期、また県内における発生早期におきましても、基本的には県及び中核等が設置する保健所が中心的な役割を担うことになっております。

郡山市議会 2020-02-28 02月28日-02号

ですから、全体の病気に対する認識ということも述べてはいただいたのですけれども、前提としてどうなのですかね、郡山市人口規模も中核でありますし、検査体制としてもなかなか、今の検査体制では市民の方に行き渡るという状況でもないですし、認識としては検査で実態化はしていないけれども、ある程度の感染者はいらっしゃるのではないかという認識の下、今の様々な対応をされているのか。

福島市議会 2019-12-12 令和元年12月12日文教福祉常任委員会−12月12日-01号

まず、母子父子寡婦福祉資金貸付金譲渡債権償還金(福島県)につきましては、中核移行により事務移譲された母子父子寡婦福祉資金貸付事業に関し、福島県から譲渡を受けた債権を県へ支払うため債務負担行為を行うものです。期間は令和元年度から令和6年度までで、限度額は2,033万9,000円となります。  その下に記載の児童公園管理運営費につきましては、先ほど指定管理者の指定の件で説明したものになります。  

福島市議会 2019-12-12 令和元年12月12日総務常任委員会-12月12日-01号

一方、こちらの政策調整課にあります広域連携推進係は、その前の名前が地域創生係となっていますように、中核に移行したときに、福島圏域を中心として、将来的には連携中枢都市圏構想も視野に入れながら、福島圏域の11イレブンがこの地域全体として地力をつけていきましょうよというふうな目的地域創生係がありまして、それが今回広域連携推進係となったということですので、対象目的はそれぞれちょっと違うということを申し上